コロナウイルスワクチンを接種しました。(2回目)

スポンサーリンク

1回目の職域接種から4週間経ちましたので2回目の接種をしました。

1回目接種後の副反応は熱は出ませんでしたが、2回目は副反応が強いらしいので少々不安でした。

以下、接種を検討されている方等のご参考のために主に当方が経験した内容について記載しております。(2021年8月現在)
ワクチンに関する情報は日々更新されているうえ、医療情報等の正確性につきましては責任を負いかねます。

最新の情報や不明な点がある場合は主治医や、国や市町村が開設しているWebサイトや窓口にご確認をお願いいたします。

職域なので前回同様職場での接種となりましたがすぐに終わりました。
受付から問診、接種まで1回目は大行列で30分以上掛かりましたが、今回は5分程度。2回目なので1回目と同じ人数になるはずなのですが練度というかノウハウが上がったでしょうか。接種時の針の痛みは今回も「本当に打ったの?」状態で全く無しでした。

職域接種でも市町村から送られるワクチン接種券は必要で、1回目の接種の当時は送付されていなかったので今回持参しました。1回目の問診票と今回の問診票に接種券を貼り付けられ、接種済証に前回と今回のワクチンのロット番号のシールが貼り付けられて返却されました。

ワクチン券の右端欄にある予防接種済証。

接種済証は一応財布の中に保管しています。でも元々がシール台紙なのでそのうち剥がれたり劣化するだろうなと思ってクリアファイルを証明書サイズにカットして保護。まともな証明済証が欲しいのですがワクチンパスポートは海外渡航予定がないと発行できません。そもそも使うような場面が無ければ良いのですが…。
そういえば2回目接種が終わった際、ワクチン券の「予診のみ」の部分が余ると思いますが、ワクチンパスポート申請の際に必要なので発行予定のある方は破棄しないほうが良いと思います(破棄してもマイナンバーカード等があれば問題ないそうです)。

さて、気になる副反応ですが、当日は車で移動しましたが移動中は特に問題なし。
ただ、接種6時間後に早くも腕が痛み始めフラフラになりました。手の平や足の裏も熱を持って張った感じがします。とりあえず寝た方が良いなと早めの就寝。

そして接種翌日(接種1日後)の朝、体が重く明らかに発熱した感じでしたので検温したところ37.8度。朝は35度台が多いので個人的には結構高めです。

一応仕事を休むことは予告もしていたので休もうかと思いましたが、こういう時に限って外せない仕事が発生したので強行となりました…。在宅ワークなので何とかなるだろうしどうしてもダメだったら休もうと思いましたが、結局就業時間まで仕事。仕事量自体は大したことないので休み休みで何とかなりました。
解熱剤を飲んで熱は抑えられましたが体のだるさや、たまに来る体のピリピリ感は抑えられないというかそっちの方が苦痛です。夜もそのまま苦しい状態が続きましたが発熱はピークアウトして36度台の平熱に戻りました。スマートバンドのSpO2測定機能で定期的に測ったところ93~96%の状態でしたので苦しいはずだなあと。なお、食欲は問題なく普通に食べられました。

そしてその翌日(接種2日後)ですが、腕の痛み以外は嘘のようになくなり、だるさも皆無でした。本当の体調不良ではなく副反応なのでだるさが残らないのかな?と。腕の痛み自体も前日よりマシになり、前日は張ってあまり動かしたくない状態でしたが余裕で動かせる状態に。1回目接種の時よりもピークアウトが早い印象です。さらに翌日(接種3日後)は腕の痛みはなく軽い温かみを帯びているのみです。

そして1回目の時に発生したモデルナアームと思われる現象は今回は発生せず、接種部位の発熱も痒みも全く無しでした。わたしの場合は当日と翌日の副反応は激しかった分、一気にピークアウトした感じとなりました。

これでワクチン接種は無事完了となりましたが、コロナウイルス変異種への対応やワクチン効果の持続性については今のところ未知数です。インフルエンザのワクチンみたいに定期接種とかになるのかなあと。

コメント