AD

ZenFone2を発売日に買いました。

今日ASUSの「ZenFone2」国内版の発売日だったので、連れの者が使っている2年前に買った「XPERIA Z」(ドコモ SO-02E)から変更しました。

「ZenFone2」は何種類かモデルがありますが、今回購入したのはZE551ML-RD32S4です。
スペックはAtom Z3580(2.33GHz/4Core)で内蔵ストレージが32GB、メモリは4GBのハイエンドモデルで、色は連れの者が指定したレッドにしました。

数日前ブラックモデルが発売延期になったので波及しないかなとヒヤヒヤしましたが、無事発売日に入手となりました。お値段は49,460円です。

Zenfone2一式(紙モノは除く)。箱は引き出す方式です。高速充電が出来る専用の充電アダプタの他に、カナル式イヤホンも付属しています。
ZenFone2一式(紙モノは除く)。箱は引き出す方式です。高速充電が出来る専用の充電アダプタの他に、カナル式イヤホンも付属しています。

早速microSIMの挿入ですが、裏蓋は凹部分から少し引き開いた隙間に爪を入れて一周すれば簡単に開きます。
SIMスロットは2つありますが、上の方に差します。(下の方は2GのSIM専用)

「SIM1」の方にmicroSIMを挿入します。「SIM2」は2G専用なので海外の通話SIMを差す程度しか使えないと思います。上にmicroSDカードのスロットもありますが、こちらは抜き差し時にクリック感が無いコネクタです。
「SIM1」の方にmicroSIMを挿入します。「SIM2」は2G専用なので海外の通話SIMを差す程度しか使えないと思います。上にmicroSDカードのスロットもありますが、こちらは抜き差し時にクリック感が無いコネクタです。

連れの者に渡す前に自分のOCNのSIM(普段YOGATablet2で使っている方)を差して起動した後にいろいろ触りました。

わたしが普段使っている「XPERIA Z3 Compact」と比較。やはり大きいです。ただ厚みはそれほど感じません。画質もフルHDなので良いです。
わたしが普段使っている「XPERIA Z3 Compact」と比較。やはり大きいです。ただ厚みはそれほど感じません。画質もフルHDなので良いです。

OCNのAPNはプリセットされているので、タップするだけで4Gでの通信が可能となりました。
連れの者のIIJmioや、他社のSIMも多くセットされているので設定は楽だと思います。

 

第一印象ですが、画面が大きいです。サイズだけで無く解像度の割に文字やアイコンが大きいので個人的にはもう少し小さくして情報量を増やせたら良いなあと(標準のホームアプリだとあまりカスタマイズ出来ない)。

それと同時に思ったのがアイコンの多さです。SIMフリー端末にもかかわらずプリインストールされているアプリが多いです。
特にASUSの独自アプリが多く、殆どアンインストールが出来ないです(無効や非表示にすることは可能)。
サードパーティー製のアプリもかなり入っていて、キャリア向けの端末と異なりシンプルさがウリの一つであるはずのSIMフリー端末なのにイマイチに感じます。

アプリてんこ盛りです。いくら格安スマホがブームとはいえ、ユーザ層にマッチしていないと思います。
アプリてんこ盛りです。いくら格安スマホがブームとはいえ、ユーザ層にマッチしていないと思います。

「格安スマホ」が一般層にも普及しつつあるという流れでは必然かもしれませんが、アプリが日本語環境向けでないものだったり、タップしたらデモ画面の後にGooglePlayに接続してインストールを促すだけのアプリも多く(もちろんアンインストール不可・非表示のみ)、「質より量」という感じで意味が無いです。唯一有用なアプリはATOK(デフォルトで有効)ぐらいかなあと。

背面のカメラは1300万画素、インカメラは500万画素で画素数が高いです。カメラの機能もシンプルで(OS標準?)絵作りも余計な味付けが無い素直な仕上がりで、個人的にはXPERIAZ3の2070万画素カメラよりも良いかと思います。
背面のカメラは1300万画素、インカメラは500万画素で画素数が高いです。カメラの機能もシンプルで(OS標準?)絵作りも余計な味付けが無い素直な仕上がりで、個人的にはXPERIAZ3の2070万画素カメラよりも良いかと思います。

「AnTuTuBenchmark」を実行したところ、結果は47158とかなりのスコアです。
3Dの場面もほぼ30fps以上(ラストの部分が27fpsまで落ちる)で、さすがASUSが「性能怪獣パフォーマンス・モンスター」と謳うだけあるなあと思いましたが、4GBRAMはやはりオーバースペックかなあと。

