« 札幌・登別に行ってきました。 | メイン | SSDにしました。 »

2010/6/26

F-06B買いました

docomo PRIME F-06B1年半前からauのW64SHを使っていましたが、docomoにMNPして、F-06Bにしました。

携帯は10年ぐらいずっとauでしたが、過去のような勢いが無くなり、スマートフォンの分野では後手後手。ただau独自のサービス展開やFeliCaに対応すると言って期待して待ちましたが、ものの見事に裏切られスマートフォンではない普通の携帯電話のラインナップもデザイン・機能共に魅力に薄く(全機種防水を最大に売りにするってのも…)、さらに最近のTVCMの質も悪いため、わたしの中のau株はストップ安です。ついでに土屋アンナも。

勢いのあった昔を知っているだけにかなり残念だと思いました。長期契約者への配慮もありませんし、以前壁紙サイトを運営して人も多く雑誌にも掲載された「工房Asteria」も既に閉鎖していますし。

…ということに加えて、docomoのF-06Bという端末にも興味が出たので、今回踏ん切りがつきました。発売日に受け取れるように予約はしたものの「売り切れて入荷待ちです」といわれて1週間後に受け取りとなりました。

受け取りと契約に店に行ったとき、「黒は200台入荷しました」と言われました。それほど売れるのだろうなと。ちなみに黒は人気薄で、白とシアン(鮮やかな青)はさらに人気があるそうです。当初シアンにしようかとも迷いましたし…。

MNP自体はauから取得した番号さえあれば、端末も特に提示する必要もなくすぐに完了しました。アドレス帳の移し替えは店頭にあるDOCOPYは使わずに、赤外線で問題なく移せました。

大きさはW64SHと比べて同じ大きさですがやや厚めです。最近のスライドは薄いのも多くなりましたが、F-06Bはかなり高機能なので仕方ないかなと思います。

その高機能なF-06Bのウリを簡単に並べると、タッチパネル、1320万画素カメラ、フルHDでの録画、カメラでの顔認識、Wi-Fiアクセスポイント機能、ヨコモーション(F携帯の名物で、画面を横にできる)、1.5mの水深に耐えられる防水機能、指紋認証、名刺リーダー、いろいろな種類の電子辞典(添付のDVDから2GB以上のmicroSDに記録すると28種類フル機能で使える)などいろいろ詰め込まれています。詳細は製品サイトにて。

加えて「iコンシェル」等のドコモのサービスもほぼフルで使えるため、初めてのドコモにとってはまともに使うまで結構苦労しました…。auよりサービスがかなり多いなあと。


F-06Bの防水機能
この程度の水は余裕。


タッチパネルの入力やカメラ機能などもかなり感動しましたし、個人的には指紋認証がかなり嬉しかったりしますが、今回は「Wi-Fiアクセスポイント」について取り上げたいとおもいます。

IMG_1482.jpgアクセスポイント機能は、F-06Bを無線LANアクセスポイントとして使う機能で、回線はFOMA網経由でプロバイダに接続となります。なのでどこでも無線LANが使えるようになります。無線LANの環境がない屋外や出先でも無線LANでパソコンやゲーム機が使えます。

欠点はFOMA網を使うのでお金がかかること(パケ・ホーダイでi-mode利用分含めて最大10,395円)と別でプロバイダが必要(無い場合mopera経由で接続)なのと、使用中はメールなどのパケット通信が使用できなくなります。もちろん電池も食います。

ただ、別途データ向けの新規契約をするよりかは手間もかからず2年縛りなど意識する必要もないですし、プロバイダさえ用意できれば料金もあまり変わらないと思うので、敷居は低いかもしれません。スピードも最大で下り7.2Mbps(FOMAハイスピード対応)なので一般的な用途の場合では不足はありません。


IMG_1485.jpg
NintendoDSでのWi-Fi通信。


プロバイダと無線LANの設定(デフォルトは暗号なしで自由に繋がるので注意)を行ってAPモードをオンにしたらあっさりとアクセスポイントができました。パソコンができる方なら説明書も見ずに設定ができると思います。クライアントは最大4台接続でき、接続台数は電話の画面に表示されます。

このように、いろいろな機能があるF-06Bですがまだ使いこなせていないので、また気が向いたらレポートしたいと思います。

Category:携帯電話 | PM 08:48

トラックバック

コメント

投稿欄




保存しますか?




※ボタン押下後、画面更新に時間が掛かります。
投稿は受付けていますので多重クリックはご遠慮ください。