リスタイ導入&11/12の記録@X-BOWL

スポンサーリンク

HI-SPのHSW5。1150円で安価。発注していたリスタイとテープとボールクリーナーが届きました。
リスタイはハイスポーツのHSW5で、テープはABSのF-2、ボールクリーナーは日本ヱボナイトのスーパーボールクリーナーです。少し前までほぼABS一色だったのがバラバラになってしまいました。
一番気になるリスタイは、装着してボールを握ってみると、手首がほとんど曲げられず投げる以前に持ちにくかったです。HSW5は小振りとはいえ、ほとんど回転しないわたしにとって矯正効果はありそうです。
さっそくリスタイとテープを試しに投げに行きました。今回は2時間フルタイムで投げ放題(23:30~1:30。正確には11日のゲームですが、12日としておきました)。週末前なので人多いかと思ったらそうでもなかったです。ホームレーンになりつつあるX-BOWLはやはり穴場なのかもしれない。
とりあえず、数ゲームリスタイなしで普通に投げてみました。テープはWAVEのET-03が滑りやすかったせいか、ABSのF-2はそこまで滑らず、かといってグリップしているわけでもなく、素肌よりちょっと滑る程度でかなり使いやすかったです。滑りすぎて頻繁にボールを落とし気味での失投&爪破損が多かったのですが、だいぶ減りました。幅がサムの長さに合っていたので巻きやすかったですし。
3ゲームまでのスコアは157-126-163。とりあえず気が済んだのでここからはリスタイを装着しての投球としました。
最初は……案の定ガタガタで、装着が悪くて余計手首曲がっている気がしたり、曲がらなさすぎてボールが変な方向に行ったりしました。ちなみにHSW5は装着の仕方とかの説明書とか写真は全くなく、本当にこの装着法で良いのかと気になりました。デビューゲームは131。しかしながら想像よりかは悪くはなかったです。ストレート派だったので大きくリリース位置が変わる感覚で、これはストレートボール矯正ギプスなのかと思うほどでした。逆に考えると本を見て直そうと思っても直っていなかったとちょっとショッキングでもありました。
とはいえ、その1ゲームが終わるとリスタイに慣れてきてボールも程よく回転するようになり、ピンアクションが派手目のストライクが頻繁に出ました。慣れると、少しねじり気味で昔ながらの(リスタイなしの時よりコントロールが悪いですが)ストレートボールと10ピン用のバックアップも投げれるようになりましたし。
そして…ついに悲願の200up&ノーミスを達成しました!
本当に夢を見ているような気分でリスタイ様々です。その後もヘタリ気味で投げていましたが、初のフィフスなど、今までとは全然違うゲーム展開となり12ゲームが終わりました。
その結果は以下の通り。

2005/11/12 – X-BOWL || 12game H/G:212 Avg:164.0051112.jpg

これほど気分良く投げられたのは久しぶりです。ハイゲーム記録を212と大幅更新(前記録は2005/9/2の199)、初のノーミス、初のアベ160、初のフィフスなど、初物づくしです。そういえば12ゲームも投げたのも初です。
とりあえず今日は乾杯したいところですが、唯一反省しなければいけないところは、ブルックリン・ストライクがあまりにも多かった点でしょうか。リスタイで投球が変わったので今までより右に寄らなければならないのですが、寄りすぎてガターが気になってしまったので(リスタイなしの1・2ゲーム目のガターも寄りすぎての失投)。
ともあれ、リスタイの力はすごいなと思いました。もっとも、レンコンが前々回に比べて素直だったので、そのおかげなのかもしれないとちょっと気になっているところだったりしますが、あまり考え込んでも仕方がないので今日は気持ちよく眠ることにしましょう。

コメント