スポンサーリンク

台所の蛍光灯をLED化。

白熱電球はすでにLEDタイプに代替が進んで安く買えるようになりましたが、蛍光灯タイプのLEDはそれほど普及していません。
数年ぐらい前に「蛍光灯型LEDで火災が発生した」というニュースをテレビでよく見かけていて、家電量販店の店員のインタビューも含めて「素人は取り付けたらダメ」って結論づけられていました。その印象もあってか蛍光灯タイプのLEDは一般的でないイメージがあります。

ただウチで唯一の蛍光灯を使用している流し台の蛍光灯が最近になって寿命でちらつき始めましたし、グローランプ(点灯管)も寿命なのか点灯が遅いです。
今更蛍光灯とグローランプを交換するのもなあ…と思って、物は試しと蛍光灯型LEDを購入しました。

どこの家庭にもある流し台の蛍光灯。ウチにあるのは結構年季が入っています。
そうそう壊れるものじゃないからなあ…。

通販で注文したのですが、賞状やカレンダーのような筒状の梱包で届きました。
15W型のタイプで1080円でした。昔はもっと高かった気が。

蛍光灯も筒状の梱包なのか…と。外装は固いですし、本体は樹脂製なので破損の心配はなさそうです。
15W型ですが消費電力は7Wなので約半分になります。動作電圧AC85~250Vってかなり許容範囲が広いなあと。
上部はアルミの放熱板となっており、取り付け方法のラベルが貼られていました。

取り付け方はいたって簡単で、グローランプ(点灯管)を外してから蛍光灯を取り換えるだけです。なお、グローランプを外さないと故障しますので注意です。

あと、ラピットスタート方式やインバーター方式の機器には絶対に接続してはいけません
流し台のライトにラピットスタートのモノはあまり聞いたことないですが、インバーターのものはまれに存在します。…ということで、どの方式のランプか分からない方はLED蛍光灯に変えない方が無難です。

ここが「蛍光灯型LEDは一般的でない」理由です。
LEDランプが壊れるだけならまだしも、電灯本体の部品(安定器など)が故障したり火を噴いたりしてもおかしくありませんので…。

警告
本記事を参考にしての交換を実施される場合は自己責任でお願いします。
破損や不具合、焼損などのトラブルが発生した場合でも当方は一切責任を負いません。

交換については前述通りそのままですが、時系列で紹介します。

現状の状態。左側がグローランプ、右側が蛍光灯。蛍光灯はNECライティング製。余談ですが去年(2019年)「ホタルクス」という社名に変わりました。
グローランプと蛍光灯を外したところ。本体は結構古ぼけています。賃貸じゃなかったらLED式の本体に交換したかったです。ホームセンターで二千円ぐらいからありますし。
あとはLEDランプを付けるだけ。上部はプラスチックで覆われていますので普通の蛍光灯と違って向きがあります。

グローランプを外す点だけ注意すれば1分で完了するとおもいます。

そしてちゃんと点くかなと紐を引っ張って電源オンすると、一瞬で点灯しました。やはりLEDはいいなあと思える瞬間です。

交換ビフォーアフターの比較動画を撮ってみましたので、ご参考にしてみてください。
※少々音が出ますので注意してください

動画ではLEDもじんわり点灯しているように見えますが、カメラの問題のためで、実際は瞬間的に明るくなります。色味も広がりも蛍光灯から変えても違和感がなく自然でした。一昔前のLED電球は刺激的な色味と直線的な光が多かったので進歩しているなあと。

感覚だけの感想もアレなので、蛍光灯とLEDとで照度を計測してみました。

蛍光灯は流し直下で398ルクスでした。
LEDだと同一条件で766ルクスと大幅にアップしています。今気づきましたがスマホの光の映り込みも少ないなあと。

消費電力は前述のとおり15W→7Wと約半分減少して経済的……と言いたいところですが、電灯本体の安定器はそのままのため少々ロスがあると思われるのであまり省電力にはならないかなと。まあ、稼働率が低い電灯なのであまり気にはならないですし、炊事作業の場なので明るくなることのメリットが大きいです。

あとは、例のごとく寿命がどのくらいになるのかという点ですが、何かあれば追記しようかと思います。…って前のLEDネタも同じこと書いた気が(そっちはまだ無事)。
LEDってモノによってはすぐ点かなくなることがあるので油断できないものです。

コメント