「JOYSOUND MAX GO」登場レポ。

月末なので今月のヒトカラのまとめを書こうと思いましたが、予定を変更して…。

今月から導入がアナウンスされていたJOYSOUNDの最新機種「JOYSOUND MAX GO」(以下MAXGO)を早速試すことが出来ましたのでそのファーストインプレを書こうと思います。

実はヒトカラデビュー当時・2017年に「JOYSOUND MAX2」と「LIVE DAM STADIUM STAGE」を導入されて間もなく歌いに行きました(当時はTwitterでレポート)。
ただ、これらはいずれも前機種(MAXSTADIUM)のマイナーチェンジだったので、あまり目新しい機能も無く肩透かしでした。
MAX2はハイレゾ対応といっても違いがあまり分かりませんでしたし、そもそも旧機種のアンプとスピーカーをそのまま使っているカラオケ屋が多いです。STAGEは実質、筐体が変わっただけですし。

今回のMAXGOも見た目はMAXとMAX2を足して2で割ったような筐体ですが、個人的に一番嬉しかったのは前面にマイク端子が追加されたことです。機器サイトのカタログPDFを見てみると、右下の穴はマイク端子かな?と仕様見たらマイクの端子がMAX2より1端子増えていたので「これは使える」と確信していました。

…ということで、マイマイクを接続。普通に使えました。端子は一般的な6.3mmです。

これでJOYSOUNDでも普通にマイマイクが使えると満足です。ゲインの調整はどうするのだろうと思いましたが多分一般では触れないところかなと。たまに採点のバーが途切れたり等で弱い場合があるので調整したい時もありますがDAM同様に気にしないことに。

これだけでも個人的に満足なのですが、画面も変わりました。特に「分析採点マスター」が大きく変わっています。

フォントがゴシック(UDフォント)になっていますし、下に歌詞とバーがつきました。

続きを読む

余ったSATA M.2 SSDで高速USBメモリ化。

先日、SSDが壊れたドスパラタブレットを修復したレポートを公開しましたが、結局リカバリメディアが手に入らず、Windowsの代わりにFedora(Linuxディストリビューションのひとつ)を入れてもうまく動かなかったので、結局処分することにしました。

画面の縦横が逆で認識されています…。タッチもキーボードもうまく認識していませんし、これもまた使い物にならず引退を余儀なくされました。残念だなあ…と。

稼働率が低かったにもかかわらず2年足らずで壊れたので短命だったなあと。SSDはHDDより駆動する部分が無い分、故障しづらいと思われがちですが、突然死のリスクがあります。

…ということで、調達して差し替えた120GBのSATAのM.2 SSDが早くも役目が無くなってしまったので、USB接続に変換するケースを購入してUSBメモリにしようと思いました。

SATA M.2 SSDをUSBメモリ化するケース。Amazonで1730円でした。
ネジ止め式ですが、ドライバーも付属しており親切です。
ちなみにこのケースはSATA専用で、NVMeには未対応です。
2230・2242・2260・2280の4つのサイズに対応しています。
このSSDは2280サイズなのでぴったり収まる感じです。
比較として一般的なUSBメモリと。
約2倍以上長いですが、仕方ないです。

…と、こんな感じで、ネジを開いてSSDを差し込んでネジを締めるだけというお手軽なケースです。
ベースのM.2SSD 120GBが2980円、このケースが1730円なので計4710円です。

なお、上の写真にある東芝の32GBUSBメモリは3年前に860円で買ったので、同じお金で5本買えてしまいます。
(余談ですが2019年でも同じぐらいの価格で、意外に安くならないんだなあと)

USBメモリを作るためにM.2SSDを買ったわけではないものの「コスパ悪いなあ…」と思いましたが、それは早合点で性能が段違いでした。

東芝のUSBメモリは普段PS4のスクリーンショットをPCにコピーするために使っているのですが、PS4での書き込みがかなり遅く不満でした。
何でこんなに書き込みが遅いんだろうと、試しにベンチマーク(CrystalDiskMark)を取ってみましたが、こんな有様でした…。