特にRAMとIOが良いパフォーマンスです。ちなみにわたしの持っているXPERIAZ3Compactは44922でしたが、解像度がZenFone2より狭い1280×720なので単純に比較出来ません。
特にRAMとIOが良いパフォーマンスです。ちなみにわたしの持っているXPERIAZ3Compactは44922でしたが、解像度がZenFone2より狭い1280×720なので単純に比較出来ません。

 

一通り検証&操作したので、端末をフルリセットして、連れの者のためにセットアップをしました。

SIMは自分のOCNからIIJmio(みおふぉん)に差し替えです。
前述の通り、IIJmioのAPNもプリセットされていますし、音声SIMなので通話もSMSも当然普通に使用できました。(OCNとIIJmioの通信速度比較は前回のIIJmioのレポートに追記しています)

で、通話するからには前の端末から電話帳を移し替える必要がありますが、旧端末からZenFone2にデータを転送するアプリが入っていました。旧端末である「XPERIA Z」とZenFone2のBluetoothをオンにしてウィザードに従うと普通にエクスポート出来ました。なお、アプリ内のリストにあった「XPERIA Z」は海外モデルっぽかったですが、ドコモ端末でも上手くいきました。

あとは連れの者の判断で不要なアプリをひたすら無効&非表示にしたり、LINEやChrome、夫に内緒でやっているゲームをインストールしたり環境を整えて完了です。外装が安っぽい(見た目は良いのに手触りはプラスチック)と言われたり、上下のハードキーが背面(カメラの下)だったり、端末のサイズが大きかったり(予め説明したのですが…)、非防水なのが不満(日常的にバスルームで使用)らしいですが、そこは慣れかなあと。

 

最後に、電池が少なくなったので専用の充電器でフル充電してみました。
付属しているUSBのアダプタは急速充電が可能(Atom Z3580/4GBRAMのモデルのみ)というアダプターで、メーカー曰く「39分で60%充電」を謳っています。

USBアダプタに「Output:5V2A or 9V2A」と書かれているので、対応機種を繋げた場合9Vで充電されると思います。
USBアダプタに「Output:5V2A or 9V2A」と書かれているので、対応機種を繋げた場合9Vで充電されると思います。
端末の状態を確認すると「Quick Charging(AC)」と表示されていました。
端末の状態を確認すると「Quick Charging(AC)」と表示されていました。

この専用のアダプタに付属のケーブルを端末のmicroUSB端子(カバー無しで固くて挿入しづらい)に差して充電して10分毎に進捗を確認したところ以下のようになりました。(なお、充電中は10分毎の確認以外は画面消灯し、操作も行っていません。)

充電開始時の残量:35%
10分経過:52%
20分経過:65%
30分経過:76% (「フル充電まで19分」と表示される)
40分経過:※失念
50分経過:90% (同:9分)
60分経過:93% (同:7分)
70分経過:97% (同:3分)
80分経過:99% (同:1分14秒)
83分後、充電完了。

3,000mAhのバッテリを搭載していることを考えると確かに充電は早いですが、問題はロック画面に表示される「フル充電まで○○分」の表示が詐欺とは言いませんが蕎麦屋の出前レベルで精度が低いです…。精度が低いのにフル充電に近くなると秒単位で出ますし。当初「充電開始から50分とはさすがだなあ」と思ってしまいましたが、それを30分以上オーバーです。

とはいえ、スッカラカンの状態から(フル充電でなく)実用可能なレベルにまでは上記のペースを見ると偽りは無いように思えるので、「寝る前に充電したつもりが忘れていて朝起きたら殆ど空でヤバイ」という時など、急速充電自体のメリットは大きいと思います。

 

「ZenFone2」の総評ですが、性能の割には比較的安価(少なくともNexus6を考えると)で、コストパフォーマンスが高い仕上がりだなと感じました。
とはいえまだ一般に薦めるにはもう少しソフト面やサポート面の熟成が必要だと思いました。「量より質」という意味も含めてアプリてんこ盛りなのをなんとかして欲しいなと思います。

個人的にASUSは昔からPCパーツのマザーボード(今使っている自作PCのもASUS)やモバイルのノートPCを使っていてファンのようなものですので頑張って欲しいと思います。ユーザーをよく知っている日本メーカーも重い腰を上げてSIMフリー端末をリリースし始めて競争が激しくなりつつあるので今後に期待したいです。

まだ手に入れて1日も経っていないので、他に良くも悪くも新たな発見がありそうですが、少なくとも2年以上は使えそうだなと思います。

しかし3ヶ月後……。

 

<関連記事>
XPERIA Z3 Compact(SO-02G)を格安SIMで使用(2015/3)
家族の携帯を格安SIM(IIJmio)に切り替えました(2015/5)
Zenfone2を修理に出しました。(2015/8)

コメントを残す