MCTS 70-620合格。

スポンサーリンク

先日勉強していた、MCTSの70-620「WindowsVistaコンフィギュレーション」の試験を受けに行きました。基本情報や初級シスアドなど国家試験やPhotoshopとかCG-ARTSの民間試験は何度も経験(&合格)したものの、MCPはもとよりベンダー試験は初めて。PCでの試験で終了したその場で合否判定が行われるので待たずにすむ反面、不安があったりしましたが、あまり難易度は難しくないレベルの試験なのでとりあえず試験の形式に慣れる感覚でチャレンジしようと思いました。1回不合格になってももう1回無料で試験ができるキャンペーンも申し込みましたし。

で、当日。午前中に申し込んで会場に行きました。会場は派遣会社の中のテストルームだったので受付には誰もおらず、ベルを鳴らしたら、やる気のない姉ちゃんが出てきました。奥は事務所でFMラジオが聞こえる。自由そうな職場です。

試験時間まで待機して署名をした後、荷物を全部ロッカーに置いて(携帯とかはもちろん、ボールペンも×)テストルームへ。何台かPCがあってパーディションで仕切られ、天井にはカメラが何台もあります。不正行為監視用です。ちなみに不正行為したら、認定資格(ここではMSの資格)を持っていたらすべて剥奪&二度と試験は受けられません。

試験方法は単純で、ひたすら問題を解いていき、マウスで解答文を選択していきます。終わったら「終了」のボタンを押してジコジコHDDが唸った後に合否判定が出ます。

レポート。
合格。

画面は合格の文字が。…しかし700点が合格点で723点ってギリギリだな(1000点満点)。制限時間は2時間ちょっとでしたが、1時間も経たずに終わって見直しもせずだったし。

部屋を出た後にさっきのやる気のない姉ちゃんからレポート(上写真)をもらって帰りました。しかしかなりスピーディーだったなあ。国家試験も見習うべきかと。数週間後にMSから認定証がもらえますので、そのときおいおい報告します。会社からもこれで祝い金と試験代が出ます。

次の目標はLPICのLevel1でも受けようかなと。Linuxはブランクあって忘れかけてますが。

コメント