スポンサーリンク

12/29のできごと

ここの「Uzla.jp」を含めて、ドメインを3つ持っているのですが、Uzla.jpを含む2つを任せていたレジストラ(登録代行業者)が営業停止状態になっていて、JPドメインが更新されていない状態という事態に。12/31までだからあと数日。やばいと思ったら、別の業者が救済するということに。とりあえず消滅は免れました。個人的に2006年末にして最大の事件が(多分)回避されました。

…が、「Uzla.jp」の更新で11月に更新料払ったのですが、まったく有効期間延長されない上に、カード料金が引き落とされてました。しかも、既にカードの〆日が過ぎて、既に銀行から引き落とされている。ううむ、これを返してくれというのは難しそうだ。被害額4,725円(税込)泣き寝入りか。

しかし、7年前にサブドメインのレンタルサーバをソコの業者で借りて、サーバは独自ドメインになってから別業者に移転したけど、信頼というか長年の付き合いみたいなもので「Uzla.jp」はそこで取得して、もうひとつのドメインもわざわざ今年のはじめに別のレジストラから移管したのに切ないというか裏切られた気分で腹立たしいですが、ひとつの勉強になったということで。なお、あえてその業者の名前は控えさせていただきます(調べればすぐわかるとおもいますが)。

しかし何で3つもドメイン持ってるのだろう。ピークは4つだったのですが。実際使っているのはここ「Uzla.jp」だけですし。かといって愛着あるだけに廃止するのも惜しいものだったりします。難しいものですね。

コメント