AD

電動のボディグルーマーを試してみました。

そろそろ夏ということで、初めてボディグルーマーを使ってみたいと思って色々トライしてみました。

「そもそも『ボディグルーマー』って何?」といいますと、足や腕の毛を短く整える器具のことです。
女性向けの電動ローラータイプの脱毛器を想像してしまいますが、あれは読んで字の如く毛を抜くものであり、ボディグルーマーは短くカットするものですので痛みはありません。
…というか連れの者が使っている脱毛器で毛を抜かれたことがありますが、痛くて数秒で断念しました。良くあんなの耐えられるもんだなあと。

ほかに短くカットするのならばカミソリという手段もありますが、ツルツルになりすぎるため違和感もあります。
あと、(わたしのように)毛が濃いタイプでカミソリを使うと数日でチクチクした状態になるので見た目にも毛質もイマイチです。

そういうこともあり程よく(2,3ミリ程度)カット出来る「ボディグルーマー」に興味を持って、ドラッグストアで売っている使い捨てのモノで手入れしました。

これがドラッグストアなどで売られている「レッグトリマー」や「すきカミソリ」と呼ばれるモノです。使い捨てのカミソリのような形で、気になる体毛を梳くようにして使用すると程よい長さになりますが……
これがドラッグストアなどで売られている「レッグトリマー」や「すきカミソリ」と呼ばれるモノです(写真のは既に販売終了)。使い捨てのカミソリのような形で、気になる体毛を梳くようにして使用すると程よい長さになりますが……

ただ、切れ味がすぐ鈍りイマイチでした。
…というか普通の毛ならコレでも十分だと思うのですが、前述の通りわたしは毛の濃いタイプで、ましてやずっと伸ばした状態だったので力不足の状態です。

なんでそこまで放置したのかと言われそうですが、毛の手入れをするのはアレかなと思い続けて暑い夏の日もずっと長ズボンだったもので…。とはいえやはりハーフパンツにしたいですし、そもそもジムではハーフパンツだもんなあと。
思い切って今回トライしたものの、これでは次やろうかと思うとダレそうです。

 

…ということで、電動タイプの「ボディグルーマー」に手を出しました。

色々なメーカーから発売されていて選択肢は意外にも多く、値段もピンからキリまでがありますが、ボディグルーミング入門者ということもあり一番安い”キリ”のものを今回試してみました。

今回チョイスしたのはフィリップスの「BG1024/16」という製品になります。

Philips「BG1024/16」です。内容品はシンプルです。クリーニングブラシがなくて欠品かと思ったらパッケージの容器の裏側にテープ留めされていました…。
Philips「BG1024/16」です。内容品はシンプルです。クリーニングブラシがなくて欠品かと思ったらパッケージの容器の裏側にテープ留めされていました…。

フィリップスのボディグルーマーとしては最も下位のもので、最下位だけあって唯一の電池式(単三1本)で、トリマーの種類も2種類(0.5mm/3mm)しか無いタイプになります。なお、最下位クラスでも防水仕様なので風呂場でも使えますし洗浄も楽です。

一つ上のグレードである充電式のBG2024と悩むところですが、電動シェーバーとは違って毎日使うようなモノでもないものに充電式というのは大袈裟でアダプタが邪魔でしょうし、しばらく経って使おうと思ったらバッテリ残量が無くて充電待ち(BG2024は8時間充電で50分使用可)というパターンになりそうですし、充電しながら使うとしてもコードのしがらみを受けそうなので、こういうモノはすぐ使える電池式の方が有利じゃないかと思いました。別売になりがちな電池が付属していることもポイントが高いです。なお、非公式ですがeneloopなどの充電池でも稼働します(やや振動が大きい気がしますが)。

欠点は、替え刃がオプションでも用意されていないので切れなくなったら買い換え(廃棄)のみとなりますが、価格を考えると仕方ないかなあと。
ここでもさりげなく光る電池式のアドバンテージとして、充電池が内蔵されている充電式より廃棄しやすい点があります。

 

…ということで早速お手入れのスタート……の前にご報告ですが、(しつこいようですが)毛が濃いビフォーの状態の写真をレポート中に掲載すると不快になる方も居られると思われますので、画像はリンクという形とさせて頂きます。
確認されたい方はご面倒でも自己責任でクリックの程宜しくお願いします。

 

まず手始めに腕の毛を整えてみました。(最初の状態)
最初から装着されているのは0.5mmのトリマーなので、これを3mmのものに付け替えます。

付け替えてからカミソリのように動かすと、毛が短く程よい状態にカットされていきました。…が、毛に逆らうように撫でるだけだと使い捨てのボディグルーマーよりかなりマシとはいえきれいにカット出来ませんので色々な方向へ撫でる必要があります(全体的に見ると一方向に見えますが、実際はそれぞれ微妙に角度が異なる)。

…ということで、3mmカットの写真がこんな感じです(これが一般的な長さだと思われるため直接掲載しています)
…ということで、3mmカットの写真がこんな感じです(これが一般的な長さだと思われるため直接掲載しています)

最初よりマシとはいえもっと短い方が良いかなと思って欲を出して、刃をブラシで掃除後0.5mmに差し替えてもう一度同じようにカットしました。
今度は毛が短いおかげか音も小気味よく順調にカットできます。

コレが0.5mmの状態。ツルツルで良いのですが、短すぎるような気も。
コレが0.5mmの状態。ツルツルで良いのですが、短すぎるような気も。

腕は満足になったところで、次は本丸である足の毛です。

足の毛は腕の毛より長くて濃いせいか腕より時間が掛かりました。刃もすぐ毛で詰まるのでブラシでマメに清掃します。
書き忘れていましたが、カットした毛だらけになるので部屋の掃除は必須です。新聞紙を敷いてその上で作業するか浴室ですることをオススメします(浴室は排水溝の掃除が面倒になるかもしれませんが…)。

で、片足はそのまま・もう片足は3mmカットしてのビフォー・アフターです(使用前と使用後)。

近くで見ると3mmでも結構長いかなと思うのですが、(やや広角の)傍目に近い写真を通してみると丁度良く感じるので3mmに決定です。

 

その後も手の届きにくい二の腕の裏や裏腿などをお手伝いして貰ったり、腹部の毛なども手入れして結局1時間以上掛かりました…。
「BG1024/16」の電池寿命はカタログスペックで45分稼働可能とのことですが、1時間以上でも(若干弱くなりますが)実用レベルでした。
普段からケアしていないとここまで大変になるのだなあと。以降はこまめにケアして楽しようと思います(早くも0.5mmでカットしたところがプチプチと伸び気味に…)。

なお、冒頭で「(脱毛器と違って)痛みはありません」と書きましたが、何度も同じ所を撫でるとヒリヒリしますし、肌の弱い方は尚更なので、処理後の肌に化粧水を塗ると良いと思います。

 

…ということで、毛の濃い方は電動のボディグルーマーは間違いなく効率が良く満足すると思います。
価格もそれほど高くないのでお試し感覚で使ってみては如何でしょうか。

コメントを残す