シーケンシャル書き込みでも7.6MB/sで、ランダム書き込みに至っては0.011MB/s以下と閉口してしまいました…。テスト終わるのも時間掛かります。

続きを読む

ソニーブラビアX8500FにBluetoothスピーカー接続。

前のレポから少し日が経ちましたが、その続きです。

このX8500FはBluetoothで音声出力が出来る機能が含まれているので、下位のX7500Fより便利かなと思って選びました。倍速駆動とかそっちのけで。

ソニーの推奨の使い方としてはBluetoothヘッドフォンで接続ですが、わたしは手元スピーカーの代わりにBluetoothスピーカーを接続してみました。

「手元スピーカー」ってなんか年寄り臭い…と思われそうですが、ウチは基本的にリビングに置いたテレビを3~4メートルぐらい先のダイニングテーブルから見ることが多く、音が届きづらかったりします。
音量を上げるにしても壁の薄いマンションなので近所迷惑にならないようにダイニングテーブルに手元スピーカーがあればなあ…と思っていましたので丁度良いタイミングです。

一般的な手元スピーカーはコードで接続ですが、Bluetoothなので無線ですし、大抵のBluetoothスピーカーはバッテリー内蔵ですので気軽に使えそうです。

…ということで、まずはBluetoothスピーカーを調達です。なるべく安く上げたいのでブランドは問わず、携帯ラジオみたいなキンキンした音は避けたいと、しっかり低音が出そうなモノをチョイスしました。

Amazonで重低音をウリにしている謎のメーカーのBluetoothスピーカーを購入。

続きを読む

ヒトカラデビューしました。……2年前に。

…ということで、2年寝かせてブログ初公開です。

説明するまでも無いと思いますが、ヒトカラとは一人でカラオケをする事で、2年前から週1回ぐらいの頻度で通っています。

ヒトカラ歴も長いのでマイマイクも持っています。マイクについては追々書こうかなあと。

ちなみにカラオケは大嫌いでした。

学生の時にカラオケに行ってた時も元々歌声に自信が無く、声域が狭すぎて何より音程が不安定で……と一言で書くと「音痴」ということで、それを揶揄されてからというもの、自信無くして15年以上カラオケから距離を置いていました。もちろん会社のカラオケの席でも聞くだけの人です。

そしてターニングポイントになった2年前ですが、連れの者と長野に旅行したときに宿で「暇だな」と思って館内をうろついていたらカラオケボックスがあるということで久々に歌うことにしました。
まあ、連れの者だけなら音痴でもいいかな…と。連れの者に出会ってから当然カラオケに行ったこともなかったので歌声にも興味ありましたし。

15年振りの通信カラオケなのでリモコンがタッチパネルになってるとか(15年以上前は「歌本」で曲を探して、書かれている番号を赤外線リモコンで選曲していた)、歌手本人が映像で出てるとか、採点もすごい細かく分析されるとか新鮮なことばかりでした。カラオケって楽しいなあと。

続きを読む

玄米をコイン精米器で精米しました。2019年版

6年前の2013年に書いたコイン精米機の使い方のレポートが今でもアクセス数トップで、道の傍らで佇んでいるコイン精米機も意外に関心が高いのだなと思います。

わたし自身、精米したての米の味が好きになってしまって、ふるさと納税で玄米を返礼品として貰い定期的にコイン精米機に通っています。ふるさと納税で玄米扱っているところは少ないのですが色んな所の米の味が楽しめて面白いです。
同じ方が多いのか、コイン精米機に行ったら使っている方が居て、しばらく時間を潰して戻ったつもりでも別の方が使っていたりとか、稼働率が高いなと感心しました。

毎回玄米30キロを精米。精米後は1割減の約27キロになりますが重労働です…。

で、先日も同じように普段よく利用しているコイン精米機に足を運んだのですが、別メーカーのコイン精米機にに変わっていました。前のコイン精米機は以前のレポにも書いたタイワ精機の「米ぼうや君」、そして入れ替わり後のメーカーはクボタの「クリーン精米屋」です。

「クボタ クリーン精米屋」。おそらく全国どこに行っても緑の看板で一番ポピュラーなコイン精米機だと思います。

しかし「米ぼうや君」は無洗米をウリにしていましたが、この「クリーン精米屋」はそれがありません。

無洗米が作れないのは困るので別のコイン精米機に移動しようと思っていましたが、中のボタンに気になる表記が。

続きを読む