fitbitで、ゆる活ダイエット計画。

今年の健康診断の結果がイマイチで、はじめて大腸内視鏡検査を受けたぐらいでしたが、それ以外でも要注意な項目が増えてたり、そもそも検査などせずとも体重は増えていく一方でしたので、数年ぶりにジム通いしようかなと考えました。

ジム通ってたときは筋トレやらクロストレーナーやらをほぼ毎日のようにやってたこともあって検診も体重も体もキープできていましたし、肩こりもストレスも減って良いことづくめでした。
辞めた理由が、家の引っ越しでジムが遠くなって頻繁に通えないだろうと思ったのですが、最近は利用頻度によってコースが選べたり完全時間制だったり、利用料金自体も低価格化しているので、「少々遠くてもいいかなあ」と思いました。(会社の近くはあるのですが、家から遠いので帰りがダレるのと休日使いづらい)

ジムに通う前に、心拍計が欲しいなと思って「fitbit」を買いました。ジムのマシンで減量するには心拍数を見ることが重要なのですが、トレッドミルとかだと走ったまま心拍計用のバーを両手で握るのが煩わしかったり、機械の調子が悪くてうまく計れなかったり、たまに静電気がバチッと来たりで自分用の心拍計が欲しいなあと前々から思っていました。

「fitbit altaHR」を買いました。ディスプレイ付きで心拍数が計れる中位モデルです。コレより下位だと心拍数が計れなかったりディスプレイ自体が無かったりします。上位モデルはディスプレイ部がカラーで大きかったり音楽プレイヤー機能もあります。
fitbit altaHR」を買いました。ディスプレイ付きで心拍数が計れるモデルです。コレより下位モデルだと心拍数が計れなかったりディスプレイ自体が無かったりします。上位モデルはディスプレイ部分が大きかったり音楽プレイヤー機能もあります。

心拍数の他に、歩数計、睡眠の質、代謝(消費カロリー)も計れます。記録はスマートフォン(iOS/Android両対応)のfitbitアプリにてデータを同期して確認することが可能です。フィットネス用途だけでなく常にモニタしたいなと思っていましたし。

この「fitbit altaHR」ですが、バンドの色やサイズが選べます。色は無難なブラックを選びましたが、悩んだのがサイズで、SとLの2種類があるのですが、Lを買ったところ、バンドの穴は起点から3つ目でかなり余裕があります。わたしの腕周り約18cmでその結果なので、それより細い方はSが良いと思います。アメリカンサイズだなあと。

あと気になっていたのが、「fitbitとファーウェイ製のスマートフォンは相性が悪く同期してくれない場合がある」という情報です。
わたしは「P20」を使っていますが、正常に同期して使えました。
ただ、初期セットアップが長かったですし、同期もやや遅かったりしますが、これが問題の事を指しているのか、他のスマホでも起こる現象なのかは不明です。

Android版fitbitアプリのダッシュボード。「HUAWEI P20」でも動作・同期可能でした。
Android版fitbitアプリのダッシュボード。「HUAWEI P20」でも動作・同期可能でした。

続きを読む

珪藻土バスマットを買う。

洗面所の風呂場のマットがへたってきたので買い換えようと思ったので、ずっと気になってた珪藻土マットに変えてみました。

モノはニトリの珪藻土マットで、サイズは40×55cmのものです。
当時「敬老の日セール」ということで、半額の1473円で買ってお買い得だなと思いましたが、ニトリのオンラインストアでも常に同じ値段で売ってるみたいでした…。
あまりお行儀の宜しくない売り方だなあ…と。まあ安いから良いのですが。

ニトリの珪藻土マット。40×55cmのサイズを買いました。3サイズある内の真ん中のサイズ。
ニトリの珪藻土マット。40×55cmのサイズを買いました。3サイズある内の真ん中のサイズ。

ニトリでは29×39cm、40×55cm、50×70cmの3サイズありますが、真ん中の40×55cmのを買いました。バスマットなので大きい方が良いのですが、大きいのは持ち帰りづらいのと、そもそも洗面所には大きすぎるかなと思って真ん中の40×55cmにしました。

それでも大きく感じて持ち帰りのときの存在感…。しかも割れやすいので慎重にする必要があります。
車で持ち帰るときも色んなものの下敷きにするのはやめた方が良いかもしれませんし、通販だと雑に扱われたら簡単に割れそうなのですがどうなのでしょう。

