AD

2年半振りの新キーボード。

約2年半振りにキーボードを買い換えました。

モノはサンワサプライが今年(2018年)2月に発売したばかりのメカニカルキーボードです。

サンワサプライの「400-SKB057R」。赤軸テンキー無しのタイプです。
サンワサプライの「400-SKB057R」。赤軸テンキー無しのタイプです。

2年半前に「DuckyChannel」の「Shine3」というキーボードに買い換えましたが、購入して間もなくLED切れを起こして、修理してもすぐLED切れ。毎月1個LEDが切れるような状態に呆れる状態です。

モノもさることながら販売している代理店の対応も悪く、修理を依頼したとき本体と付属品を入れた化粧箱にダンボール梱包で送ったのに、修理完了で返送されたとき化粧箱の上に直接宅配伝票を貼り付けられてました…。
あまりにも雑なアフター対応に呆れてしまい、ここの代理店が扱っているPCパーツは二度と買わないことを誓いました…。

「DuckyChannel Shine3」。Cherryの赤軸ですし、ベースが白色LEDかつスペースキー部分はフルカラーLED搭載で購入当初は気に入りましたが、その白色LEDの不良率が高すぎです…。光らなくなった場所が多く不格好です。
「DuckyChannel Shine3」。Cherryの赤軸ですし、ベースが白色LEDかつスペースキー部分はフルカラーLED搭載で購入当初は気に入りましたが、その白色LEDの不良率が高すぎです…。光らなくなった場所が多く不格好です。

打鍵感は良かったのですが、使っていてずっとイヤな気分だったので新しいキーボードが出たら買い換えようと思ってました。

気になるキーボードは何点かありましたが、個人的に一番望んでる白色バックライトのキーボードがあまり存在せず、大抵ゲーミング仕様な原色の赤や緑バックライトですし、フルカラーRGBのキーボードは高価ですし、またLED切れ起こしたらなあ…と。

そして約2年半経って気になるキーボードがやっと出たと思いました。それが今回のサンワサプライの「400-SKB057R」です。
わたしが望んでいた白色バックライトです。Cherry製では無いのですが赤軸・青軸採用で、テンキーの有無も選べて好印象です。もちろん赤軸のテンキーレスをチョイス。

無地ダンボールのシンプルなパッケージ。ハイエンドなキーボードは凝ったパッケージが多い中むしろ新鮮だなあと。しかも薄く小さい印象です。
無地ダンボールのシンプルなパッケージ。ハイエンドなキーボードは凝ったパッケージが多い中むしろ新鮮だなあと。しかも薄く小さい印象です。
中身もシンプルで本体とUSBケーブル・説明書のみです。
中身もシンプルで本体とUSBケーブル・説明書のみです。

一つ引っかかるのがサンワサプライというメーカーで、学生の頃にサンワサプライ製のゲームパッドやマウスが安いと思って買ったのですが、すぐに壊れるなど、失礼ながら安かろう悪かろうのメーカーという印象です。
ワゴンセールの常連ですし、無難なサプライ品でもサンワサプライは避けてエレコムやバッファローを選びますし…。

ただ、サンワサプライのWebサイトのこのキーボードの製品紹介のページが妙に気合いが入っていて、ムービーで打鍵音やLEDの配色などの紹介をしているのはもちろん、中でもCherry軸との比較を書いているところがキーボードに拘っている人向けだなあと感心したので買ってみようと思いました。お値段も比較的安く、テンキー無しで9980円でした。

キーは通常のキーボードよりストロークが浅い設計となっていて、それがウリでもあります。キートップも特殊な形で、ノートPCのキーのように軸の上に薄いキートップが乗っているような形状です。

