「XPERIA Z3 Compact」で格安SIM運用。

先日、2年と3ヶ月ぐらい使っていた「AQUOS PHONE」SH-02Eから、「XPERIA Z3 Compact(docomo SO-02G)」に買い換えました。

docomoの「XPERIA Z3 Compact(SO-02G)」です。色はオレンジにしました。
docomoの「XPERIA Z3 Compact(SO-02G)」です。色はオレンジにしました。

昨年の5月からずっと「OCNモバイルONE」の格安SIM運用していたのでドコモショップで購入したわけではなく、白ロムを扱っているモバイルショップで購入しました。色は、ブラックやホワイトはありきたりだし、グリーンは好きな色なのですが濃いグリーンじゃなくて某ミクのような、好みでは無い白っぽいグリーンのように見えたので、オレンジを選択しました。濃い目のオレンジなので裏面を見ると一見赤っぽくも見えます。

気になるお値段は、動作確認のみの新古品で35000円でした。SH-02E自体に不満は無かったのですが、電池がへたり気味だったのと、2014年冬モデルで発売から数ヶ月しか経っていない上、「XPERIA」というブランドなのに妙に安く感じたので買いました。

別にこの価格が特別なバーゲン価格ではなく、下に貼り付けているように通販サイト等で探せばこのぐらいの価格で結構出てきますので、興味のある方は調べてみると掘り出し物が見つかるかもしれません。色によっても価格が結構違っていて面白いです。

では、早速OCNのSIMをSH-02EからXPERIA Z3に差し替え……は不可です。
…というのも、XPERIA Z3は「microSIM」ではなく「nanoSIM」なのでそのままでは差せません。

そういうことなので、nanoSIMをOCNのマイページ(契約者向けサイト)から追加で契約しました。
SIMフリー「YOGA TABLET2」に差すSIMの追加の時と同様で、2日で届きました。発送手配時にガラケーの電話番号にSMSでメッセージが届くのは相変わらずです。

前回と同様、追加契約してから2日でヤマト便で届きました。今回はnanoSIMですが、それ以外の梱包物は全く一緒です。
前回と同様、追加契約してから2日でヤマト便で届きました。今回はnanoSIMですが、それ以外の梱包物は全く一緒です。
左から、標準サイズのSIM(昔のFOMAの白SIM)、microSIM、nanoSIMです。別に小さい機器でも無いのに小さいnanoSIMを採用しなくても…と思います。
左から、標準サイズのSIM(昔のFOMAの白SIM)、microSIM、nanoSIMです。 別に小さい機器ではないのに小さいnanoSIMを採用しなくても…と思います。
nanoSIMの挿入方法ですが、小さなトレイを引き出してそれに小さいSIMを乗っけて……という感じで細かい作業です。挿入しようと思ってもトレイからSIMがはみ出てしまいセットし直し…を繰り返して何とか完了。
nanoSIMの挿入方法ですが、小さなトレイを引き出してそれに小さいSIMを乗っけて……という感じで細かい作業です。挿入しようと思ってもトレイからSIMがはみ出てしまいセットし直し…を繰り返して何とか完了。
APNはSPモードしか登録されていないので手動で登録してLTE通信が可能になりました。
APNはspモードしか登録されていないので、手動で登録してLTE通信が可能になりました。

で、意外にも気になっている方が多い格安SIMで「おサイフケータイ」が使えるかどうか(SH-02Eの時の記事)ですが、この「XPERIA Z3 Compact」も、「OCNモバイルONE」で問題無く使えますのでご報告します(ドコモのMVNOならおそらくどの業者でも可能だとおもいます)。

「おサイフケータイ」のアイコンを押下すると、初期設定画面が出てきます。
「おサイフケータイ」のアイコンを押下すると、初期設定画面が出てきます。
初期設定後はこのような感じで普通に移行出来ますし、普通に利用出来ます。ドコモの方でおサイフケータイのヘビーユーザーも安心して格安SIMに乗り換えられます。
初期設定後はこのような感じで普通に移行出来ますし、普通に利用出来ます。ドコモの方でおサイフケータイのヘビーユーザーも安心して格安SIMに乗り換えられます。

で、おサイフケータイの使用の可否とは関係ない話になりますが、「QUICPay」の移行の時にミスって引き継ぎ用のIDを控え忘れて引き継げなくなったという凡ミスをしてしまいました。(なので上記に入ってないです)

