スポンサーリンク

【ハピ森】お店シリーズ その3

アクセス数を見る限り一応好評なお店シリーズの第3弾です。
他の案件も一応はやっているのですが、お店案件になるとテンションが上がります。

【みやび様】隠れ家的料亭

料亭は公共施設のレストランで作りましたが、今回は「隠れ家的」ということで少々雰囲気を変えてみました。

まずは隠れ家的ロケーションとして山の中をチョイスしました。

都会の中より、山の中にひっそりとの方が隠れ家的っぽいです。当然看板は無し。

都会の中より、山の中にひっそりとの方が隠れ家的っぽいです。当然看板は無し。

こういう店はレジやメニューという俗なモノは無いような気がしますし、完全予約制で座席も少ないんだろうなあと。
予約は1年待ちだとか。

中は3席カウンターです。レジやメニューというものもありません。

中は3席カウンターです。レジやメニューというものもありません。

こちらは上客用の座敷席。

こちらは上客用の座敷席。

やはり洋より和の方が作ってて楽しいような気がします。

【ふくこ様】質素な温泉宿

…ということで、和モノ連発です。「質素な温泉宿」ということですが、わたしはシンプルな作りが好きなので必然的に質素になりやすいのでピッタリな案件だなあと。

質素な場所を選んだつもりですが、逆に温泉宿としては一等地のような気が…。足湯スペースもあります。

質素な場所を選んだつもりですが、逆に温泉宿としては一等地のような気が…。足湯スペースもあります。

まず客室から。うーん。質素。テレビは小さいヤツで出来ればコイン式が良かったのですが無いのでラジオだけで。

まず客室から。うーん。質素。
テレビは小さいヤツで出来ればコイン式が良かったのですが無いのでラジオだけで。

ロビーの部分と風呂場。備品は最低限に。奥の人形はもちろん髪の毛が伸びる仕様です。

ロビーの部分と風呂場。備品は最低限に。
奥の人形はもちろん髪の毛が伸びる仕様です。

【ブルース様】マージャンの部屋

「仲間ととことん、マージャンでもしてぇな」ということで、雀荘を作りました。

しかし子供向けのゲームなのに麻雀の案件が出るとは…。でもよく考えたら任天堂はファミコン時代から麻雀ゲームをリリースしていますし、高級な麻雀牌も作っているので自然な流れかもしれません。そのうちトランプや花札も出たりして。

雀荘をイメージしました。ギチギチに詰めて二卓に。壁はタバコのヤニで黄色くなっている…訳では無いとおもいます。

雀荘をイメージしました。ギチギチに詰めて二卓に。壁はタバコのヤニで黄色くなっている…訳では無いとおもいます。

今は雀荘も禁煙だったりキレイなところが多いのに、あえて昭和の香りがする雀荘にしました。
料理もウリにしている雀荘も多いのにブルース様は「カップ麺」を指定しているのでどうしても古臭い雀荘にしないと不釣り合いだなあということで。

麻雀卓は1×1サイズで小さいです。椅子が大きく見えるぐらいなので2×2のサイズだったら見栄えしてたのになあと。

で、奥は実際の雀荘でもウリにしていることが多い個室を作りました。

「リーチ一発ツモ四暗刻ドラ6」…ってな感じでブルース様と二人打ち中。

「リーチ一発ツモ四暗刻ドラ6」…ってな感じでブルース様と二人打ち中。

関係ないですが昔「シムズ2」で猫カフェ兼ネットカフェを作って、「それは表の姿で”VIPルーム”という名の個室マージャンで日々賭け麻雀が行われていた…。(シムを操作することで実際に可能)」というブラックなネタを書く予定でしたが、「シムズ2」ネタのウケが悪くてボツ&打ち切りにしたことを思い出しました。
ブルース様はそんな悪いことをしないことを信じています。

ちなみにわたしはルールや役は分かりますが、点数計算が出来ないのでコンピュータマージャン限定です。しかもかなり弱いです…。

ちなみにわたしはルールや役は分かりますが、点数計算が出来ないのでコンピュータマージャン限定です。しかもかなり弱いです…。

…というか「”マージャンの部屋が欲しい”と言っただけなのに誰が雀荘を作れと言った?」と言われているような気がしなくも無い…。

【ビリー様】行きつけの散髪屋さん

散髪屋さんです。美容院ではありません。
美容院は公共施設の2店舗目の商店で作りましたが、今回は散髪屋です。実はわたしは美容院は一度も行ったことが無いので個人的に嬉しい案件です。

未公開ネタでしたが、公共施設2店舗目の商店で美容院を作りました。繁盛しています。

未公開ネタでしたが、公共施設2店舗目の商店で美容院を作りました。繁盛しています。

散髪屋というと小さい店ですし、やはり例のポールが無いと、らしくないなあと。

あの青と赤のポールを立てたいという欲求だけでこの案件を選んだ気がします。

あの青と赤のポールを立てたいという欲求だけでこの案件を選んだ気がします。

しかしポールだけでは無く、あの渦が動いている謎の看板があったら狂喜乱舞していただけに残念に思います。
…ってあの渦巻き看板、さすがに絶滅寸前でなかなか見かけないなあと。


↑「百聞は一見にしかず」ということで、こんなのです。(※音に注意)

中ですが、散髪屋に必須の鏡台と椅子は分かるのですが、美容院の両面の鏡台(洗い場無し)まで必須になっていて統一感が無いです。
ただ、洗い場の無い散髪屋も存在しますし(いわゆる「1000円カット」の店)、とりあえず片面利用で端っこに寄せました。

個人経営の散髪屋っぽく雑然とした感じを出してみました。

個人経営の散髪屋っぽく雑然とした感じを出してみました。

仕上げに、整然としていた店をゴチャゴチャと雑然とさせました。漫画や雑誌は山積みです。もちろん漫画は散髪屋定番のアレでしょう。レジの後ろには子供用にアメも置いています。

やはりお店系は作っていて楽しいなあと。これ以上案件があるのか不明ですが、第4弾もネタが溜まれば公開したいと思います。

さて、amiiboカードですが、さらに何パックか手に入れることが出来ました。今度は別の電気屋とおもちゃ屋(いずれも全国展開しているチェーン)で手に入りました。

通販では相変わらず定価(300円)での入手は困難ですが、マメに調べているとたまに入荷されている事が多くなりましたので、そのうち普通に手に入る日も近いんじゃないかと思います(通販サイトにリンクしたいのですが定価以上になっている店を誤って表示する恐れがあるため当初から自粛中です)。面倒でも実店舗を廻って手に入れた方が良いと思います。

今回手に入れたカード達です。個人的にしずえさんとペアにさせたかったケント君が手に入ったのは嬉しいです。リセットさんは初回特典で持っていたので重複しました…。

今回手に入れたカード達です。個人的にしずえさんとペアにさせたかったケント君が手に入ったのは嬉しいです。

例によりカード鑑定を連れの者に依頼したところ、とたけけ(DJ K.K)さんは良いんじゃないかという感じでした。SPでないキャラは「個性的な面々」とのこと。
リセットさんは初回特典で持っていたので重複してしまいました。身近にハピ森をしている人が居たら他のSPキャラとの交換を持ちかけたいところなのですが誰もおらず…。連れの者はカードを1枚も持っていなくてわたしのカードを使っていますし(汗)

カードばかり手に入れても仕方ないので、「amiiboフォン」でいろんなどうぶつに営業をして構築を始めています。
次回はSPキャラのおうちシリーズを公開したいと思います。

次回に続く

コメント