スポンサーリンク

廉価版の体脂肪計はどうなのだろう。

よく健康診断などで、「血圧ちょっと高いですね」と毎回言われていたりします。もっとも、再度計り直したら、正常値に下がる場合が多いですが、「血圧計で毎日測ってくださいね」とも毎回言われる。ちなみに24歳です。24でこんなこと言われるのちょっとショックですが。血圧計普通持ってないかと。

そういうことで健康診断のたびに毎回血圧計を物色するのですが、値段が色々あったり、安いのは精度が悪いだとかで結局購入しなかったりします。あの腕の圧迫感も正直好きになれませんし。

TANITA BF-037。製品情報は見つからず。箱は普通でしたが特定の店への卸のパッケージなのだろうか。そして、前々から体重計を買おうと思っていたのです。体重計自体家になかったですし、せっかくだから体脂肪がはかれるものを探していました。健康診断で体脂肪は計ってませんし。気になるパラメーターです。

体脂肪計と言えば、昔は何万円もするわりには精度が悪いとかいろいろありましたが、最近は安物でもあまり悪い噂は聞かないのでホームセンターで購入してしまいました。

モノはタニタのBF-037という製品です。ちなみにタニタのサイトでは完全に情報が載ってなかったりします。仕様表によると同型のBF-035は通販でいろいろありますが、他にも同列に載っている036~038は見つかりませんし。謎です。4980円。

ちなみに今頃(06/06/18現在)、ドイツに行っている香取慎吾のCMでお馴染みのオムロンのカラダスキャンの廉価版が7480円で売られていて、かなり迷ったのですが、結局タニタの方を購入。カラダスキャンは内臓脂肪まで計れる(というか、その値段帯はほとんど内臓脂肪が計れる)という利点とネームバリューもあって、「スキャン!」したいと思ったのですが、普通の体脂肪でも十分だし、体重計ってそれほど頻繁に載るモノでもありませんので(体脂肪が多かれ少なかれアクションを起こさないかもしれないという理由は秘密だったりする)。

ともあれ、とりあえず早速計りたいとおもいます。電池を入れて最初に始めるのが、年齢と性別、身長のセットアップです。まず番号(1~6)を選択します。この番号は、プリセットの番号なので6人家族までなら一度セットすると対応できるという感じです。

セットアップが完了したら、自分の設定した番号を選択して、あとは体重計に乗るだけです。ちなみに言わずもがなですが、体脂肪は微弱な電流(もちろん痛みは感じない)を体に通すことによって抵抗値から体脂肪を割り出すという仕組みですので、ペースメーカーを装着している方は厳禁なのはもちろんですが、灯台もと暗しというか、靴下とか履いていると当然電気が流れませんので、ちゃんと流れるように素足になる必要があります。

さて、早速載ってみました。体重が出たあと、体脂肪のチェックに入り、しばらくするとパーセンテージで表示されます。結構早いので良い感じです。

で、表示された内容ですが、数値を公開するのもなんか気が引けるので(別にかまわなかったりするのですが)、チェックシートで調べた結果を伝えると、標準よりやや上の脂肪率だったりしました。まあ、標準だが油断はするなというパラメータだったりします。ボウリングの練習がほぼ満足に達したのと、月何万円もつぎ込んだゲーム代の都合で中断してから少し体力落ちたような気がしますし、また再開しようかな…。よく勘違いされることですが、ボウリングでも重い球を持ってレーンを往復する繰り返しで結構な運動量になるので馬鹿には出来ません。

ちなみに実家近くの店で買ったので、健康面が気になるお年頃の親も計りたいと言ったら、標準以下の結果で満足したようです。親へのプレゼントに良いかもしれませんね(今日は父の日で、ケーキを買ったのですが、体脂肪計のほうが満足だったか…。実家に置いて行けと言われるほどでしたし)。

もちろん、体脂肪は体の抵抗値でデリケートに変わるので、説明書には正確に計るためにいろいろな注意書きが書いていたりします。そこで、マメに計ってみたら、今度は1%下がったりとか0.5%上がったりとかいろいろ変化しました。体のコンディションもさることながら(実家で計ったあと、車で1時間の家に帰ってまた計測)、誤差の範囲内だとはおもいます。というか、廉価版にそこまでの精度を求めるのが酷かもしれませんし、前述の通り昔に比べてまだ精度は上がっているとのことですし。

商品自体はは概ね満足ですが、こうなると体脂肪を計ると内臓脂肪が気になってしまいます…。いくら体脂肪が正常値にちかくても、内臓脂肪が大きくて隠れ肥満だと考えるとイヤですし。うーむ、カラダスキャンが欲しくなってきた。この体重計を実家行きにして、買い直そうか迷い中。

コメント