今回のキーボード(左)と通常のキーボード(右)との比較。通常のキーボードより薄く軸が見えるなど、形状も異なることが分かります。天面の材質はアルミでコンパクトながらも打鍵の安定感があります。なお、底面はプラです。
今回のキーボード(左)と通常のキーボード(右)との比較。通常のキーボードより薄く軸が見えるなど、形状も異なることが分かります。天面の材質はアルミでコンパクトながらも打鍵の安定感があります。なお、底面はプラです。
今回のキーボード(下)の底面はシンプルで、機器のラベルと傾斜用の足のみです。ケーブルは着脱可で、キーボード側はMicroUSBです。ケーブル取り回し用のスペースが無くプラグむき出しなのがやや不格好です。
今回のキーボード(下)の底面はシンプルで、機器のラベルと傾斜用の足のみです。ケーブルは着脱可で、キーボード側はMicroUSBです。ケーブル取り回し用のスペースが無くプラグむき出しなのがやや不格好です。

キートップはマットでしっとりした感触で、上面がアルミでストロークの浅さも相まって独特のタッチ感が味わえます。

キートップは艶消しでしっとりした感触です。かな文字が目立ちます。
キートップは艶消しでしっとりした感触です。かな文字が目立ちます。

Cherryの赤軸と異なりこちらの赤軸は押下したときはメンブレンの感触にも似ている感じがしますが、それよりかは軽いタッチで入力出来ますし、跳ね返りはメカニカルという印象です。ただ、メンブレンのキーボードしか体感したこと無い人にとっては新鮮味が薄いかもしれません。

「いかにもメカニカルキーボード」というフィーリングが良いならば青軸タイプの方が良いと思いますが、クリック感がある分音が大きいと思われます。
Cherryの青軸とどう違うんだろうと気になるので店頭の展示品とかで試したいのですが、このキーボードはWeb通販限定モデルなのだとか…。

打鍵音もストロークが浅いのか小気味よく打鍵できるので個人的にはゲーミングよりもモノ書きで使う感じが良いと思います。
白色バックライトですし、是非とも仕事場に持ち込みたいキーボードだなあと感じました。

ゲーミング用途独特の機能はほぼ皆無に等しく、マクロキーやキーリピートの変更や、Winキーを無効にするなどのカスタマイズは不可です。

そもそもかな文字のキートップがゲーミングって雰囲気でも無いですし、キートップもWinやアプリケーションキー、このキーボードの設定変更で用いる「Fnキー」のサイズが大きく、ゲームをプレイしているとき左Altを押そうとしてWinキーを押してしまうなど、よく間違って押下してしまいます。
前述の通りWinキーはゲーミングでは不要なキーなので、余分な横幅をCtrlキーやAltキーの横幅にして欲しかったぐらいです。なお、スペースキーのサイズは不満がありません。

一応のゲーミングっぽい機能としては、バックライトの光るパターンを変更する機能も搭載しています。光ればゲーミングキーボードってのも安直な気がしますが…。

ゲーミングキーボード定番のウェーブするパターン。(今回のキーボードは下)
ゲーミングキーボード定番のウェーブするパターン。(今回のキーボードは下)

詳細はサンワサプライの紹介ページを確認すると早いですが、「DuckyChannel Shine3」のパターンとほぼ同一です。異なるのはウェーブのパターンを「Fnキー」と方向キーの組合わせで上下左右変更できるぐらいです。…正直どうでもいい気がしますが(汗)

 

前述のキーのサイズ配分がイマイチなこともあり、バリバリのゲーミング用途ならば他をあたった方が良いかなという印象ですが、キーボード自体の印象は良好です。わたしのプレイしているゲームはライトなゲーム(相変わらずマビノギ)ですし、メインはブログ書き等のモノ書きなので、その場合でしたら十分です。

比較的安価でややコンパクトですし、メカニカルキーボード入門としても良いかなと思います。

個人的にはLEDの寿命が気になるところですが、そちらについてはトピックがありましたら追ってレポートしようかなと思います。壊れた場合のアフター対応も含めて…。もし何も無かったら平穏にこのキーボードを使い続けているのだろうということで…。

コメントを残す