こういう場合どうすれば良いかというと、「コールセンターに連絡して登録用のIDとパスワードの再発行」という選択肢しか無いです。
カード会社にもよりますがJCBカードでしたらJCBのサイトに電話番号とプッシュ番号一覧が書かれています。

そこに掛けようかと思いましたが、コールセンターへの電話は長いガイダンスとかオペレータ待ちとか本人確認含めての色々なやりとりで長電話になりがちなので、電話代をケチろうとカード裏に書かれているフリーダイヤルの電話番号(ゴールドデスク)に掛けたらプッシュ操作やアナウンスなしでいきなりオペレーターに繋がりました。
「ここで良いのかな?」と思いながらも事情を説明すると、すんなりと申請用IDの再発行の手続きが完了しました。コール対応は丁寧で好感が持てますのでゴールドカード(もしくはそれ以上)をお持ちでお困りの方はゴールドデスクに掛けると良いと思います。

その後1週間経ってQUICPayの登録用IDとパスワードが郵送で届き、無事に登録が完了しました。利用も問題なく可能でした。

 

「XPERIA Z3 Compact」本体のレポートは既にネット上に沢山有ると思うので簡単に書きますが、レスポンスが良く、電池持ちもイメージに反して良かったのが驚きました。

解像度はフルHDではなく720×1280ですが、液晶サイズが小さい分密度のある引き締まった画質で不足は感じませんし、カメラの性能がスマホとしてはかなり良い(2030万画素で、CMでお馴染みだった連写機能や4Kでの動画撮影など機能も豊富)ので、良い買い物だなと思いました。

元々ドコモ端末なのでそれ関係の消せないアプリや、無効にしても表示されるアップデートエラーやテザリングの不可などがありますが仕方ないです。(端末のアップデートはドコモ経由でなくてもソニーの「PC Companion」というソフトを使ってパソコンから可能)

テザリングを有効にすると一瞬オンになった後エラーになります。テザリング目的の場合はキャリア向けでは無いSIMフリー端末が良いと思います。
テザリングを有効にすると一瞬オンになった後エラーになります。テザリング目的の場合はキャリア向けでは無いSIMフリー端末が良いと思います。
「PC Companion」という管理ソフトからUSBで端末ソフトのアップデート中。書き込み中は端末の画面は終始無表示で、アップデート進捗を示すバーも寸止めから長時間ダンマリになるので不安になりますが、無事アップデート出来ました。
「PC Companion」という管理ソフトからUSBで端末ソフトのアップデート中。書き込み中は端末の画面は終始無表示で、アップデート進捗を示すバーも寸止めから長時間ダンマリになるので不安になりますが、無事アップデート出来ました。

 

不具合もなく動作することも確認し、満足したところで最後の作業です。

nanoSIMに切り替えて不要になったmicroSIMを解約する必要があります(解約しなければ利用料が発生)。
これもOCNのマイページで追加の時同様、減らすのも簡単に行えます。

この時「SIMカードを返却して下さい」と宛先と共に出てきますが(一般のページにも記載あり)、解約のページ内には「SIMカードをご返却いただけなかったことによるご請求はございません。」と書かれています。
こんなの書いていたら「返さなくても責められないんだ」と思って送らない人が多そうですが、請求が無いからといって返さなくて良いという意味では無いので、ちゃんと返却しました。SIMは再利用されるとは思えないので、資源回収という意味なのだろうなあと思いつつ。

封筒にSIMの欠片だけ入れるのもアレなので、保管していたカードの上にテープで貼って82円切手を貼って送りました。SIMをテープでハガキに貼り付けて送っても良さそうですが、皆様はどうされているのでしょう?
封筒にSIMの欠片だけ入れるのもアレなので、保管していたカードの上にテープで貼って82円切手を貼って送りました。SIMをテープでハガキに貼り付けて送っても良さそうですが、皆様はどうされているのでしょう?

意外に長く続いている格安SIMネタは一段落しそうですが、また何か新しいネタが出たら書こうと思います。
この通信業界、何が起こるのか予想が付かないので…。

(次回:XPERIAZ3Compactに各種USB機器を接続しました)

 

<関連記事>
格安SIMでおサイフケータイが使えるか試した記事(2014/7)
OCN SIM追加&シェアの契約でSIMフリータブレットと通信した記事(2015/1)
家族の携帯を格安SIMに切り替えました。(2015/5)
「XPERIA Z3 Compact」をAndroid5.0にアップデート(2015/7)

コメントを残す