AD

iPhone7ジェットブラック届きました。

先月Appleストアで予約した、iPhone7のジェットブラックが届きました。

Appleストアから「発送しました」というSMSが届いて、翌日か翌々日届くのかなと思ったのですが4日後に届きました。結構時間掛かったなと荷物追跡サービスで確認したら、中国の上海から発送していたみたいで、産地直送なのだなあと。

海外からという割にはシンプルな包装でした。英文や通関のシールもないので国内で再パックされたのかなと。
海外からという割にはシンプルな包装でした。英文や通関のシールもないので国内で再パックされたのかなと。
底面に納品書、側面にはシリアル番号やIMEIのラベルが貼られていました。少々気になります。
底面に納品書、側面にはシリアル番号やIMEIのラベルが貼られていました。少々気になります。

iPhone7は艶消しブラックの箱に入っていました。付属品は本体とUSBアダプタ、Lightning=USBケーブル、Lightningに接続するイヤホン端子、Lightningに接続するイヤホン、数枚の簡易マニュアル、SIMの差込口を外すための金具です。付属品が豊富だなあと。特にイヤホン端子がなくなった都合でのLightning接続のイヤホン端子とLightningに接続するイヤホン付属が本モデルの特徴です。

本体と一式セット。なお、USBアダプタやイヤホンは白です。これもブラックだったら良いのになと思うのは贅沢でしょうか…。
本体と一式セット。なお、USBアダプタやイヤホンは白です。これもブラックだったら良いのになと思うのは贅沢でしょうか…。

本体ですが、本モデルで圧倒的に人気色のジェットブラックで、指紋が簡単に付くほど艶のある黒できれいだなとは思うのですが、プラスチック全開なので高級感は感じません。これが金属だったら印象は変わるのですが…。正直ガッカリしました。

もう一つガッカリしたポイントが、iPhoneSEのサイズ感を想像していたので本体が大きく感じ、今まで使っていた「XPERIA Z3 Compact」より一回り大きいです。iPhoneユーザの方には申し訳ないですが今後日本で予定されるApplePayによるIC決済がなければAndroidのままでも良かったかなあ…と。

もっと高級感があるかなと思ったら、プラスチッキーで正直ガッカリしました。とはいえ、きれいではあるので指紋が気になります。
もっと高級感があるかなと思ったら、プラスチッキーで正直ガッカリしました。とはいえ、きれいではあるので指紋が気になります。

あと、iPhone7のデザインで話題に上がるのが「総務省指定」の文字ですが、これは全く問題に感じません。
…というのも、ゴマ粒ぐらいの大きさの文字なので気にならないです。

いや、実際にはゴマ粒以下でした…。

実際にゴマ粒を置いたところ。iPhone Plusだとゴマ以上なのかどうかは不明ですが、iPhoneでは少なくとも気になるレベルではないです。
実際にゴマ粒を置いたところ。iPhone Plusだとゴマ以上なのかどうかは不明ですが、iPhoneでは少なくとも気になるレベルではないです。

外観チェックもそこそこに、セットアップを行いました。
電源を入れて指示通りにセットアップを進めていきます。

アクティベーションにはSIMが必要ということで、XPERIA Z3からSIMを抜いて差し込みました。電源入れたままでも問題無かったです。
アクティベーションにはSIMが必要ということで、XPERIA Z3からSIMを抜いて差し込みました。電源入れたままでも問題無かったです。

わたしはAndroidからなので、データの移行はどうしようかなと思っていましたが、Appleが提供している移行用のアプリが「Google Play」にあるのであらかじめ導入します。しかしこんなソフトをよくGoogle認めたなあと。iPhoneに鞍替えされてもサービスで稼ぐから問題無いのかなと。

Googleアカウントやブックマーク、アドレス帳はAndroidからのデータ移行もできます。
Googleアカウントやブックマーク、アドレス帳はAndroidからのデータ移行もできます。

 

しかし、XPERIA側で問題が発生しました……というほどではないですが、タッチパネルの上と下部分が故障で効かない(最近では設計不良との噂)ので、上の方にある「次へ>」がタッチできないという…。

しかたなく、以前購入してレポートした「USB OTGケーブル」とPC用のマウスでXPERIAを操作しました。
当時「マウスを繋げても無意味」と書きましたが、まさかこんなところで役に立つことになるとは思わず…。

一方、Android側。暗証番号を入力してペアリング後、移行したい項目を選びます。余談ですが、タッチパネル問題で苦労しているXPERIAZ3ユーザのためにも「次へ>」のボタンはもう少し下が良いです…。
一方、Android側。暗証番号を入力してペアリング後、移行したい項目を選びます。余談ですが、タッチパネル問題で苦労しているXPERIAZ3ユーザのためにも「次へ>」のボタンはもう少し下が良いです…。

移行は、Googleアカウント・ブックマーク・メッセージ(SMS)・連絡先(アドレス帳)・カメラロール(カメラ画像)と選べますが、カメラロールは3GBぐらいあったので、それを避けて移行したのですぐに完了しました。ただ、うまくペアリングされないことが多く、何度かリトライしてうまくいきました。

セットアップが完了すると、Androidで利用していたアプリも、ある程度は自動的にインストールされます。なお、単にインストールされるだけで、LINEやTwitter等はアカウントのログインやインタフェースの再設定が必要です。

…ということで、セットアップ完了です。
…ということで、セットアップ完了です。

ただ、想像はしていたのですがAndroidと操作が異なるので最初はかなり苦労しましたが、1、2日で慣れました。iOSが初心者に使いやすいと言われている理由に納得です。

唯一キーボードだけはAndroidではATOKを使っていたので慣れることが出来ず、新たに導入しました。
PCやAndroidで利用している月契約の「ATOK Passport」の対象外なので1600円の出費ですが、かなり快適になりました。フラワータッチ最高です。レビューの評価がかなり低かったので不安でしたが、特に不具合も無く快適に利用できています(パスワード入力ボックスはiOSの仕様なのか標準キーボードに変わる)。

 

他にも前面スイッチだとか、Lightningコネクタのヘッドフォンの音質とか、カメラの画質とか色々ありますが、そちらについては次回に書こうと思います。

コメントを残す