An×An2010年を振り返って

スポンサーリンク

今年もあとわずかとなりました。大晦日ということで蕎麦屋は大忙しといった感じですが、「うず庵」今年最後の記事です。…って去年の使い回しですね(汗)

…ということで、今年のAn×An活動を振り返りたいと思います。読み返してみるといろいろあったなあと。

1月 – 充実した矢先の病気
タワーのおみくじは順位が低くて引けず、リアルおみくじの結果は「吉」で、「利欲を捨てて奢らなければ人望が増す」ということを胸に新年をスタート。
新年早々から、正月番組のように「キャラメルマッチ」という店対で負けたら異色キャラメルを食べることになるという遊びをしたり、それらがきっかけでチームに加入したり、新たな楽しみ方が増えてAn×Anが充実するだろう……と思った矢先に、足がすごく腫れて赤い斑点が出る病気に罹り、歩くのがとても苦痛でした(病名は「アナフィラクトイド紫斑病」)。
それでも調子が良いときは押すようにしていましたが、病気自体は入院を勧められるぐらいだったので、3月まで完治しませんでした。

2月 – シルバープロ達成。
前述の病気で若干ペースダウンしたものの、シルバープロテスト(An×An2では5回中3回優勝)に2回で合格しました。
この辺からチャレンジイベントが続々出始め、次のバージョンの気配も感じつつあったころでした。
ちなみにエンタメジャンルポイント75pt(An×An2では過去25戦の取得ポイント合計)は今でも自分の中で伝説に残っています。エンタメはそれほど苦手ではないのに…。

3月 – 「今日の問題」初採用
元々チームメンバー問題は量産するものの、An×An.NETの「今日の問題」に投稿した事はあまりなく、投稿のコツのアドバイスを頂いてから何点か送ったところ採用されました。
デビュー作は「才能のある者につまらないことをさせるという意味のことわざは大根を○○で切る? (村正/正宗) 」です。
これをきっかけにガンガン投稿してさらに上を…・・・とも思わずにマイペースで思いついたら投稿する感じで、目標は「名人」としました。
この月はオリコン大会月間で苦しい日々をすごしていました。(An×An2ではチャレンジイベントは強制参加でした)

4月 – 停滞期
ウソつき・テクニカル・積み重ね・連想と形式チャレンジがあり、立て続けのチャレンジに疲れ気味になったり、An×An関係の話や相談できる相手も当時は殆ど居なくてモチベーションが一番下がった時期でした。
ただ、ゲーム自体が面白くてプレイしているし、今までもそんな感じだっただろうと開き直ってだんだんと回復しました。

5月 – 3地区大会参加
イベント大会モードを用いた地区大会が開催され、わたしは北海道東北、関東、中部に参加しました。
もちろん本気で決勝大会に出る気はなく(地元の方にも悪いので)スタンプラリー感覚で参加していました。北海道東北大会はたまたま札幌に居たので参加し、中部大会はご紹介いただいて東海道線で沼津まで行ってプチ旅行気分になっていました。またいろいろなところに遠征に行きたいものです。

6月 – An×An Live! 夜明け前
次回作「Answer×Answer Live!」のロケテも始まり、イベントも玉切れになりつつあり、全体的に弛緩した空気が漂っていた時期でした。
問題形式チャレンジシリーズはは殆ど1000位以内で頑張りました。

7月 – An×An Live! スタート
ボーナスが10倍以上というゴールドラッシュ大会の後、「Answer×Answer Live!」がスタートしました。
見た目や問題形式は大きく変わっていないものの、特番や全国制覇、アンサーチャンス、ジャンルポイントの仕様変更など、いろいろな点が変わって初心から始めるような形で挑みました。ジャンルポイントはプレイしているほど有利な仕組みなので、もう100位以内に入るのは無理かなと思いましたが、それは杞憂だということが来月にわかりました。

