余ったSATA M.2 SSDで高速USBメモリ化。

先日、SSDが壊れたドスパラタブレットを修復したレポートを公開しましたが、結局リカバリメディアが手に入らず、Windowsの代わりにFedora(Linuxディストリビューションのひとつ)を入れてもうまく動かなかったので、結局処分することにしました。

画面の縦横が逆で認識されています…。タッチもキーボードもうまく認識していませんし、これもまた使い物にならず引退を余儀なくされました。残念だなあ…と。

稼働率が低かったにもかかわらず2年足らずで壊れたので短命だったなあと。SSDはHDDより駆動する部分が無い分、故障しづらいと思われがちですが、突然死のリスクがあります。

…ということで、調達して差し替えた120GBのSATAのM.2 SSDが早くも役目が無くなってしまったので、USB接続に変換するケースを購入してUSBメモリにしようと思いました。

SATA M.2 SSDをUSBメモリ化するケース。Amazonで1730円でした。
ネジ止め式ですが、ドライバーも付属しており親切です。
ちなみにこのケースはSATA専用で、NVMeには未対応です。
2230・2242・2260・2280の4つのサイズに対応しています。
このSSDは2280サイズなのでぴったり収まる感じです。
比較として一般的なUSBメモリと。
約2倍以上長いですが、仕方ないです。

…と、こんな感じで、ネジを開いてSSDを差し込んでネジを締めるだけというお手軽なケースです。
ベースのM.2SSD 120GBが2980円、このケースが1730円なので計4710円です。

なお、上の写真にある東芝の32GBUSBメモリは3年前に860円で買ったので、同じお金で5本買えてしまいます。
(余談ですが2019年でも同じぐらいの価格で、意外に安くならないんだなあと)

USBメモリを作るためにM.2SSDを買ったわけではないものの「コスパ悪いなあ…」と思いましたが、それは早合点で性能が段違いでした。

東芝のUSBメモリは普段PS4のスクリーンショットをPCにコピーするために使っているのですが、PS4での書き込みがかなり遅く不満でした。
何でこんなに書き込みが遅いんだろうと、試しにベンチマーク(CrystalDiskMark)を取ってみましたが、こんな有様でした…。

シーケンシャル書き込みでも7.6MB/sで、ランダム書き込みに至っては0.011MB/s以下と閉口してしまいました…。テスト終わるのも時間掛かります。

続きを読む

タブレットPCのSSD交換。

2年前にPCパーツ系のショップで買ったタブレットPCが壊れました。

モノは「ドスパラ」で販売されていた「Diginnos DGM-S12Y」です。(写真は購入当時のもの)

このタブレットPCですが、キーボード付きカバーとペンも付属していて5万円と安く、CPUは「Core m3-6Y30」ながらも性能も悪くなかったので持ち運んでブックリーダー代わりに使ったり、旅行先で軽いゲームをプレイしたり、液晶の発色も悪くなく筆圧検知も付いているので「CLIP STUDIO」も導入して連れの者のお絵描きマシンになってそこそこ活躍していましたので残念だなあ…と。

連れの者曰く使っている時に突然OSが落ちて立ち上がらなくなったとのことで、電源を立ち上げても強制的にBIOSに移動します。BIOSのメニューを見てみると、「0.0GB」で認識しているため完全にSSDがダメになったようです。使用頻度は高くないのに2年でSSDが壊れるのは短命だなあと。

容量が「0.0GB」と完全に死んでいます。

買い換えようかなと思いましたが、この機種(DGM-S12Y)は既に販売を終了しており、実質の後継機として「raytrektab(DG-D10IWP)」が販売されていますが、本体価格が7万円と高くなっていますし、キーボードも別売りになって大幅退化しています。これだったらUMPCだとかSurfaceGoのセットを買った方が幸せになれる気がしますし。

とりあえず中身が気になったので分解してみることにしました。

続きを読む

ロジクールマウスが故障しました。

昨年末に約2年半前に購入したロジクールのマウス「m500t」の調子が悪くなりました。
わたしはずっとロジクールのマウスユーザーで遍歴は「m500t」購入当時の記事にも書いていますが、他社のマウスよりも耐久性が高くずっと愛用していました。先日会社用に「M545」、連れの者用に「M185」を買いましたし。

購入当時の「m500t」パッケージ。2016年3月に購入したもので、正確には使用歴2年9ヶ月です。

ただ、耐久性は高いとはいえ、ロジクールのマウスは限界が近づくとチャタリング(クリック時二度押したように反応する事)が頻発するようになります。
こうなると寿命だなと思いますが、今回の「m500t」の保証期間は3年なのでその間で寿命が尽きたことになります。
過去MX1000MX1100やG700等を愛用していましたがいずれも保証期間をかなり超えてからチャタリングが頻発しました。

