AD

玄米をコイン精米器で精米しました。

先日大阪に帰省したとき、車で2時間ぐらい掛けて祖母の家にも久々に顔見せに行ったのですが、その時に米やら野菜やら色々頂きました。車はレンタカーなので神奈川へは産地直送状態のまま(結構遠かった)宅配便の営業所からクール便で。

そして翌日自宅に届いた野菜はやはりスーパーのモノより美味しく感じますし、米もまた美味しく感じます。実家に居た頃子供の時からずっと慣れ親しんだ米なので懐かしくも感じましたし。

 

で、米なのですがいつも精米された状態で貰っていたのですが、今回は玄米でした。
玄米は体に良いですがさすがに常食は難しいので精米が必要です。

玄米です。籾殻は取り除かれた状態です。
玄米です。籾殻は取り除かれた状態です。

そこで、道端でよく見掛ける「コイン精米器」の登場です。

たしかに「よく見掛ける」けど、縁の無いものだと思って素通りしていましたが、いざ使おうと調べても情報がなかなか無いものです。

近場は車で数分ぐらいですが、個人的なこだわりとしては

1)駐車場があること(道端だと路駐せざるを得なくなる。車線も歩道も塞ぎたくない)
2)無洗米で精米できること(普段無洗米を買っています)

この条件で絞ると一気に候補が少なくなります。
本当に道端にある所が多く、駐車場のあるところになると農協かホームセンターかコインランドリーぐらいになります。

さらに「無洗米」で精米できる新しめの機械のあるところも限られます。コイン精米器は近くに田んぼが無ければ需要も少ないので大抵古い機械が使われ続けています。

「米にこだわるのなら無洗米ってどうなの?」と言われそうですが、食べ慣れた米を無洗米にしたらどう味が変わるのかというのも興味があったので…。

 

なんとか少ない情報をかき集めて、帰省翌日に「早速体験してみよう」と車(マイカーではなくカーシェアリング)に玄米を積んで走ること20分。それはありました。

米ぼうやくん。
米ぼうやくん

ある商店の駐車場の隅にありました。結構きれいなので最近設置されたモノのようです。

初めて中に入りましたが、色々な注意書きやら説明書きやらで埋め尽くされています。
自分みたいな初めての人でも操作できるように配慮されていますが、注意書きも多く、実際に操作するときも注意点も多いです。

まず操作方法を細かく…。

2013-08-27 13.56.35

(1)まず玄米を投入口に投入します。投入口の網目に挟まった玄米はホウキで払っておきます。

ちなみに持って来た玄米の量は15キロです。5キロ未満だとうまく精米できない場合があるので注意です。なお、籾殻の付いた米や、既に精米した白米は入れてはいけません。(籾殻付きに対応している機械もあるが少数の上、精米料金も普通割高になる)

2013-08-27 14.02.48

(2)精米する量分のお金(この機械では5kg100円)を入れて、好みの白度(精米の加減)を選択します。無洗米にするためにこの機械まで足を運んだので無洗米を選択しましたが、好みの加減に調整出来ます。「七ぶ」はやや糠が残る程度で、栄養価も白米より良いとのことです。

2013-08-27 13.58.29

(3)機械が大きな音を立てて動き出し、しばらくすると精米された米がパラパラと出てきます。ちょっと嬉しいです。

2013-08-27 13.58.39

(4)精米した米は一時的にタンクに貯まった状態なので、玄米を入れて空になった米袋をタンクの下にセットし、足踏み式のレバーを操作すると精米された米が出てきます。タンクにずっと貯めたままにせず、マメに操作して米を少しずつ出していきます。

2013-08-27 14.03.21

(5)精米された米。温かいです。上の玄米と比べると真っ白でつやつやしています。

 

なお、動作音が大きいので扉は閉めておきます。
住宅街の中や夜間だと迷惑になりますし、「スズメが入る」という微笑ましい(?)張り紙もあったので、閉めておきましょう。

<2015/6/24 追記>

本記事に興味を持っている方が多いので別の日に精米した動画をアップしました。
なお、精米器は当時と同メーカー(米ぼうやくん)の別モデルです。
※音が出ますので注意して下さい

精米器稼働の様子
 

…ということで、初めてでも簡単に精米できました。ちなみに精米時間も15キロで4~5分ぐらいで終了し、かなり速いです。
子供の時に前述の祖母の家で農家用の精米器(Wikipediaに載っている機械そのもの)が動いているところを見ましたが、ものすごい遅かったので何十分もかかるのかなと思ったら意外でした。

ただ、このような業務用では無く、最近見かけるようになった、食べる分だけ精米することが出来る程度の小型の精米器は結構早いようです。食べる分だけなので手軽かつ精米したてが味わうことができます。
欠点はやや高価なことで、無洗米も対応している物はこんな感じで最も安価なものでも1万円します……。

で、コイン精米後の気になる味ですが、精米したてでかなり美味しく感じました。
多分気分が違うだけというかプラシーボだと思いますが、味自体は昔食べ慣れていたものと遜色なく、無洗米にしても殆ど変わらないと思いました。無洗米だと表面を削りすぎて味が落ちるようなイメージですが、これならまた玄米を貰ったときも無洗米にしようと思ったぐらいです。

…ということで、精米器のファンになりましたが、玄米はなかなか手に入らず…。
懐かしい味も堪能できたので、半年後大阪に帰省したときまた行きたいところです。

コメント一覧

  1. こんにちは〜(^^)ノ

    私は精米機のお世話になったことがないのですが、自身で精米されたお米確かにすごく美味しそうです♪

    私は生まれも育ちも東京の下町(川向こう)なので、故郷があるのはちょっと羨ましいと思ってみたり(^^;)

  2. ぽちこさん、こんばんは~。

    わたしも精米するのは今回が初めてで、更に調べてみるといろいろな機種があったり、
    結構面白い世界だなあと思いました。
    あと、自ら精米しに行ったものは味がよく感じます。気分だけだとは思いますが(^^;

    わたしの故郷は大阪の南ですが、都会でも無ければ田舎風景もなく、
    中途半端で何も無いところです(^^;

  3. 初めまして。
    今日、突然玄米を、40キロ頂いてしまい…
    コイン精米機情報を探していて。
    どんな風にやれば良いか詳しく解って大変参考になりました!!
    ありがとうございます!!

  4. ご覧頂きましてありがとうございます(^^)
    ご参考になり幸いです。
    わたしも初めてだったのですが思ったより簡単でした。

コメントを残す