「LEO-NET」その後

スポンサーリンク

昼晩問わず30Mbps出ていて、住んでいる家では快適だった「LEO-NET」ですが、ここに来て問題が発生しました。NintendoDSでWi-Fi接続が出来ません。
久々に「いただきストリートDS」でWi-Fi対戦をしようと思ったのですが、全く繋がらず91010や86420のエラーで繋がらず。何度かは繋がったものの、回線が不安定で落ちたり、遅延が大幅に発生したりでゲームにならず。
大抵混雑だろうなと思ったのですが、それでもおかしいのでいろいろ調査。PCのIPアドレスとDSのIPアドレスが一緒なので(LEO-NET自体がプライベートIPなのでそうするしかない)コリジョンが発生したのかと思い、PCを切ると、接続リトライの後、ある程度はゲームが出来た(それでもかなり不安定)。ただ、Skypeしながらプレイがしたいので、手持ちのBuffaloのKG54をWi-FiUSBコネクタ化したものを試してみたが、ずっと86420で完全に繋がらず。86420はTCPやUDPポートが塞がっているエラーなのですが、PCのファイアウォールを緩くしても不可。さらに根本はLEO-NETなので個人で設定できず。結局根本的な解決は出来ないと判断して、ADSLを申し込みました。実速の見込みが3~10Mbpsなので、3~10分の1にダウンするので少し残念ですが、仕方ない。やはりゲームはグローバルIPかつ、自分でポートを操作できるように自前で用意したほうが無難そうです。
そこまで「いたスト」やりたいのかというとそうでもなく、QMAのDS版(既に予約)やその他諸々が出るので、Wi-Fiが必須ということで。今回気づいて良かったなと思います。
追記(2008/7/20) >
ブリッジにせずWAN側にLEO-NET接続してルーターのWAN設定(LEO-NETのIPやDNS等の指定)を行った後、さらにルーティングするように設定かつ、LEO-NETが再認証しないように一定時間ごとにルーターがNTPサーバにアクセスするように設定したところ、Wi-Fi接続はされやすくなり、かつPCも使えるようになりましたが、かなり無理矢理な設定なのでしばらく様子見です。

コメント