theatre PETITHandyPhone >C309H Report No.4

▼C309H Report - No.4 C309Hレポートその2

 

コードで作曲できる。素人でもそれなりのメロディが作れる。

  C309Hを持ち始めたから3ヶ月がたとうとしていた。今ではなくてはならないものになってしまって、なくては困るってかんじ。

インターネットメールを転送しているし、リモートでも読んでいるし、さらにおもしろいEZページをいろいろ見つけたので、それも読んでいるし…。
暇つぶしにも結構いいアイテムなのである。

●自作メロディはコードで。

 なかなか試せないのが自作メロディの機能。
メール入力でも遅いがやっと慣れたというのに、
あんな小さいキーで曲を作ったりするのはつらいものがある。
3・4和音の携帯では、それぞれに五線譜があり、それを並べる。…めんどくさそう。
着信メロディを作って配布している人がすごくかんじる。

で、C309Hの場合は五線譜は1つしかない。
ただしコード入力が可能だ。コードというのはギターやピアノでおなじみのCとかAm、E7sus4とか書いているものです。
これが結構楽で、作曲なんかも気軽に楽しめたりします。
知識がなくても主旋律とコードさえあえば結構感じのいい曲が作れたり。
曲調やテンポも変えられます。

ただ、残念なのはメロディの配布方法がないこと。
C309H同士ならCメールでメロディメールを送ることができますが、インターネットメールでは送信できないので、ファイルを配布することはできない。
(機種や音源チップごとにファイルが微妙に違ってくるのであたりまえかもしれませんが)

あと、音は16和音ではならないこと。
どうせ専用になるのだったら複数の旋律も実現できたのではないのだろうか。
あとドラム譜とかもほしいなあ。

●自作壁紙を楽しむ

 デフォルトの壁紙はカラーに慣れてくるとあまり味気がないのであらたな壁紙を貼りたくなった。
しかしいろいろなサービス・ページはキャラクタものやらアイドルものばかり。
お金払ってまでこの類の壁紙はいらないので自分色の壁紙を作ることに。

なお、C309Hの壁紙の仕様は、サイズ120*96(それ以下でも一応可)
ファイル形式はBMP、PNG。PNGは256色インデックスカラー、もしくはグレースケール。

ちなみにPNGとは、最近GIFのかわりに使い始められた画像ファイル形式のこと。
米UNISYS社がインターネットが普及してから急に態度が変わり、
アマチュアのフリーソフトウェア作家にまでGIFのライセンスを請求するようになってから
GIFフォーマット(というかUNISYS)を批判するひとが増え、このPNGが使われ始めている。
仕様はGIFとほぼ同じだ。(透過・アニメーションもできるらしい)

話がそれたが、EZwebでカラー表示させるにはこのPNGが基本。
早速規格にあわせて作ってみた。あ、サイズは必ず7KB以下にすること。これ重要です。

 次にどうやって端末に送り込むかなのだが、単純に自分のHPスペースに
適当にPNGファイルを放り込み、URL指定で落とそうとした。
…しかしうまくいかない。エラーが返ってくる。

そこで簡単なHDMLタグを組んでPNGを表示させてみた。(下枠)

<hdml version="3.0" public="true" ttl="0">
<display name="001">
<img src="img001.png" alt="wall001">
</display>
</hdml>

表示ができたらブラウザメニューで「添付データの保存」をする。
するとデータフォルダにダウンロードした壁紙(拡張子はpngをおとしてもbmpになっている)が入っているので、設定をする。すると表示できた。なんだかうれしい。一気に愛着が増した。

すこし液晶のせいか、パソコンでみたときと違って色が薄めだが
そこのところは微調整・確認繰り返す。見栄えの確認作業なので
UP.simulator(後日解説)は使わない。

そして壁紙は完成。何枚も作ったので壁紙サイトを作ろうかと計画した。
トップページでもご存知のとおり公開中なのですが
次回はその制作秘話などを公開しようかと…。

<<Prev. || Top Page || Next>>


(C)2001 Uzla / Uzla.net All Rights Reserved.

当ページのバナーです。