「痔ろう」の闘病記を公開しました。

スポンサーリンク

…ということで、Twitterでは色々書いていましたが、今年の1月から「痔ろう」という病気に罹っていました。

この病気は誰にでも罹る可能性のあるもので、完治させるには確実に手術が必要になるものです。

つい先日完治宣言が出されたことで、この「痔ろう」の闘病記が公開できる運びになりましたので、発症から入院までの部分を先行で公開します。入院と手術から退院、完治までの通院などを今後順次公開致します。

記事については通常の記事と趣旨が大幅に異なる上に、表現の問題から通常の記事と隔離しています。
(不快に感じる部分や記述が含まれますので、それらに対する表現が苦手な方は閲覧をご遠慮下さい。)

痔ろう闘病記」(トップメニューからの参照可)

「なんでこんな病気をブログ上で公開するのか」と言われましたが、「痔」という文字はあっても普通の「痔」とは異なる性質で、あまり知られていない部分もあるので発症したときから完治したら闘病記を書いて公開しようと思っていました。
「痔ろう」を扱ったサイトは医師の他に、元患者の方のブログも多いので、それを読んだことによって少し安心した部分もあったので、自分もそのケーススタディの一つとして情報を提供する側になってみたいと思うところがありました。

「痔ろう」と診断されて不安を覚えた方や、まだ罹ったことの無い方も、この「痔ろう」という病気に理解頂けたら幸いと思います。

コメント