「Farming Simulator19」プラチナトロフィー達成。

長々とプレイ&レポしてきた「Farming Simulator19」ですが、牛の飼育が終わってやっとプラチナトロフィーを獲得しました。

プラチナトロフィー「仕上げ職人」。何かの直訳なのか微妙な名前ですが…。
獲得率は0.6%(19/5/11現在)と文句なしの「超レア」です。

淡々とこなしていけばそれほど難しくないトロフィーだと思いますが、その「淡々とこなす」終始地味な作業感が続いてキツいからかなと思います。今更ながら人を選ぶシミュレーションゲームだと思います。

これがプラチナ達成した時点の各種情報。注目したいのがプレイ時間285時間49分。あと、使った肥料が10512178リットルと一見バグったようなとんでもない使用量に…。

単にトロフィー取るだけならもっと時間を短縮することも可能なのですが、一応経営シムでもあるので作物を作りながら家畜を育成してお金も稼ぐという自然体のプレイは最後まで貫きました。 まあ、林業はもう少しマジメにやればよかったかなという後悔はありますが…。 日本メーカーがシリーズ初参戦したコマツのハーベスター使いたかったですし。

最後ということで牛の飼育について書こうと思います。

続きを読む

「Farming Simulator19」牧場経営編。

前回のレポから1ヶ月ぐらい経ちましたが、この間も相変わらずプレイしていました。
シミュレーションゲームってやりこむとキリの良いところを見つけるのが難しいのでズルズル続けてしまいがちだなあと。

プレイ時間が現時点で217時間以上…。プラチナ獲得はもちろんモンスターや鍛冶コンプなどかなりやりこんだドラクエ11よりも遙かに時間が経ってました…。

トロフィーの中でも「1000万ドル稼ぐ」というものが結構キツくて、ずっと作物を作っては相場を見て安かったらサイロに貯めて高くなったら一気に売るということを延々繰り返してなんとか達成しました。
トラクターなどはずっと使っていると馬力が落ちると解説にあったのですが、たしかに坂道だとすごいスピードダウンします。ただ、耕作中の場合はそれほど気にならないレベルなので買い換えるのもケチって頑張りました。

1000万ドル達成の瞬間。日本円で現在(2019年4月)のレート約11億円…。「儲かる仕事」というより農家は大変だと身に染みます。なお、作物は大豆とキャノーラ、たまにオート麦の3点に絞ってました。

農場でのお金稼ぎだけでは飽きてしまいそうだったので、家畜をいろいろと育ててみました。
家畜は鶏、豚、羊、牛、馬の5種類あり、ついに牧場経営デビューです。

「牧場」。そこはかとなく、ほのぼの・のどかな響きですが、経営は甘くは無かったのです。

続きを読む

「Farming Simulator19」序盤プレイ編。

初期レポから少し間が空きましたが、 PS4版の「ファーミングシミュレーター19」のさわりの部分についていろいろ感じたことも含めつつガイドといえば僭越ですが、進め方の参考になればと。

ファーミングシミュレーター19のPS4版。前回書いたとおりSteamにあるPC版の移植ですが、ぱっと見の画質は良いものの、かなり近寄らないと一部オブジェクトが簡略化されますし光源も不自然です。あと、ヘルプの文字が切れていたりUIも見づらかったですが、先日のバージョンアップで少々マシになりました。今後も期待だなあと。

まずソフトを買ってから真っ先にやるべきがチュートリアルで、説明書(というかヘルプ)の内容があまりにも薄いのでコレをやらないとまず操作できないと思います。その後で「キャリアモード」から「ラベンポート」というアメリカをモデルにしたマップを選んで初級プレイです。

続きを読む

「Farming Simulator19」をプレイ。

最近久々にシミュレーションゲームをプレイしたいなと思い、気になっていたPS4版の「ファーミングシミュレーター19」というゲームに手を出しました。シリーズは過去から出ていますが、今作デビューです。

ファーミングシミュレーター19」のPS4版。今年(2019年)2月に発売されましたが、PC版も「Steam」で前年に発売されています。

そのタイトルの通り、農場で小麦や大豆などの作物を作って経営していくというゲームで、農作の他にも馬や牛を飼って畜産することも出来ますし、木を切り倒して木材として売る林業もできたり農業体験が豊富です。

農場経営っていうと「牧場物語」とかが有名ですが、「ほのぼの」とか「ふれあい」とかのユルいイメージではなく、公式サイトを見れば伝わると思いますが、リアル志向の本当の意味で「泥臭い」感じです。しかも公式サイトは、動画と画像だけで説明文が一切無い珍しいタイプです。「見て感じろ」ということでしょうか…。

加えて、ストーリーやクエストも存在せず、この手のゲームにありがちな出会いとか恋愛、ライバルとの対決とか一切無く、ただストイックに農場を経営していくというスタンスです(一応オンラインマルチプレイは可能)。

とりあえずキャラ作成。名前はPSNの名前固定ですし、姿も男女混合で数種類とあまり自由に変えられません。帽子だけは何故か膨大に選べますが(汗)
ただ、作中で名前を呼ばれることも無く、姿もあまり目立たないのでマルチプレイ以外ではあまり気になりません。

こういうスタンスに惹かれて今回手を出しましたが、その反面操作が難しいかなと不安でしたが、その通りでした。
マニュアル(というよりヘルプ)が簡素すぎて、読むだけではまずプレイできませんのでチュートリアル必須です。機器もトラクターからトレーラー、多種多様なアタッチメントがあり、機械や車好きにはたまりませんが覚えることが山ほどあります…。

チュートリアルは畑のケアが中心。これは畑に生えてしまった雑草を除草剤で除去するところ。
まずトラクターの前にウェイトを付けて後ろにアタッチメントを付けてスイッチを入れ……と、最初はトラクターやトレーラーの挙動にも慣れず大変ですが、数をこなしていくことで徐々に慣れていくかと。農家の方はすごいんだなと実感します。

続きを読む

DQビルダーズ2発売1ヶ月記念?全トロフィー獲得。

ドラゴンクエストビルダーズ2の前回のレポートから日が経ちましたが、明日で発売1ヶ月となりました。

…って、前作のほぼコピペになってしまいましたが、今回もプラチナトロフィーを獲得しました。

続編にふさわしい「新たな伝説のビルダー」として継承できました。
一応獲得時点で「超レア」扱いです。

前作は「◯◯日以内にクリア」とか初見では無理なトロフィーがあって二周目をプレイせざるをえなかったですが、今回は結構ユルかったです。モンスターの撃破率もパズルのクリアも100%達成しましたが、そっちは半分ちょい達成すれば問題無いですし、大半は普通にプレイすれば取れるものです。

モンスター撃破率100%。いやーさがしましたよ…。 100%だからといって何も無いですが。
スルーばかりしていて実際に探すと見つけにくいボックススライムが難。

続きを読む