持ち帰って早速置いてみましたが、実際に置いてみると持ち帰るときは大きく感じたものも意外に小さく感じます。もう少し大きいのにしたら良かったかなあ…と。

実際に置いてみたところ。一枚板なので柄物のバスマットよりも寂しく見えます。あと思ったより小さく感じます。
実際に置いてみたところ。一枚板なので柄物のバスマットよりも寂しく見えます。あと思ったより小さく感じます。

続きを読む

貸別荘&燻製作りリターンズ。

数ヶ月前に那須の貸別荘を初めて体験して結構いい感じだったので、先日遅い夏休みを取って再び足を運びました。

前回悪天候だったのであまり色んな所に行けなかったので今回は晴れると良いな…と思ったら全日雨で、たまに雨がやんで曇る程度で前回よりヒドい結果となりました。例により色々出かけられず…。那須の動物園りんどう湖には前々から行きたいのですが今回も断念。

初日に釣りをしようと思ったら高速道路移動中大雨だったので急遽那須のアウトレットに。悪天候な上に平日なのにそれなりに人が居ました。「名探偵コナン」のイベントをやっていて、それ目当てのお客さんも多い感じでした。
アウトレットの中で昼食。チーズが売りの店らしいですが味は……まあまあかなあ…。
アウトレットの中で昼食。チーズが売りの店らしいですが味は……まあまあかなあ…。
アウトレットを後にしてからかなりの土砂降りになったので、食料の買い出しをしてからそのまま貸別荘へ直行。レモン牛乳初めて飲みましたけど味が想定外で、酸味がほぼ無くてまろやかでした。
アウトレットを後にしてからかなりの土砂降りになったので、食料の買い出しをしてからそのまま貸別荘へ直行。レモン牛乳初めて飲みましたけど味が想定外で、酸味がほぼ無くてまろやかでした。

タイトルにある「燻製」については、翌日に雨の中強行で実施しました。
ほぼこのために遠出しましたし、今回は少々グレードアップしたので中止という選択肢は無かったです。

続きを読む

貸別荘&燻製作りデビュー。

先日のゴールデンウィークに、那須高原(栃木県)に行ってきました。

事の発端は連れの者が居てからアウトドアっぽい事をしたことがないので、キャンプをしようと思って燻製やら料理やらしようと色々策を練って、コテージでまずは試してみようという流れに。

コテージを借りられるところは結構多く、値段も手頃でログハウス風からコンテナを改造したもの、さらには別荘のようで快適かつ、調度品も拘っているフォトジェニックな物件まで多数ありました。

「貸別荘クラスになると豪華な上に部屋数も多くさぞかし高いのでは…」と思いましたが、一般的な観光ホテル一泊よりかなり格安な場合が多いですし、ゴールデンウィーク期間なのに予約も簡単に取ることが出来ました。ホテルの方が当然快適ですが、静粛性や部屋の広さ、ほぼ素泊まりでホテルのサービスを殆ど使わない人間としてはとても魅力的に感じました。

立地も、今回行った那須高原やら軽井沢やら箱根、伊豆やらと別荘地で有名どころばかりです。これらは関東から近いところですが、もちろん全国にも色々な貸別荘があるので興味のある方は調べるとたくさん出てきますので是非。

気になる別荘ですが、百聞は一見にしかずということで…。

今回泊まった貸別荘。2人泊ですが8人ぐらい泊まれるタイプです。
今回泊まった貸別荘。2人泊ですが8人ぐらい泊まれるタイプです。

続きを読む

brother DCP-J968Nに買い換え。

先日自宅のプリンターを買い換えました。2009年からずっとブラザーの「MyMio MFC-930CDN」を使っていて、8年以上の古株でしたが、クリーニングしてもカラー出力が不調になったので引退となりました。6年前に一度不調になって、クリーニングパッドの部分を自分で交換するなどリペアして延命しましたし、8年も頑張ってくれてお疲れ様でした…と。

で、今回もそんな丈夫で本体もインクも安いブラザー製にしようとして、今回「DCP-J968N」を購入しました。
お値段は当時決算セール中の家電屋で12000円。電車+徒歩で持ち帰れなくもない重さでした。

ブラザープリンターの兄(MFC-930CDN)と弟(DCP-J968N)のツーショット。パネルがシンプルになった分、弟の方が奥行きも短くなりコンパクトですが、重量はほぼ同じです。
ブラザープリンターの兄(MFC-930CDN)と弟(DCP-J968N)のツーショット(公式からファボられた…)。パネルがシンプルになった分、弟の方が奥行きも短くなりコンパクトですが、重量はほぼ同じです。

