【めいぽ商会】氷を司る魔術師(当社比)の巻

スポンサーリンク

 髪型と色を変えてみました。ずっと長髪で、ランダムで変更した赤色でしたが、全く同じような他キャラを見たので変更してみました。なんというか、街中で自分と同じ柄のシャツを着て何となくムッとしたような感じです。
で、軽くパーマ&氷魔らしく青くしてみました。
 結構短期間でLv40になりました。氷魔と夜勤続きいう好条件で火ボアを狩り続けています。夜勤続きはうれしいか悲しいか自分でも微妙ですが。
収益的にもとてもおいしく、ドロップする現金、牙が千数百個、動物の皮、その他装備品いろいろと。
仲間内から「乱獲で悪だ」とか言っているが、それは違う。氷を司る大魔導師(当社比)として、その力を正義の為に役立てたいと願い、貧困に困っている者居れば行って手をさしのべ、500kメルを差し出す(実話)。露店放置中にバルログに殺されてもめげず(実話)、商売の極意も教え説き、今日もまた西へ東へ…。あっ。


弱い者いじめとしか受け取れないSS.
「弱者をいぢめるUzla」

 …それはともかく、新大陸に行ってきました。死にに行ったようなものですが、新鮮でした。フィールドが雪原地帯で、氷魔は役立たずの場所だったりしますが。氷を司る魔導師(当社比)も形無しだったりします。武器防具は高レベルのものもありますが、大抵は露店で安く買えます。もうすこしレベル高くないときついなあ。井の中の蛙状態でこれからも火ボア狩り続けます。
何が売れたかわかりやすいように配置も書き、あと福袋ルートまで書いているさて、話は変わりまして、これは露店を出すときのメモ書きだったりします。何が何個売れたか、何メル増えたかを蓄積しています。Excelでまとめたい所ですが、時間もかかるので紙ベース。露店出している方はどのように工夫されているのでしょうか。知りたいところです。

コメント