FOSTEXのボリュームコントローラを分解。

ちょうど3年前に購入したFOSTEXのUSBオーディオ兼ボリュームコントローラPC100USB-HRの調子が悪くなりました。

FOSTEX PC100USB-HR。24bit/96kHzのいわゆるハイレゾ対応です。結局3年経って聞き比べても分かりませんが(汗)ちなみにスピーカーもFOSTEXです。

スピーカーのL側が出力されない症状で、ヘッドフォン出力は問題無いですし、スピーカー側を別のオーディオソースに差しても問題無く鳴るので、ボリューム側の端子の接触が悪くなったんだろうなと。

そもそもヘッドフォン出力も当初からガリが多く、「接点復活剤」を掛けてだましだまし使っていました。

接点復活剤というのは、潤滑油と炭素の粉末が入ったスプレーです。音響用は結構高いです…。

ヘッドフォンは抜き差ししているので仕方ないかなと思いますが、スピーカーの端子は差し替える事も無くそのままの状態です。
こういう症状は端子の基板側のハンダクラックとかかなと思って分解して基板を見てみることに。
分解は当然自己責任です…というかもう3年経っていますし壊れても仕方ないかなと。

…ということでさくっと分解です。ネジとナットを外すだけですが、金属ケースがキツキツで開けにくかったです。
部品実装面はかなりの集積度です。

部品を調べてみると、誇らしげでいかにも音が良さそうな金色のコンデンサはニチコン製の「FineGold」、一番大きなチップの「SA9032A」ってのが24bit/96kHz対応のUSBデコーダー、コンデンサの影に隠れてる「OP1652」はオペアンプです。
オーディオに拘る人はコンデンサはもちろんオペアンプも載せ替えたりすることも多いですが、わたしはそこまで詳しくないので…。ただ、値段相応の作りはしているなと分解して初めて思いました。

肝心の端子ですが、特にクラックは見当たりませんでした。ただ、接点復活剤の使いすぎで潤滑油が付着していました。基板に飛沫が付着していたぐらいだったので、復活剤の厚塗りのせいかなと思いました。

とりあえず、基板側のハンダ面に接点復活剤をごく少量付着させて、ケースに戻した後、端子をアルコールで脱脂した後に”少々”接点復活剤を付けました。

綿棒とアルコールを使って中をグリグリと脱脂。その後、接点復活剤は直接吹きかけずに、綿棒に付けてから同じように馴染ませるようにグリグリと。

L側はもちろん、R側も同じようにしてからスピーカーを再接続すると、元の状態に復活しました。念入りにしたのですぐ劣化しないとは思いますが、今後は分解せずともこの方法でリカバリできそうです。

コンパクトかつ手元でボリュームをコントロールできるのはコレしかないので助かったものの、
もし復活しなかったら新モデル(PC100USB-HR2)かなあと思いましたが、ボディカラーが変わっただけで基本機能は変わらないって公式が言ってるからなあ…。さりげなく定価が上がっていますし。長く使えたら良いなあ…と。



fitbitで、ゆる活ダイエット計画。

今年の健康診断の結果がイマイチで、はじめて大腸内視鏡検査を受けたぐらいでしたが、それ以外でも要注意な項目が増えてたり、そもそも検査などせずとも体重は増えていく一方でしたので、数年ぶりにジム通いしようかなと考えました。

ジム通ってたときは筋トレやらクロストレーナーやらをほぼ毎日のようにやってたこともあって検診も体重も体もキープできていましたし、肩こりもストレスも減って良いことづくめでした。
辞めた理由が、家の引っ越しでジムが遠くなって頻繁に通えないだろうと思ったのですが、最近は利用頻度によってコースが選べたり完全時間制だったり、利用料金自体も低価格化しているので、「少々遠くてもいいかなあ」と思いました。(会社の近くはあるのですが、家から遠いので帰りがダレるのと休日使いづらい)

ジムに通う前に、心拍計が欲しいなと思って「fitbit」を買いました。ジムのマシンで減量するには心拍数を見ることが重要なのですが、トレッドミルとかだと走ったまま心拍計用のバーを両手で握るのが煩わしかったり、機械の調子が悪くてうまく計れなかったり、たまに静電気がバチッと来たりで自分用の心拍計が欲しいなあと前々から思っていました。

「fitbit altaHR」を買いました。ディスプレイ付きで心拍数が計れる中位モデルです。コレより下位だと心拍数が計れなかったりディスプレイ自体が無かったりします。上位モデルはディスプレイ部がカラーで大きかったり音楽プレイヤー機能もあります。
fitbit altaHR」を買いました。ディスプレイ付きで心拍数が計れるモデルです。コレより下位モデルだと心拍数が計れなかったりディスプレイ自体が無かったりします。上位モデルはディスプレイ部分が大きかったり音楽プレイヤー機能もあります。

