車の所有権解除を依頼してみた

スポンサーリンク

去年の9月に車の2年ローンが終わったので所有権解除をディーラーに依頼することに。
所有権解除とは、車をローンで払った場合、車検証の所有者欄がディーラーかローン会社になっていて(使用者がオーナーの名前)、ローンを払い終えても申請しなければいつまで経っても書類上は所有者ではないので、所有者にするための手続きです。
すぐに依頼しても良かったのですが、特に所有者がディーラーでも実質問題がない(車を売ろうと思っても業者が所有権解除や名義変更してくれる)のでいつでも良いだろうと思っていたものの、そろそろディーラーに忘れられないうちに依頼をしてみた。「自分の車だ」という気分的なモノもありますし。
電話で聞いたら所有権解除自体は印鑑証明と住民票を用意すればタダでするとのことだが、一昨年の5月に引っ越したので住所変更の申請も必要とのこと。住所変更の手続きは車庫証明の取り直しも必要(同じ駐車場だが、同じでも住所が変わったら手続きが必要)なので、煩雑だし当然代行してもらうとお金もかかる。手数料を聞いても住所変更の費用(1万5000円)しか言ってくれなかったが、相場を見るとトータルで3万ぐらいだろうなあ(ナンバープレート変更無しの場合)。
事前に所有権解除を自分で出来ないか調べた時に、住所変更していても住民票に前の住所が記載されていたら所有権解除だけは出来るということを伝えたのだが「それは出来ませんねえ」と言われる。まあ、手数料で儲けたいだろうし、前例もあまりないだろうからトラブルは避けたいのだろうなあ。自分でやるのも手ではあるが、手間もあるし時間もないのでとりあえず説明や委任状を送るように手配した。もう少しで自動車税もあるし出費がきつい。あ、そういえば今年は車検だなあ。きついきつい。
まあ、住所も今の住所になるので生まれ変わった車検証に期待するとしよう。

コメント