4Kディスプレイに切り替え。VESAマウントねじ編

特に大した記事では無いですが、4Kモニタ(「ET322QKwmiipx」)を買ったレポートの中で、アームにマウントさせるためのネジが適当なのを使ったばかりにグラグラしていた件について2ヶ月以上経ってやっと直しました。

これがダメな見本。太さはあっていますが長さが全然あってないので浮いています…。よくこんなので2ヶ月も使っていたなあ…と。
これがダメな見本。太さはあっていますが長さが全然あってないので浮いています…。よくこんなので2ヶ月も使っていたなあ…と。

続きを読む

4Kディスプレイに切り替え。HDR編。

前回、AcerのHDR対応31.5インチディスプレイ「ET322QKwmiipx」に切り替えた話をしましたが、HDRの出力だけ不完全な状態で検証できなかったのですが、その後追試をやってみました。

Acerの「ET322QKwmiipx」です。…なんて読むのだろう(汗)
Acerの「ET322QKwmiipx」です。お値段は昨年12月に購入して59000円でした。

前回「PS4はProでは無い通常版ハードだと4KもHDRも出力できない」と記載しましたが、コメント欄でご指摘がありHDRは出力可能とのことでした(システムバージョン4.00以降)。

実際にPS4のオプションで確認すると、「HDR対応」と表示されました。

続きを読む

続々・VMware Certified Professional(VCP)受験記。

2013年に「VMware Certified Professional」(以下VCP)のV5.1(VCP-510)の研修と試験を受けて合格し、2年後の2015年9月に更新のために試験を受けて合格しました。

今回さらに2年後の、2017年9月に再度試験を受けに行きました。
受けに行ってから結構日が経っていますが、当時は仕事が忙しかったので…(汗)

今回受験したバージョンは6.0です。5.1→5.5→6.0と順当にバージョンアップしています。
2018年2月現在は6.5が最新ですが、受験当時は日本語版が出たばかりの状態でしたので、6.0で受験しました。

それでも実際の仕事の現場では相変わらず新機能は使わずにやってることは殆ど変わっていませんし、昔は仮想化といえばVMwareでしたが、今はHyper-VやKVMもよく使われていますし、ワークステーション向けもVirtualBoxなど使いやすいものも出ていて、VMwareは下火になっている雰囲気です。vSANとかに力を入れているみたいですがそれでも盛り上がっている気配は無いです(あまりストレージを仮想化したくないという心理もありますが)。

それに加えて、クラウドも徐々に浸透していて、そのベースの環境も昔はVMwareが多かったのですが、今はOpenStackやDockerが主流です。
そんな中でESXは2年後どうなっているのかなと興味もありますし、不安でもあります。

話が長くなりましたが、受験の話に戻します。

続きを読む