玄米をコイン精米器で精米しました。2019年版

6年前の2013年に書いたコイン精米機の使い方のレポートが今でもアクセス数トップで、道の傍らで佇んでいるコイン精米機も意外に関心が高いのだなと思います。

わたし自身、精米したての米の味が好きになってしまって、ふるさと納税で玄米を返礼品として貰い定期的にコイン精米機に通っています。ふるさと納税で玄米扱っているところは少ないのですが色んな所の米の味が楽しめて面白いです。
同じ方が多いのか、コイン精米機に行ったら使っている方が居て、しばらく時間を潰して戻ったつもりでも別の方が使っていたりとか、稼働率が高いなと感心しました。

毎回玄米30キロを精米。精米後は1割減の約27キロになりますが重労働です…。

で、先日も同じように普段よく利用しているコイン精米機に足を運んだのですが、別メーカーのコイン精米機にに変わっていました。前のコイン精米機は以前のレポにも書いたタイワ精機の「米ぼうや君」、そして入れ替わり後のメーカーはクボタの「クリーン精米屋」です。

「クボタ クリーン精米屋」。おそらく全国どこに行っても緑の看板で一番ポピュラーなコイン精米機だと思います。

しかし「米ぼうや君」は無洗米をウリにしていましたが、この「クリーン精米屋」はそれがありません。

無洗米が作れないのは困るので別のコイン精米機に移動しようと思っていましたが、中のボタンに気になる表記が。

続きを読む

【令和記念アーカイブス】記憶に残る「飲料」達

令和元年5月1日。新たな時代の始まりです。

このホームページも平成10年(1998年)に開設して今月の27日で22年目を迎えます。平成の大半の文化を綴ったアーカイブとして令和の時代を迎えてもなお生き続けていくことでしょう。

…と、尊大な書きっぷりをして申し訳ありません(汗)

折角なのでこの機会に、過去に取り上げて反響があったり記憶に残った”謎飲料”をあらためて紹介しようと思います。
これを平成の黒歴史とはせず、令和の新時代に鮮烈な復活を遂げて頂きたいと願います。

なお、写真は一部を除いて当時の縮小画像ではなく当時から所持している原版からのリマスターでお送り致します。細かい内容については当時のレポート(見出しにリンク)も併せてご覧頂けたら幸いです。

●エントリーNo.1:BAWLS (2005年掲載)

「ボウルズ」と呼びます。高カフェイン飲料というのがウリで、当時ネットゲームしていたので良さげな眠気覚ましの飲み物ないかなあと探したのがきっかけです。

今だと「レッドブル」とか「モンスターエナジー」とかゲーマーとかが喜びそうなエナジードリンクは多種多様にありますが、当時はそういう飲み物が無く、黎明期のネットゲーマーは薄い「眠々打破」を飲んでいた程度です。あと、定番のコーラとかドクターペッパーとか、ガラナ系のジュース(北海道以外ではそんなに見かけない)とか。わたしは甘い飲み物はあまり飲まないので大体コーヒーですが。

当時オンラインゲームをバリバリやっていて、「メイプルストーリー」やら「リネージュII」やらを当時夜勤も多い職場だったので夜勤明けは仕事仲間中心のメンバーと寝ないでずっとパーティー組んでたり、寝る間も惜しんでブログにネタを書いたり……我ながらムチャしていたなあ。

このBAWLS、海外で流通していたので日本では市販されておらず、通販で購入しました。6本1890円+送料と結構なお値段でしたが、瓶のデザインが今見ても格好良いなあと思います。
余談ですが、当時このBAWLSのレポを書いたところ、今は無き輸入元(PCソフトで有名だったビレッジセンター)から勝手にファンサイト扱いされてリンクを張られていたという…(汗)

瓶が格好良いのでプレミアムなエナドリとして再販されないかなあ…と調べたら、Wikipediaに「食品衛生法上認可されていない添加物を理由に輸入規制」って…。ビレッジセンター恐るべし。

一応本国では24ケース48ドルで今でも販売している模様。(送料別な上、前述の理由で日本へ発送は不可と思われる)

●エントリーNo.2:無炭酸コーラ<乳酸菌飲料>(2005年掲載)

続きを読む

Twitter辞めました&Mastodon始めました。

タイトルの通りですが、先日Twitterを辞めました。

Mastodon(マストドン)は後述しますが、Twitterの代わりに自分のサーバで運用を開始しました。
(ブログ上部のメニューの「つぶやき(Mastodon)」からアクセス可能)。

苦労して作った自家製Mastodonインスタンス。サーバが激重です…。
苦労して作った自家製Mastodonインスタンス。サーバが激重です…。

Twitterは2010年9月に始めたのでもうすぐ8年と結構長かったのですが、色々ありまして…。

続きを読む

大腸内視鏡検査を受けに行きました。

先日健康診断に行きました。
検査結果は毎年比較的良好なので、今回もまあ大丈夫だろうなあと体重を数ヶ月前から絞りつつ迎えました。

数週間後に結果が自宅に届くのですが、なんか妙に分厚く…。
毎年恒例の「少し太めなので痩せましょう」という旨のパンフレットにしては重いなあと思ったら今年は大きな異常が見つかりました。

潜血検査で陽性。
潜血検査で陽性。

封筒が分厚いのは精密検査のための案内や紹介状などが同封されているからです。
その案内には「異常が見つかりましたので大腸内視鏡の精密検査を受けて下さい」と書かれていました。

【注意】
以下、受診を検討されている方等のご参考のため、経験した内容について表現を隠さずにそのまま記載しております。
故に不快に感じる部分や記述が含まれますので、それらに対する表現が苦手な方は閲覧をご遠慮下さい。

続きを読む