スポンサーリンク

タブレットPCのSSD交換。

2年前にPCパーツ系のショップで買ったタブレットPCが壊れました。

モノは「ドスパラ」で販売されていた「Diginnos DGM-S12Y」です。(写真は購入当時のもの)

このタブレットPCですが、キーボード付きカバーとペンも付属していて5万円と安く、CPUは「Core m3-6Y30」ながらも性能も悪くなかったので持ち運んでブックリーダー代わりに使ったり、旅行先で軽いゲームをプレイしたり、液晶の発色も悪くなく筆圧検知も付いているので「CLIP STUDIO」も導入して連れの者のお絵描きマシンになってそこそこ活躍していましたので残念だなあ…と。

連れの者曰く使っている時に突然OSが落ちて立ち上がらなくなったとのことで、電源を立ち上げても強制的にBIOSに移動します。BIOSのメニューを見てみると、「0.0GB」で認識しているため完全にSSDがダメになったようです。使用頻度は高くないのに2年でSSDが壊れるのは短命だなあと。

容量が「0.0GB」と完全に死んでいます。

買い換えようかなと思いましたが、この機種(DGM-S12Y)は既に販売を終了しており、実質の後継機として「raytrektab(DG-D10IWP)」が販売されていますが、本体価格が7万円と高くなっていますし、キーボードも別売りになって大幅退化しています。これだったらUMPCだとかSurfaceGoのセットを買った方が幸せになれる気がしますし。

とりあえず中身が気になったので分解してみることにしました。

<警告>
本記事を参考にしての分解や改変をされる場合は自己責任でお願いします。破損や不具合などトラブルが発生した場合でも当方は一切責任を負いません。

ネットで検索してもこのタブレットを分解して開けたというレポートは無く、内蔵部品とかフレキシブルケーブルとか誤って壊さずに分解できるのか不安でしたが、どうせ壊れて使い物になりませんし「人柱」ということで。

タブレットPCなので密度が高く、ネジ穴は一切ありません。最近のスマホと同じく、外装と液晶の隙間から開くしか選択肢は無いと思って、隙間を広げて開腹しました。

前面上部のカメラ部分の近くに足掛りになる小さな凹みが2つありましたのでここから丁寧に広げていきました。

開ける際に少々抵抗が有りましたが、思い切ってガバッと開けると、一個部品が飛び出したものの、裏蓋を剥がすことに成功しました。

たぶん本邦初公開の「DGM-S12Y」内部。
赤枠で囲んでいるものがSSDです。

唯一「飛び出した部品」というのは電源とボリュームボタンのプラ部品で、基板上のマイクロスイッチに挟み込むものです。付け直せば問題無いものですが、マスキングテープで固定されていました…。

スイッチ部のプラパーツ(撮影の為定位置から離しています)。
マスキングテープ貼りの上、色褪せていて手でちぎった感じがさらに哀愁を漂わせます(汗)
蓋を開けたまま電源を押して起動もできました。

基板を見ると、M.2接続されたSSDだけ唯一交換可能な作りでした。
マザーボード直付けだろうと思ってたので意外でしたが、壊れやすいので修理しやすいようにしているのかなあと。

SSDはKingstonの「RBU-SNS8152S3/64GG2」(64GB)でした。
M.2接続のSATAタイプのSSDです。

M.2接続のSSDはモバイルタイプはもちろん、デスクトップPCでも主流になりつつあるので入手性は容易です。
試しに差し替えてみようと早速SATAタイプのM.2SSDを購入しました。

「Silicon Power」というメーカーの120GB SATA M.2 SSD。2980円で購入。

お試しなので元々と同じく64GBで良かったのですがそれほど安くはなく、しかもNVMeの方が安い場合もありましたが、BIOSのメニューは「Serial ATA」とありましたのでNVMeは使えないかと。基板サイズは短いタイプがありましたが標準の2280(幅80mm)にしました。

新SSDさえ調達したら付け替えるだけ…と思いましたが、固定しているネジが妙に固く、しかもネジ穴が小さいので回りませんでした…無理に回すと穴が潰れてしまうのでペンチで強引に回しました。かなり乱暴ですが仕方ないです。

かなり強引なネジ回し。手元が狂うと他の部品を傷つけますので注意…というかマネしない方が無難です。
取り外し完了。ここまで固くしなくてもなあ…と。液晶があるので下手に力を入れると破損する恐れがあります。

