スポンサーリンク

1/28のできごと

表示は正月ですが、今日買ったものです。受信できなくて時間が合いません。目覚まし電波時計を買いました。もともと家にはあったものの、東の送信所(40KHz)のみ対応の古いもので、ほとんど受信できていないので、西の送信所(60KHz)にも対応しているものを買ってみました。
…しかし、結果はだめです。買ったのはCASIOのもので電波の強度とかも分かるものですが、良くても半分程度しか触れず、時刻を合わせてくれません。ちなみにベッドサイドは家の内側なので、とりあえず反対側の窓際に置いてみましたがそれでもダメ。ベランダの外に放り出してもダメ。電波塔のほうに向けてもダメ。電波の状態が安定している夜中でもダメ。…というか目覚まし時計を外に放り出してまで合わせようとする人間はいないだろう。このまま待ってても正月の状態(しかも2000年の)なので、手動で合わせることに。買い換えた意味がない。
NICTの日本標準時グループで、各都道府県の電界強度が見れるのですが、わたしの住んでいる大阪は東はもちろん、西でもかなり弱い状態。しかも住んでいるのは北部の山の方なのでさらに弱くなると思う。外に出ることが多い腕時計や、アンテナの大きい掛時計型は受信しやすいかもしれないが、部屋の内側に置かれやすい小さい目覚まし時計だと難しいだろうなあ。
まあ、前の電波時計目覚ましも受信できていないので時刻は結構ずれるものの、ずれ方は標準時より早い状態だったので、遅れるよりかはマシなのかもしれない。出社とかもそのおかげで数分早く出社できてたし、前のほうが良かったのかなとも思ってしまった。

コメント