スポンサーリンク

英語ではない洋楽

最近勧められて聴いている曲があって、ジャンルは主にプログレです。最近は(プログレではないと思いますが)ORIGAというアーティストの曲を聴いていたり。少し前「ポーリュシカ・ポーレ」とかで10年前シングルだとか、所謂「癒し系」と言われているコンピレーションアルバム「Feel」の中に収録される形で出てました。
「Feel」も聞いてはいたのですが、英語ではなさそうで調べたらロシア語だとか。そこでアルバムをレンタルで視聴。歌詞カードが付いてないので(ネットレンタルの為)日本語訳が欲しいところだが、歌声を聞くだけで引き込まれる。非英語だからかもしれませんが、独特の雰囲気が好きです。
個人的にはベスト盤より「永遠」というアルバムの方が好みです。これにも「ポーリュシカ・ポーレ」は入っているのですが、ベスト盤や前述「Feel」と違うバージョンで歌声のエコーが控えめな感じ。「永遠」の中では「忘れな草」が一番気に入っています。アンプラグドで雰囲気が出ています。あとは「風の中のソリテア」(デビューシングル)とか「私の太陽」、「雨」、「花の散るとき」(一部日本語で歌っている)も好き。
でもやはり日本語訳欲しいな。歌詞の意味が知りたい。「ポーリュシカ・ポーレ」も元々軍歌と知りましたし。草原を駆け抜けていくという意味らしいですが、確かに草原の雰囲気はある。それをORIGAなりにアレンジしたのだろうな、と。
今でも活動中でおもにアニメソングですが(むしろこっちの方が有名らしい)、最近のアニメソングも質が高いからなあ。菅野よう子が好きな後輩がいるのですが、確かにこれはすごい(ORIGAも菅野よう子と最近組んでるらしいですがそっちの曲はまだ聴いたこと無い)。元になったゲームやアニメを知らないのにサントラをよく買ったりするのですが(よく変わっていると言われるけど)、また機会があれば書こうと思います。

コメント