EeePCをチューニング

スポンサーリンク

パッケージ。上に乗っているのは2GBのDDRメモリ。パッケージ写真は白ボディですが、実際は黒です。予定が少し遅くなりましたが、EeePCです。購入動機はモノ書き・Blog書き用です。旅行も多いので調べ物も含めてモバイルできたらいいかなと。なのでマシンパワーはそれほど要らない用途なので最適です。ストレージ領域が小さい等、やや癖のあるノートなのですが、その分遊べそうですし、昔使ったWindowsCE機よりかは使いやすいはずです。何より値段が安い。とある店で49,800円の10%ポイント還元。ポイントで2GBのメインメモリをタダで買いましたのでトータルでも良い感じです。

元のメモリ(装着している物)と新しいメモリ。で、購入して早速起動。動作確認&初期設定を済ませた後にいったん電源を落としてメインメモリを交換。元のメモリ(512MB)は保証期間中の修理の際に必要(入れ直す必要有)なので保管しておきます。ちなみにメモリの蓋を開けるネジの部分に「EeePC」とある封印シールがあるのですが、剥がしても特に文字が裏移りするタイプでは無く、ただの銀紙でした。

改めて起動後、前回にも書きましたが、ダイエット方法やチューニングを分かりやすくまとめられた4Gamer.netの記事を参考にしました。Office2003のWord/Excel/PowerPointやウイルスバスターやSkype等を入れても650MB残っています。記事書いた人に感謝したいです。「窓の手」は触ってもデスクトップだとパワーもHDDも十分なのでそこまでチューニングしないからなあ。
肝心のパフォーマンスですが、5万円のPCとは思えないほど良好です。ただウイルスバスター入れたらかなり重たくなりました。ただコレばっかりはセキュリティが絡んでいるので軽量化しないほうが良いだろうなあ。モバイルするだろうし、なおさら。

あと、「パンヤ」を試しました。縦の解像度が低いのでメニューの画面は完全に見えない(上の部分が少し切れる)ですが、ゲーム画面になると640*480になるので、さすがに少しもたつきますが、ゲームは出来ます。練習とファミリーモードで試しただけですが実戦だとどうなるのだろう。大会だと結構きついか。

「Skype」はちょうど内蔵カメラと内蔵マイク(スライドパッドのボタンの裏側にある)があるので、快適にテレビ電話(チャット)が出来ます。寝ながらチャットするときはノイズが大きいBluetoothやめてこっちにしたいぐらい良い感じです。

いろいろ活用法が考えられますが、モバイルするとなると通信環境も考えないとなあと。最近は無線LANスポットも多いので活用していきたいと思います。通信端末も気が向いたら買います。

コメント