スポンサーリンク

プリングルス全プレスピーカーを使い倒し。

前回、プリングルスの応募者全員プレゼントのオリジナルスピーカーを紹介しましたが、ものすごい反響で何ヶ月も変動が無かったブログ記事のアクセスランキング(右側・スマホは下記)が2日で塗り変わってしまいました…。

で、その中で多くの方が気になっているのが「音質」のようです。
前回は公式にプリングルスの容器に入れたりマグカップに入れたりしましたが、今回はさらに補足しようとおもいます。

まず、そもそもの能力ですが、電池式(単四3本)のアンプ付きなので、モバイルスピーカーとしての実力は十分です。
少なくとも100円ショップにあるアンプの無いパッシブスピーカーよりかは遙かに音量も音質も違います。
もっとも、100均スピーカーはスマホだと内蔵のスピーカーよりも音量も音質も悪いと思いますが…。

で、それよりまともなポータブルスピーカーに目を向けるべく検索してみたら色々出てきて、似たような形では以下のように充電式でBluetoothが利用出来るスピーカー(有線も可)を1500円ぐらいで見つけました。

プリングルススピーカーは有線のみですし、電池は別売りなので機能的にはやはり市販の方が強いです。

とはいえ、プリングルスの10本分(+封書送料82円)の費用でポテチに加えてスピーカーも貰えると考えると、プリングルススピーカーのコストパフォーマンスはかなり良いと思います。
スピーカーの為にプリングルス買うのではなく、プリングルスを買ったついでにスピーカー貰おうというノリのほうが幸せになれると思います。

なお、モバイルスピーカーといえば「外に持ち出して音楽」というイメージがありますが、個人的なオススメは携帯ゲーム機への接続です。モノラルにダウンミックスされますが、それを考慮しても「こんな音が出てたんだ」と、音質のレベルアップが実感しやすいとおもいます。プリングルス容器は低音が強く出るのでゲームに最適な音質です。

「KORG M01D」だと内蔵スピーカーと明らかに違う音が出ますし、音ゲーやもちろんどんなゲームでも相性抜群です。

KORG M01D」だと内蔵スピーカーと明らかに違う音が出ますし、音ゲーやもちろんどんなゲームでも相性抜群です。

あと、会社の会議室でテレビ会議とかするとノートPC内蔵のスピーカーの音が小さくて聞き取りづらい事があり困るのですが、これを使えば音量も稼げそうです。音質もそれほど考慮する必要も無いので実用的になりそうですが、会社にプリングルス容器を持ち込む勇気は無いので試せず仕舞いです。

そこで思いついたのですが、前回のマグカップ同様、TPOに関わらず使えるような容器は無いのかなと検証してみました。

まず考えたのが3Dプリンタで良い感じのエンクロージャー(筐体)を作れば、音質も見栄えも良いのが作れるだろうと思ったのですが、機材も技術も無いので早々に却下です。どなたかチャレンジしそうな気がするのでそれを待ちたいなあと(他力本願)。

もっと手軽に出来ないかなと思って良さげな容器を見つけました。
それは何の変哲も無い500mlペットボトルで、底とプリングルスのサイズとかなり近いので、底をカッターで切り取り(下のように窪みのあるものだときれいに切ることが可能)、装着して試聴しました。

ペットボトルの底をくりぬいてセット。

ペットボトルの底をくりぬいてセット。

飲み口が丁度バスレフポートのように空いている事もあり本命だと予想しましたが、結果はハズレです。
バスレフポートもどきは穴が大きい上にストレートに通過するのか低音があまり出ませんし、蓋をした方がマシになりますが、音質はイマイチです。中身を何か入れれば改善されるかもしれませんが、そもそも座りが悪いので使いづらいです。

その他、ウェットティッシュのプラ容器や台所にあった容器などを試しましたが、音が篭もりすぎだったり剥き身と変わりない状態だったりで全てアウトです…。

…ということで結果は、プリングルスの容器(134g)が圧勝という結果になりました。
もしかしたらプリングルス容器向けに音質をチューニングしているかもしれません。「プリングルス買ってね♥」って事でしょうか。会社では使えなくなりましたが、素直に従うことにしたいとおもいます。
この容器の欠点はスピーカーを挿入するときキツイので、強く押し込んだときに手を挟みやすい事ぐらいかなあと。

個人的にはミニの61gより134gの音が良いと感じたので、175gの容器が欲しいのですが近所に無いので試せず…。
見つかったらこの記事に追記しようと思います。

(2015/4/5追記)

…ということで早々に発見しましたので1日で追記となりました。

モノは輸入プリングルスの「エクストリーム・バッファローウィング」です。
…何か子供が考えた必殺技というか、いわゆる中二病っぽい名前に惹かれてコレにしました。

左が「Pringles XTRA TANGY BUFFALO WING」です。下にも書いていますが輸入品なのでキャンペーン対象外の商品ですので注意です。

左が「Pringles XTRA TANGY BUFFALO WING」です。下にも書いていますが輸入品なのでキャンペーン対象外の商品ですので注意です。

近所のスーパーの輸入菓子コーナーにありました。お値段は税込378円とかなり値が張ります…。輸入品の宿命か、筒がややひしゃげてベコベコでした。サイズは169g(5.96オンス)で、上の写真の通り134gプリングルスより一回り大きいです。

なお、この商品は輸入品なのでスピーカーのキャンペーン対象外(無効)です。
わたしは既に手元にあるので気にしませんでしたが、スピーカー目当ての方は間違えて買ったり送らないように注意して下さい。

アメリカからの直輸入品なのでフタのデザインも日本のモノと異なります(当然キャンペーンで送っても無効)。

アメリカからの直輸入品なのでフタのデザインも日本のモノと異なります(当然キャンペーンで送っても無効)。

で、このエクストリーム何とかの肝心の味ですが、匂いがキツく、辛いモノ好きの自分でも酸っぱ辛くて苦手な味でした…。
辛さはだんだん慣れてくるものの、味付けが濃すぎます…。別の意味で辛(から)くて辛(つら)い味だなあと。

何とか平らげて空にしたところで早速スピーカーを装着して試聴しました。
すると134gのものより更に音がよく感じました。低音は強くなりましたし、もともと苦手な高音も少々マシになった気がします。

ただ、やはり音源によっては全然変わりませんし、聞き比べないと分かりにくい差でもあります(あまり耳に自信が無いので付け替えては聞き比べの繰り返し)。

少しでも良いから音を改善したい場合や、輸入プリングルスが好きでよく買っている(で、筒も必然的に手元に残る)方ぐらいしか薦められないかなあと思います。それでも購入したい場合は少なくともエクストリーム何とか味は個人的にあまりオススメ出来ないので、別のフレーバーをオススメします。

コメント

  1. pringles speaker mod で検索されるといろいろ改造例がありますよ。一例を挙げるとUSB端子で充電できるようにしたりアンプ基盤をいじったりなどがあります。
    speaker ≫ Inside Electronics
    http://www.insideelectronics.co.uk/tag/speaker/

  2. 情報ありがとうございます。
    基盤まで起こすとはものすごい本格的ですね…。