なんとか外したところ、スペーサー用の穴が複数あるのに気づきましたが、スペーサーは固定で付け替えることが出来ず、2280のみ対応という事になります。小容量だと短い基板も多いのですが、その場合ネジで固定できない事になります。 もし短いSSDを買ってしまったらボタンのプラ部品みたいにマステで貼り付けますか…。

あとは差し替えるだけ。チェックのため蓋を開けたまま起動しました。新SSDは基板にもLEDがあります。

付け替えた後で気づいたのですが、パソコンが電源オフでも、回路的に電気が通っている状態と思われるのでバッテリーを外すべきかなと思いましたが、 外すのが難しそうですし交換の際に特に問題はありませんでした。

ドキドキのBIOS画面で新SSD認識を確認。容量も元のSSDより倍増です。
ソフト上(Win10のセットアップディスク)でもフル容量認識しました。

これであとはOSをリストアしたら復旧完了……と言いたいところですが、元のSSD上にリカバリ領域があるのですが、それが破損したのでリカバリする術はありません。

一応事前にリカバリ用領域をバックアップして保存していればそれを新SSDに戻してリストアは可能ですが、バックアップしていませんでした。「やっとけば良かった…」と思っても後の祭りです。
なお、このPCに限らず、メーカー製の家庭用向けPCでもリカバリディスクが付属しておらずDVD-RやUSBメモリを用意してセルフでリカバリCDや作成するユーティリティが存在します。

パーティションを消してしまった場合のリカバリ領域の復旧は有償かつ輸送修理扱いになるとマニュアルに記載されており、その通りであれば「新しいPC買おう」と思うぐらい費用が高いでしょうし、分解してSSDを付け替えたので受付拒否されると思います。仮に拒否されなくても、元のSSDに付け替えられて修理費も増加すると思われます。DIYユーザの多いPCパーツショップだし大目に見て欲しいというのは贅沢でしょうか(汗)

…ということで、最後の手段としては、Windowsのメディアを用意してOSを手動でセットアップする方法ぐらいです。
以前(Windows8.1まで?)はメディアとパソコン本体に貼られている「COAラベル」に書かれているキーでセットアップをしていくのですが、このタブレットにそのラベルが存在しませんでした。
調べてみるとWindows10のプリインストールPCはCOAラベルが無く、キーはデバイスに紐付けされている形に変更されているとのこと。

それが正しかったらマイクロソフトが公開しているWindows10のISOイメージからインストールしてライセンス認証すれば復活するかも…と思ってセットアップしてみました。確かにプロダクトキーの入力もエディションの選択も無く進みました。最近の仕組みはすごいなあと。

なんかいけそうな予感。

そしてセットアップ完了後、無事にデスクトップ画面が立ち上がりましたが……。

不明なドライバだらけでLANすら接続できません…。

まともに使える状態では無いです。いちおうキーボードも接続して使えますし、タッチパッドの反応もしますが、LANすら繋げられないのは致命的です。

ドライバが公開されていれば解決なのですが、ドスパラのドライバ公開ページに「DGM-S12Y」用ドライバは一切公開されていませんでした。リカバリ領域からの復旧をすればドライバを公開する必要が無いという認識なのかなと。

…ということで完全復活は失敗に終わりましたが、良いところまで進みました。Linuxを入れたり色々やってみようかなと。飽きたらSSDを別のノートPCに移植しようと思います。

完全に趣味の世界でしたが、同じタブレットPCを使っていてSSDが壊れた場合にリペア魂を継承してくれる方への参考として今回のネタを書きました。まだSSDが元気なうちにリカバリディスクを作っておきましょう…。

コメント

  1. test より:

    ドライバーはインテルのサイトからドライバーアップデードできればはいるかもしれません USB-LANコンバータを用意してネットワークつなげばなんとかなるかもしれませんね

  2. らもやん より:

    参考にして分解→SSD交換をしました
    128GBから240GBです

    搭載しているSSDですが
    64GBと128GBでコントローラーが違うようですね
    同じキングストン製ですがコントローラーはMarvell製でした

  3. Uzla より:

    交換成功おめでとうございます。
    240GBだとかなり余裕が生まれますね。

    SSDのコントローラーはロットによっても違うのかもしれませんね。
    PHISONのは一昔前は評判イマイチでしたし…。

  4. らもやん より:

    確かにPHISONは評判結構悪いですね(パフォーマンスしかり)

    容量的に何GB、1TBいけるのかは気になりますね
    ちなみに当方は、WD BlueのSSDを使いました

    ちなみに、回復メディアをつくり復旧を試みましたがWindows10の回復メディアのバグかわかりませんがメディアに手を加えないと復旧できませんでしたね、、、