ドラゴンクエストビルダーズ2をプレイしました。

前作の「ドラゴンクエストビルダーズ」を発売日に買って早々にプラチナトロフィーを取ったりやりこんだりしましたが、ストーリーも物作りもなんか物足りない印象だったので、2年前ぐらいから発表されていた続編を心待ちにしていました。

ドラゴンクエストビルダーズ2」(以下DQB2) 2018年12月20日発売で、PS4版とSwitch版がありますが、プレイしたのはPS4版です。ロゴの「T」が剣から木づちになってるのがいい感じです。

今回のストーリーですが、DQ2ベースです。前作のようなifストーリーではなく、後日談になります。
サブタイトルの通りシドーが登場し、記憶喪失の状態でからっぽ島(プレーヤーの拠点となる島)で出会う事になります。そこからはパートナーとしてストーリーが進んでいきます。

DQ2ではシドーがラスボスなのですが、敵や味方という概念も無く破壊のみという破壊神という設定なので、言葉も無く戦闘になるという正直印象が薄い敵キャラです(そのひとつ前で戦うハーゴンが実質的な敵という立ち位置)。
ただ、そういう薄いキャラだったからこそ今作で色を付けることが出来たんじゃないかなと思いました。

主人公とルルという少女が、ある船で護送されている最中に船が難破し、シドーが居る「からっぽ島」に辿り着いてからものづくりが始まります。

前作のDQB1は、4章立てでアレフガルドの4都市を復興していくストーリー(最終章では復興に加え竜王も倒す)でしたが、今作は明確な章立てはなく、各種パーツや素材は最初持ち込めませんが、クリアすれば一部の持ち込みと持ち出し自由になりました。
また、フリービルドモードは前述の通り「からっぽ島」に相当する事になり、このからっぽ島でもストーリーに関わってくるため、完全自由ではなくクエストをこなす必要があります。素材を集めるための島は「そざい島」という所から集めることが出来ます。前述の通りストーリーで出てくる島から持ち込み可能ですが、削りすぎると枯渇したり復旧が困難になるため、毎回再生成される「そざい島」が推奨です。

ストーリーでは一部DQ2の都市の名前が出ている所もありますが基本はオリジナルのマップで、ハーゴン教団が闊歩しているという設定ではあるものの、DQ2との関連性は比較的薄いです。前作はDQ1をプレイした方がよりストーリーが楽しめましたが、今作は未プレイでも問題ないかなと(もちろん推奨ではありますが)。わたしはDQ2はプレイしていますが記憶が鮮明ではないですし。ロンダルキアもそれ程苦労した記憶無いなあ…。

関連性が薄いのはストーリー上理由があるのですが、システム的にはビルドするためのチュートリアルという側面もあったりします。

…とはいえ、ストーリー自体は若干重い内容ながらも厚みがありましたし面白かったです。
ただ、戦闘が簡単な前作よりもさらに難易度が落ちた気がします。
わたしはアクションゲームは苦手ですが戦闘は連打すれば勝てます。前回は一部で繊細な操作が必要でしたがそういうのもないですし。あと、シューティングゲームっぽい要素もあったりとイロモノに変わった気がしますが、ビルドがメインのゲームなので、こんなもんでもいいかなと思います。

唯一、DQ2の地名が出てくる島「ムーンブルク」。DQ2のストーリーでは冒頭でムーンブルクが焼き払われますが、ここでは…。
魔物はフレンドリーな雰囲気のタイプが多く、親しみが持てます。DQ2以外の魔物も多数出てきますが、一部ストーリー上ではDQ2で登場する魔物で統一している場面もあってこだわりを感じます。

前作でプレイした経験者でも、今回大幅に操作が増加しており、農業の機能がアップしたり、乗り物も多く、ビルド系のツールも充実してチュートリアルは欠かせないです。……というかコントローラのボタンが限られている中で操作が非常にややこしくなって入力ミスが多発して、楽にパーツを並べたりリフォームする機能(リフォームコテ)で操作ミスして却って修復が面倒になってしまったり。キーコンフィグも柔軟では無いですし。PS4だとキツいですがタッチパネル操作もできるSwitchだと操作感はどうなのだろう…。

ブロックを何千個も使う設計図も多いです。とはいえ、今作はNPCが作成を手伝ってくれる場面が多いので、プレイヤーが置く必要は無いです。

ビルドの機能は大幅にバージョンアップしていますが、NPCが前作と相変わらず動きがイマイチで、パーティーを組んで敵と戦っても加勢してくれなかったり(特に水中の場合)、食料の皿をいっぱい置いても特定の皿に行列を作ったり、土を耕してくれなかったり、果ては壁の中や空中を歩いて身動きが取れなくなったり(これは鐘を鳴らしたり住民名簿で引越操作させて復帰可)とか、作り込むとからっぽ島でも小さく感じたりとか(拠点から離れるとモンスターが多い上、起伏が激しく大規模な整地必須など)、難は多いです。明らかなバグは少しずつ修正されているので今後も期待ですし、DLCも4~5月頃にかけて配信されるので楽しみです。

さて、肝心のわたしの作品ですが……今散らかっているので少々お待ちください(汗)
オンラインモードで写真を公開しているのでその事についても次回触れようかなと思います。
プラチナトロフィーもあともう一息なので頑張らないとなあ…。

コメントを残す