先代と比較すると、コードレス電話やFAX機能はありませんが、固定電話は遠い昔に解約したので問題無いです。
加わった機能は、両面印刷やDVDのレーベルプリント、NFCやWi-Fi経由でのスマホからのプリント、DropboxやGoogle等のインターネット経由のプリントやスキャンデータの保存、免許証のコピー機能(裏表コピーを1枚に纏められる)など。安いのに8年の間に大幅に進化したなあと。

カラープリントの品質ですが、7色インクを採用している他社機と比較すると分が悪いですが、個人的には問題無い品質です。
そもそも写真をプリントすることは滅多になく、人に渡すレベルの品質が必要な場合は家電店とかにある写真プリント機を使いますし、年賀状も最近は印刷サービスに任せています。
家プリンターはメモ的な印刷と、コピー機能ぐらいですし、モノクロ印刷がメインです。それだけに、他社機では8年前でもスタンダードだった両面印刷機能が加わった事が嬉しいです。

4色インクですが、写真印刷も十分なクオリティです。インクもブラザー製は比較的安価なのがポイント高いです。(余談ですが写真は佐賀の呼子に行ったときのものです)
4色インクですが、写真印刷も十分なクオリティです。インクもブラザー製は比較的安価なのがポイント高いです。(余談ですが写真は佐賀の呼子に行ったときのものです)

あと、DVDのレーベル(盤面)のプリント機能がありましたので試しに印刷しました。
印刷するためのソフト(NewSoft CD Labeler)はドライバに同梱されていますので追加投資無く印刷できますが、編集機能は乏しく実質印刷用のソフトです。まあ、画像と文字だけ入れられたら十分といえば十分ですが…。

インクジェット対応DVDのレーベルプリントをしてみました。こちらもきれいに印刷できて満足です。もっとも最近DVD作成することは少なくなりましたが…。
インクジェット対応DVDのレーベルプリントをしてみました。こちらもきれいに印刷できて満足です。もっとも最近DVD作成することは少なくなりましたが…。

あと、最近は紙からスキャナで電子化することが多くなりました。
先代のMyMioにもADF(自動原稿送り機構)はありましたが、今回のも搭載されていて、上蓋を開ければ出てきます。
先代はむき出しだったのでホコリが溜まりやすかったのですが、こちらは不要時は蓋が閉められますし、閉めている状態の見栄えが良いです。
ただ、先代もそうでしたが、このADFはズレやすいですし、紙詰まりも起きやすく、今回も相変わらずでした。
確実さを求めるのであればADFを使わずにスキャンする方が無難です。

なお、スキャンデータはPCへの転送の他に、プリンタに搭載されたメディアドライブ(USB・SDカード・MS)への保存や、メール添付、クラウドストレージへの転送、スマホからアプリを利用した受信も可能です(後述)

スキャナはADF搭載です。先代もそうでしたが、結構ズレやすいのが難点です。
スキャナはADF搭載です。先代もそうでしたが、結構ズレやすいのが難点です。

最後に、スマホからのプリントを試してみました。「Brother iPrint&Scan(iOS/Android)」というブラザー公式のソフトを利用してプリントやスキャニングも出来ます。iOSだと「AirPrint」というOS標準の機能でもプリント可能です。

iPhoneの話になりますが「AirPrint」というOS標準の機能で印刷出来ます。
iPhoneの話になりますが「AirPrint」というOS標準の機能で印刷出来ます。
「Brother iPrint&Scan」でプリントのみならず、スキャナの画像をスマホに取り込むことも可能です。PCが無くても電子化出来る時代なのだなあと。
「Brother iPrint&Scan」でプリントのみならず、スキャナの画像をスマホに取り込むことも可能です。PCが無くても電子化出来る時代なのだなあと。

使いこなせるか分からないほど機能が豊富な割に安いプリンタだなあと感じました。
今回も8年ぐらい使えたら良いなあと思います。希望としてはクリーニングパッドの部品が簡単に手に入れられたらもっと嬉しいのですが…。

あのカラフルな部分がダメになりやすいんですよね…。交換部品があったら良いのですが。
あのカラフルな部分がダメになりやすいんですよね…。交換部品があったら良いのですが。