「口先番長VS」その後。

スポンサーリンク

先日からプレイし始めたスマホゲームの「口先番長VS」ですが、あれからだいぶ慣れて、結構進みました。

先日のプレイからだいぶ変貌したなあと。

先日のプレイからだいぶ変貌したなあと。

全国対戦は最下層の「燃巣帰途(モスキート)」を優勝して、その次の「風頼(フライ)」も優勝して、今は「蛮太夢(バンタム)」です。全国対戦で優勝出来るか否かは腕前よりもグループの面子で大きく左右されて、自分以外殆どプレイしていないので余裕で優勝出来る事もあれば、何万ポイントも積んでいるプレイヤーが複数人居るアツい状態で優勝はムリだったりと、グループ分けで運命が決まるような気がします。ちなみにわたしは前者で、連れの者は後者です。

 

ヒマさえ有ればプレイしていますが、今のところ無課金プレイ継続中です。
…というかアイテム類がイベントで簡単に色々手に入るなど何故か大盤振る舞いなのでこんな運用で儲かるのかなとプレイしている側が不安になります。タイトル画面で節操なく他社のゲームを宣伝しているのでそれで賄っているのかもしれません。

で、わたし個人の戦い方ですが、「9文字・濁音(半濁音)・促音(『っ』等)・極力『ん』『ー』を使わない」というセオリーがありますが、それだけだと作りにくすぎたり入力にモタつきがちで意外に点数が積めません。「イオンモール寝屋川」とか「ジュゼッペメアッツァ」はともかく「大巨獣ガッパ」なんか文字チェンジしてもそうそう作れませんし。

単語帳も充実し始めましたが、上手く作らないと苦労することも…。「大巨獣ガッパ」が最高記録のようですが、これを越えるものを発見すれば番長達から注目されるかもしれません。

単語帳も充実し始めましたが、上手く作らないと苦労することも…。「大巨獣ガッパ」が最高記録のようですが、これを越えるものを発見すれば番長達から注目されるかもしれません。

なので、わたしの登録しているものは基本的に使い回しが効くモノと、頭の文字をなるべく固めて作れるようにストックしています。
たとえば前述の「イオンモール寝屋川」で登録せず、「イオンモール」だけに留めておくと「イオンモール岡山」でも「イオンモール大牟田」でも川口でも盛岡でも岡崎でも、地名読み仮名4文字以下に限りますがお近くのイオンモールでも応用が利きます(一応、店舗一覧)。各店舗の点数を纏めた人も居る等、イオンモーラーな番長が多いので必須のテクニックとなっています。

似たようなもので「仮面ライダー」と入れれば「仮面ライダーアギト」でも「仮面ライダー二号」でも、そして「インター」と入れれば「インターネット」でも「インターンシップ」でも「インターチェンジ」も作れます。

あと、もう一つは、頭の文字をある程度固めておくことです。「イオンモール」を狙おうとしても無理なとき等に備えて「い」の付く長めの単語を何点か入れておきます。「い」でよく好まれているモノは(点数は低いですが)「いーしーしーじぇー」とか「伊能忠敬」とかがありますし、前述の「インター」だとか代替案を色々用意して入力に詰まらないようにしておきます。ただ、何でもかんでも「い」にしてしまうと困ることになるので、他の文字でも作成します(わたしは「う」や「し」や「た」が多いです)

コレに関連しますが、装備の単語帳も「る」縛りだとか「東京」縛りのモノだと先頭の文字を「る」や「と」に定めやすいので、競馬やスイーツなどのジャンルモノよりもこちらをオススメします。(東京の単語帳は「テレビ東京」や「コンラッド東京」等、後ろに付く単語もありますが、長いものが多いので破壊力があります)

 

あとは、マメにプレイしてアイテムを獲得し、金角狙いで資金集め、銀角狙いで装備を強化すれば、余裕で勝利することができますので、これから番長デビューされる方でも上を目指すことが出来ると思います。

上位の階級に進むと10万越えが当たり前になり、キツい…訳でもなく、ライフが高めだったら凌げることが多いです。入力はムリに長くして時間を取るよりは、攻撃の手を休めないように流れるように入力することが重要です。

上位の階級に進むと10万越えが当たり前になり、キツい…訳でもなく、ライフが高めだったら凌げることが多いです。入力はムリに長くして時間を取るよりは、攻撃の手を休めないように流れるように入力することが重要です。

今だに気になるのは、単語が「こんなのが通るのか」と思うモノもあれば「何でこれが通らないんだ」と思うモノもあったりと相変わらず謎判定ですが、やはり自由度が高い分楽しいです。パートナー選択画面でわたしを見かけたら夜露四苦です。

コメント