nasneを購入しました。(Android版視聴ソフト編)

スポンサーリンク

PC版視聴ソフトレビューの続きということで、今回は「TV SideView」(Android)を書きたいと思います。

まず「TV SideView」ですが、元々はソニーのテレビである「BRAVIA」のリモコン代わりだとか、TV番組やYouTube等のコンテンツ情報などを表示させるためのソフトでした(ソニーの紹介ページ)。
なお、AndroidだけでなくiOS版もあります。

PC版と違い元からnasne向けに設計したわけでは無く後付けのような感じなので、インストールした当初は「本当にこのソフトはnasneで使えるの?」と疑問だったりしました。

起動するなりいきなりこんなかんじで放送中のモノや、「おすすめ」と称したTV番組やYouTubeのものまで大量に出てきます…。はっきり言って要りません…。

起動するなりいきなりこんなかんじで放送中のモノや、「おすすめ」と称したTV番組やYouTubeのものまで大量に出てきます。はっきり言って要りません…。

「みどころ」は画像がかなり多く、わたしは格安SIM運用なので出先で起動してしまうと通信が勿体ないです。
なので、真っ先に「設定」を開いて、起動時に「みどころ」では無くて番組表を表示させたり、操作音やソーシャル系の機能はオフにするなどシンプルにしました。ムダとは言いませんが蛇足な機能が多いです。わたしは単純に再生や予約したいだけなので…。

 

前述の通り、このソフトと対応のBRAVIAに紐付けるとリモコンなどとして利用出来ますが、nasneの場合は番組予約と、LAN上での放送中の番組の視聴と再生、そして録画した番組のコピーと再生の機能が利用出来ます。

番組予約は番組表から簡単に予約することが可能です。
番組表の文字は見やすいですし予約も簡単に行えますが、使用しているのが1280×720の解像度の低いスマホなので、窮屈に感じます。更に解像度の高いスマホやタブレットだと良い感じに見えるかもしれません。

これが番組表です。解像度がイマイチだと横が狭くて見づらいです…。タブレットだと見やすいかもしれません。

これが番組表です。解像度がイマイチだと横が狭くて見づらいです…。

なお、予約はLAN内だけでなく、アカウント登録していれば外からでも可能です。
ただ、たまに「ネットワークに接続できません」と出て予約が失敗…とおもいきや、普通に予約出来ています。…なんとなくソフトが不安定な気がします。
あと、日付を切り替えたときの処理や読み込みが遅く感じますし、たまに灰色のままうまく表示されない場合もあります。番組表はnasneの予約にも対応している「CHAN-TORU」等、Webサイトのものが良い気がします。

 

さて、肝心の視聴機能ですが、この機能は有料のプラグイン(現在のところAndroid・iOSともに500円)を購入しなければ利用することが出来ません。
ケチ臭いなあと思うものの、これでも「DTCP-IP(ホームネットワーク上で著作権保護されたコンテンツを扱うための規格)」に対応したソフトの中では破格だとか何とか。

ちなみに「XPERIA Z2」には既にインストールされていてフルバージョン版が無料で利用できるそうです。わたしは約2年前のシャープのAQUOS PHONE・SH-02Eなのでプラグインを購入して、引き続きレポートです。

 

番組表の中の番組をタップすると現在放送中のモノを見ることが出来ますし、放送予定のモノは予約することも可能です。映像はフルHDではなく480pですが、かなりキレイに映っている印象です。当方フルセグのスマホを持っていないのでそれとの画質の比較ができませんが、ワンセグとは雲泥の差です。

また、nasneに録画したモノも同様に、メニューから再生することが可能です。

「モバイル視聴」って書いているので何処でも視聴出来ると思いきやLANの中のみで、本当に「モバイル」したい場合は、予めnasneに録画した番組をコピーする必要があります。

※2014/10/1追記:nasne本体のバージョンアップと設定を変更することにより、端末にコピーすることなくモバイル視聴が可能となりました。 → 詳細レポート

 

コピーの方法ですが、デカデカと存在する「モバイル視聴」ボタンの横にある、小さなボタン(携帯に矢印が付いたアイコン)を押下します。かなり分かりにくいです…。

端末への動画コピーを行うには、携帯に矢印が入ったような小さいアイコンをクリックします。

端末への動画コピーを行うには、携帯に矢印が入ったような小さいアイコンをクリックします。

ポップアップが出てきてスマホに転送してローカルで視聴することが出来ます。

ポップアップが出てきてスマホに転送してローカルで視聴することが出来ます。

なお、10分番組を転送したところ、データ量はオリジナルの870MBから130MBまで落ちていました。転送時間は40秒です。ついでに90分番組を転送したら5.4GBが1.4GBまで落ち、転送時間は7分でした。いずれも再エンコードしている割には結構早い印象で、忙しい朝でも録画番組の入れ替えを現実的に運用出来るレベルです。画質の差もあまり感じません。

こんな感じで転送した番組をローカル再生出来ます(室内ですがLAN切断中)。ネットを介しないのでパケ死することもありませんし、安定して再生出来ます。

こんな感じで転送した番組をローカル再生出来ます(室内ですがLAN切断中)。ネットを介しないのでパケ死することもありませんし、安定して再生出来ます。

機能的には結構良い感じなのですが、このソフトは難点が多くあり、最も顕著なのは「アプリがかなり不安定」なことです(iOS版も同様かどうかは不明ですが…)。

再生しようとすると強制終了したり、番組表を見ているといきなり強制終了したり、早送りボタンを押したら強制終了したり(しかも再度立ち上げても途中再生出来ず最初から再生される)等、結構イライラします。
Androidは様々な機種があるので仕方ないとはいえ、PC版と違って体験版がなく、買う前に視聴出来るか等の動作確認出来ないのは如何なものかとおもいます。

欠点が多いような気がしますが、そもそも「TV SideView」がnasneに対応したのは2014年の7月末ということで、使い始めてから数日・この記事を書いている時点でもまだ1ヶ月も経っていません。ソフトの熟成に期待したいところです。ただ、いっそのことnasne専用ソフトとして一から作り直した方が良い出来になる気がします…。

 

次回は最後になりましたが、PS3版「torne」のレビューをしたいと思います。

(次回に続く)

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J)【メーカー生産終了】
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

コメント