8月 – チーム交流会
個人的な話ですが、チームの方との交流会に参加して、An×Anを通じて友人ができたとても印象深い時でした。
ランクもセミプロまで順調に伸ばし、趣雑ジャンルポイント30位にランクインできたため、それほどガッツリプレイしなくてもランクインできると確信して再び趣雑10位を目指そうと心に決めました。

9月 – C級プロアンサーと問題職人達成
C級プロテスト時報で一発で合格して、その翌々日に問題が採用されました。
問題は「油断できないという意味のことわざは? (ねこにまたたび/ねこにかつおぶし)です。
まさかの語文ことわざ2連続にびっくりしたため、ことわざはウケが良いと判断しましたが、やはり得意な趣雑系で攻めようと思いました。 目標の名人までリーチとはなったものの、相変わらず1ヶ月に2回ぐらいしか投稿していない状態でした。

10月 – 蕎麦屋大繁盛
B級プロテストに一発合格、コンスタントにジャンルポイントランキングベスト50に入ったり調子がかなり良い状態の上に、ブログの閲覧者と書き込みを下さる方が非常に多くなり、ネタを書きたいとばかりにモチベーションが最高の状態のままキープし続けています。
このころからTwitterも本格的に始めてだんだんと輪を広げていこうと思った時でした。

11月 – A級プロ合格と問題名人達成と新システムラッシュ
「総当りバトル」の導入や配点の変更など、従来ならタイトルが変わりそうな修正が多く施されました。
そういうこともあってA級プロテストは初の時報なしで実施しました。特番があると1ラウンドKOだったり5ラウンドまで進んで決勝だと全然掛かる時間が違うので今後もどうしようか悩むところです。A級プロは3回で合格。10回は覚悟していただけに早く感じました。
あと、問題名人を達成。早くも目標達成ですが、あまりにも早かったため目標を国宝に上方修正しました。
しかしそれでも相変わらず1ヶ月に2回ぐらいしか投稿していない状態です。

12月 – ジャンルランカーへの願いとSプロテストへ向けて
わたしの最初の目標が「趣雑10位以内」で、中盤から盛り返したため「今しかない」と思って頑張りました。
1年半掛けて大きな夢が実現できたらもう思い残すことはないかなと思っています。

もちろんこれで終わりではなく維持し続けて意味があるので常に上位思考で行こうと思います。
そしてまもなくSプロテストで、来年早々Sプロに向けて行きたいと思います。
ただ3月まで仕事がいっぱいであまり押せない日々が続きそうな気がします…。

●今年の目標評価
・シルバープロ達成 → [◎]An×An2時代に達成。Live!でも順調に合格
・問題職人達成 → [◎]名人まで達成
・趣雑ランキング10位以内達成 → [?]最後の最後で達成?来年になるまで不明ですが、確度は中ぐらい。
・何処かの店舗大会に参加 → [×]出来ていません…。店対などから始めていて、来年こそは…。
・知り合いアンサーを増やす → [○]去年に比べてかなり増えましたが、さらに増やしたいです。
・Blogネタの拡充 → [×]拡充どころか殆どプレイ記録だけになっているので、新企画を考え中です。

●来年の目標
・趣雑英雄・将軍など上位タイトルを目標(GPの仕様は流動的…)
・歴地社の苦手克服(歴史が苦手なら他でカバーする力を)
・問題国宝達成(今までマイペースでしたがここからがきつい気がする。)
・何処かの店舗大会に参加(参加して勝敗はともかく仲間が増えたら成功かと思います)
・Blogネタの拡充(問題とかタッチペン以外のネタが欲しい…)

こうまとめると一瞬ですが、かなり濃い1年だったと思います。
この1年だけで様々な出会いとか別れとかもありましたし、ずっと淡々とプレイ記録を毎回出す地味な蕎麦屋になるだろうと思ってたら急激にお客さんが増えたのでびっくりしていますし、モチベーションが高止まり状態になっています。

…と、来年もこんな感じで充実したAn×Anライフが送れたらいいと思います。来年もマッチできたらいいですね。

それでは、来年もUzlaと「うず庵」をよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

コメント