スポンサーリンク

なんか悔しいMouseOver

最近のバナー広告はAnimationGIFからFlashモノが多いため、きれいだったりとかムービーだったりとかだけではなくてインタラクティブ性に富んだものが多かったりする。

最近はMouseOverモノがなんか好まれているみたいで、簡単に言えばその部分にマウスカーソルを当てるとアニメーションの続きが見られたり、表示が変わるというものだったりする。

個人的にはWeb広告の類は好きではないので(アフィリエイト関係のものも、わざわざIDっぽい部分を削ってアクセスしたりもする)当然無視なのだが、スクロールバーとかを動かそうとして偶然触れただけで動いてしまってなんか悔しい思いをすることもある。「こいつは興味本位でMouseOverした」とマーケティングデータに残るんだろうなとか思ったり。ああ、なんて心が狭い。

あと、一定時間過ぎると勝手に続きが表示されたりとか。MouseOverの意味がないですな。
ともあれ、何でも興味を持ってもらおうという心理が垣間見える広告業界でした。

コメント