心拍数の他に、歩数計、睡眠の質、代謝(消費カロリー)も計れます。記録はスマートフォン(iOS/Android両対応)のfitbitアプリにてデータを同期して確認することが可能です。フィットネス用途だけでなく常にモニタしたいなと思っていましたし。

この「fitbit altaHR」ですが、バンドの色やサイズが選べます。色は無難なブラックを選びましたが、悩んだのがサイズで、SとLの2種類があるのですが、Lを買ったところ、バンドの穴は起点から3つ目でかなり余裕があります。わたしの腕周り約18cmでその結果なので、それより細い方はSが良いと思います。アメリカンサイズだなあと。

あと気になっていたのが、「fitbitとファーウェイ製のスマートフォンは相性が悪く同期してくれない場合がある」という情報です。
わたしは「P20」を使っていますが、正常に同期して使えました。
ただ、初期セットアップが長かったですし、同期もやや遅かったりしますが、これが問題の事を指しているのか、他のスマホでも起こる現象なのかは不明です。

Android版fitbitアプリのダッシュボード。「HUAWEI P20」でも動作・同期可能でした。
Android版fitbitアプリのダッシュボード。「HUAWEI P20」でも動作・同期可能でした。

続きを読む

ドラゴンクエスト11を今さらプレイ。

先日「ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)2」が予約開始されたので早速予約しました。

前作のDQB1は発売日に買って作り込んだり、すぐにプラチナトロフィーを取ったりしましたが、パーツが少なかったり、機能が薄かったり、フリービルドだとNPCの絡みが少ない等と少々物足りないなと思っていたので、続編はずっと待ち望んでいました。

今回はこのブログの中でメイキングとかを公開していこうかなと思います。あと出来たら作品をゲーム内のオンライン上で公開できたらいいなあと。

新しい建物の構想は頭の中にあるのでこの世界(DQB1)に手を加えたいと思いつつも、我慢して2を待ってます…。
新しい建物の構想は頭の中にあるのでこの世界(DQB1)に手を加えたいと思いつつも、我慢して2を待ってます…。

…で、予約したのが1ヶ月以上前で、発売日の12月20日まで遙か彼方のように感じました。それまで待ちくたびれそうですが今さらDQB1をするのもなあ…と。

とりあえず先行してドラクエの世界に浸りたいと思ったので、まだプレイしていない「ドラゴンクエストXI(11)」を中継ぎとして購入しました。それが今回の本題です。発売されて1年以上経っているので「何を今さら…」と思っている人が多いと思いますが、久々のドラクエを堪能したということを書きたかったのでお許し下さい…(汗)

「ドラゴンクエストXI」サブタイトルが「過ぎ去りし時を求めて」です。PS4版と3DS版の2タイプがありますが、PS4版です。NintendoSwitch版も出るのだとか。
「ドラゴンクエストXI」サブタイトルが「過ぎ去りし時を求めて」です。PS4版と3DS版の2タイプがありますが、PS4版です。NintendoSwitch版も出るのだとか。

ちなみにナンバリングはDQ5以来のプレイなのでかなり間が飛んで11です。PSでドラクエ本編をプレイするのも初めて。
DQ1~5はオリジナルのファミコンやリメイクでもスーパーファミコンでプレイしましたし、一応DQ5はリメイクのNintendoDSもプレイしたのですが、どっちにしてもわたしのドラクエは2Dの世界で留まっていただけに、キャラクタもモンスターも風景もびっくりするぐらいです。もちろん3Dゲームは色んなモノをプレイしていますし、そもそもDQB1はPS4ですが、それと比較してもかなり画質がいいなあ…と。4Kモニタを使っていますがPS4Proではないものの、十分すぎるほどです。

風景はもちろん、人物やモンスターの肌やウロコ、服の布地や剣や鎧のメタリック感がものすごいリアルです。

フィールドやダンジョンは3Dで動き回る分単純な作りですが、宝箱やらキラキラ(調べると鍛冶に使う素材などが拾える)が隠れているところ隅々まで見回るタイプなので本当に冒険している感じがして結構疲れます…。