当時の記事でも『3年保証ですし。マウスってハズレ品だと1年も持たない粗悪品が多いのですが、自信の表れかもしれません』と書いていましたし、本当に保証してくれるのかなとロジクールのカスタマサポートに連絡して交換をしてみようかと思いました。
正直、ロジクールマウスの中ではエントリーモデルですし、購入当初はゲームユースを想定していなかったものの「マビノギ」に復帰して1年以上酷使していたので (現在は既に休止) 、マウスの設計を超えているだろうと気が引けましたが、何事も経験だろうとダメモトで問い合わせました。

続きを読む

FOSTEXのボリュームコントローラを分解。

ちょうど3年前に購入したFOSTEXのUSBオーディオ兼ボリュームコントローラPC100USB-HRの調子が悪くなりました。

FOSTEX PC100USB-HR。24bit/96kHzのいわゆるハイレゾ対応です。結局3年経って聞き比べても分かりませんが(汗)ちなみにスピーカーもFOSTEXです。

スピーカーのL側が出力されない症状で、ヘッドフォン出力は問題無いですし、スピーカー側を別のオーディオソースに差しても問題無く鳴るので、ボリューム側の端子の接触が悪くなったんだろうなと。

そもそもヘッドフォン出力も当初からガリが多く、「接点復活剤」を掛けてだましだまし使っていました。

接点復活剤というのは、潤滑油と炭素の粉末が入ったスプレーです。音響用は結構高いです…。

ヘッドフォンは抜き差ししているので仕方ないかなと思いますが、スピーカーの端子は差し替える事も無くそのままの状態です。
こういう症状は端子の基板側のハンダクラックとかかなと思って分解して基板を見てみることに。
分解は当然自己責任です…というかもう3年経っていますし壊れても仕方ないかなと。

…ということでさくっと分解です。ネジとナットを外すだけですが、金属ケースがキツキツで開けにくかったです。

続きを読む

熱暴走ノートPCのリペア。

2年ぐらい前の話ですが、連れの者用にショップブランドのノートPCを買いました。
当時、昔プレイしていたオンラインゲーム「マビノギ」を再開したので、満足にプレイ出来るようにとそれなりにスペックの良いタイプにしました。

2年前購入したノートPC。PCショップの「パソコン工房」で型番は「STL-15FH058-i7-LFS」。Corei7にGeForceMX950・SSD搭載となかなかのスペック。当時10万円しました。

10年以上前に流行った「マビノギ」をプレイするにはオーバースペックですが、余裕のあるスペックにしたら長く使えますし、他のオンラインゲームに浮気しても満足にプレイ出来るものをということで。

ただ、保証期間を過ぎた1年過ぎ当たりから動きが怪しくなり、使用している最中に甲高いビープ音が鳴り続ける状態でした。
最初、何が原因かよく分からなかったのですがビープ音が鳴ってもOSは動き続けてしばらくすると収まるので、発熱が原因じゃないかなと思いました。メモリエラーとかでも鳴りますが、その場合UEFI(BIOS)で止まりますし、OSはフリーズするはずですし。

夏場という事もあったので室温の低くなる冬になれば落ち着くだろうと思ったのですが、余計ヒドくなって、OSが立ち上がった直後にビープ音が鳴って「プスン」と強制シャットダウンされるようになりました。仕方なく「電源オプション」でCPUの使用率を強制的に下げましたが、それでも焼け石に水の状態。

強制的にCPUのパワーを絞る形に。とはいえ、絞りすぎるとゲームのレスポンスが悪くなるので適度な感じにチューニング。これでも強制シャットダウンは免れませんでしたが…。
強制的にCPUのパワーを絞る形に。とはいえ、絞りすぎるとゲームのレスポンスが悪くなるので適度な感じにチューニング。これでも強制シャットダウンは免れませんでしたが…。

結局、連れの者は「プレイ出来たものじゃない」とPCを眠らせると同時に、マビノギも引退となりました。それからは寂しくソロプレイして現在に至ります。(まあ、それ以前に飽き気味でしたが…)

またマビに復帰させたい…というわけでもないですが、折角買ったノートPCで眠らせるのは勿体ないと、リペアしようと思いました。

ファンがフル回転しても排気口から風が出ない感じだったので、ファンの故障かゴミでも詰まって回らなくなったかどっちかだろうなと中を開けてみることにしました。
(本記事を参考にしての分解や改変をされる場合は、自己責任でお願いします。当方は一切責任を負いません。

赤丸……で囲う必要もなく、見えているネジすべて外します。なお、隠しネジはありません。その後外側の継ぎ目を外すだけで簡単に外せました。
赤丸……で囲う必要もなく、見えているネジすべて外します。なお、隠しネジはありません。その後外側の継ぎ目を外すだけで簡単に外せました。

続きを読む