※以降、ネタバレは抑えるつもりですが、ストーリーの感想にも踏み込みますので未プレイの方は注意して下さい。

続きを読む

珪藻土バスマットを買う。

洗面所の風呂場のマットがへたってきたので買い換えようと思ったので、ずっと気になってた珪藻土マットに変えてみました。

モノはニトリの珪藻土マットで、サイズは40×55cmのものです。
当時「敬老の日セール」ということで、半額の1473円で買ってお買い得だなと思いましたが、ニトリのオンラインストアでも常に同じ値段で売ってるみたいでした…。
あまりお行儀の宜しくない売り方だなあ…と。まあ安いから良いのですが。

ニトリの珪藻土マット。40×55cmのサイズを買いました。3サイズある内の真ん中のサイズ。
ニトリの珪藻土マット。40×55cmのサイズを買いました。3サイズある内の真ん中のサイズ。

ニトリでは29×39cm、40×55cm、50×70cmの3サイズありますが、真ん中の40×55cmのを買いました。バスマットなので大きい方が良いのですが、大きいのは持ち帰りづらいのと、そもそも洗面所には大きすぎるかなと思って真ん中の40×55cmにしました。

それでも大きく感じて持ち帰りのときの存在感…。しかも割れやすいので慎重にする必要があります。
車で持ち帰るときも色んなものの下敷きにするのはやめた方が良いかもしれませんし、通販だと雑に扱われたら簡単に割れそうなのですがどうなのでしょう。

持ち帰って早速置いてみましたが、実際に置いてみると持ち帰るときは大きく感じたものも意外に小さく感じます。もう少し大きいのにしたら良かったかなあ…と。

実際に置いてみたところ。一枚板なので柄物のバスマットよりも寂しく見えます。あと思ったより小さく感じます。
実際に置いてみたところ。一枚板なので柄物のバスマットよりも寂しく見えます。あと思ったより小さく感じます。

続きを読む

熱暴走ノートPCのリペア。

2年ぐらい前の話ですが、連れの者用にショップブランドのノートPCを買いました。
当時、昔プレイしていたオンラインゲーム「マビノギ」を再開したので、満足にプレイ出来るようにとそれなりにスペックの良いタイプにしました。

2年前購入したノートPC。PCショップの「パソコン工房」で型番は「STL-15FH058-i7-LFS」。Corei7にGeForceMX950・SSD搭載となかなかのスペック。当時10万円しました。

10年以上前に流行った「マビノギ」をプレイするにはオーバースペックですが、余裕のあるスペックにしたら長く使えますし、他のオンラインゲームに浮気しても満足にプレイ出来るものをということで。

ただ、保証期間を過ぎた1年過ぎ当たりから動きが怪しくなり、使用している最中に甲高いビープ音が鳴り続ける状態でした。
最初、何が原因かよく分からなかったのですがビープ音が鳴ってもOSは動き続けてしばらくすると収まるので、発熱が原因じゃないかなと思いました。メモリエラーとかでも鳴りますが、その場合BIOSやUEFIで止まりますし、OSはフリーズするはずですし。

夏場という事もあったので室温の低くなる冬になれば落ち着くだろうと思ったのですが、余計ヒドくなって、OSが立ち上がった直後にビープ音が鳴って「プスン」と強制シャットダウンされるようになりました。仕方なく「電源オプション」でCPUの使用率を強制的に下げましたが、それでも焼け石に水の状態。

強制的にCPUのパワーを絞る形に。とはいえ、絞りすぎるとゲームのレスポンスが悪くなるので適度な感じにチューニング。これでも強制シャットダウンは免れませんでしたが…。
強制的にCPUのパワーを絞る形に。とはいえ、絞りすぎるとゲームのレスポンスが悪くなるので適度な感じにチューニング。これでも強制シャットダウンは免れませんでしたが…。

結局、連れの者は「プレイ出来たものじゃない」とPCを眠らせると同時に、マビノギも引退となりました。それからは寂しくソロプレイして現在に至ります。(まあ、それ以前に飽き気味でしたが…)

またマビに復帰させたい…というわけでもないですが、折角買ったノートPCで眠らせるのは勿体ないと、リペアしようと思いました。

ファンがフル回転しても排気口から風が出ない感じだったので、ファンの故障かゴミでも詰まって回らなくなったかどっちかだろうなと中を開けてみることにしました。
(本記事を参考にしての分解や改変をされる場合は、自己責任でお願いします。当方は一切責任を負いません。

赤丸……で囲う必要もなく、見えているネジすべて外します。なお、隠しネジはありません。その後外側の継ぎ目を外すだけで簡単に外せました。
赤丸……で囲う必要もなく、見えているネジすべて外します。なお、隠しネジはありません。その後外側の継ぎ目を外すだけで簡単に外せました。

続きを読む