カラオケマイク歌い比べレポート番外編

先日「高級&安物カラオケマイク歌い比べレポート」を公開しましたが、その続編ということで、さらにワンランク上のマイクを試してみました。

カラオケでコンデンサマイク。(ポップガード付き)

カラオケというよりレコーディングスタジオっぽいですが、最近このようなヒトカラスペースが増えています。

全国にある「カラオケ まねきねこ」を運営している企業がヒトカラ専門店の「ワンカラ」という個室ブースを備えた店を運営していますし、漫画喫茶で有名な「快活CLUB」の一部の店舗で「ワンツーカラオケ」というブースタイプの部屋(2人まで入室可)があります。いずれもコンデンサマイクが備え付けられており、メロディはヘッドフォンで聴いて歌うといういつもと一味違ったカラオケが楽しめます。

コンデンサマイクはミキサーから外部電源(ファンタム電源)を供給する必要があり、普通のカラオケ屋でマイマイクを持ち込む感覚のようにはいかず、元から設備が整った施設が必須です。ミキサーがあるということで出力端子を生かしてレコーディングしたり配信の拠点として使えそうですが、隣との壁が薄いのでちょっと難しいです(この辺については後述)。

コンデンサマイクはハンドマイクに比べ指向性が低く、かなり高感度で些細な音も拾います。初めての場合は足音や椅子の軋む音、ドリンクバーのコップを置いた音とかで新鮮な気分になること請け合いです。なお、このタイプのカラオケはヘッドフォンが推奨(店によっては必須)ですが、音量を注意してから装着しないと耳を痛めますので注意です。

…ということで早速ですが、前回同様、DAMの「精密採点DX G」で歌ったサンプルを改めておさらい。(個性的なラインナップ)

続きを読む

高級&安物カラオケマイク歌い比べレポート

ヒトカラデビューから2年経ったというのは先日書きましたが、そのヒトカラデビュー早々にマイマイクを購入しました。そしてその1年後に2本目のマイクを購入して、マイマイクを2本持っている状態です。

最初のマイクは、2年前の2017年7月にAmazonで一番安かった「CM-2000」という当時1600円で買ったマイクで、もう一方がその1年後2018年7月に買ったAUDIXの「OM3S」というマイクです。価格は当時17000円だったので、最初のマイクが10本買えてしまうぐらいの価格差です。

左が「OM3S」、右が「CM-2000」です。
価格差は10倍以上だったりします。

続きを読む

「JOYSOUND MAX GO」登場レポ。

月末なので今月のヒトカラのまとめを書こうと思いましたが、予定を変更して…。

今月から導入がアナウンスされていたJOYSOUNDの最新機種「JOYSOUND MAX GO」(以下MAXGO)を早速試すことが出来ましたのでそのファーストインプレを書こうと思います。

実はヒトカラデビュー当時・2017年に「JOYSOUND MAX2」と「LIVE DAM STADIUM STAGE」を導入されて間もなく歌いに行きました(当時はTwitterでレポート)。
ただ、これらはいずれも前機種(MAXSTADIUM)のマイナーチェンジだったので、あまり目新しい機能も無く肩透かしでした。
MAX2はハイレゾ対応といっても違いがあまり分かりませんでしたし、そもそも旧機種のアンプとスピーカーをそのまま使っているカラオケ屋が多いです。STAGEは実質、筐体が変わっただけですし。

今回のMAXGOも見た目はMAXとMAX2を足して2で割ったような筐体ですが、個人的に一番嬉しかったのは前面にマイク端子が追加されたことです。機器サイトのカタログPDFを見てみると、右下の穴はマイク端子かな?と仕様見たらマイクの端子がMAX2より1端子増えていたので「これは使える」と確信していました。

…ということで、マイマイクを接続。普通に使えました。端子は一般的な6.3mmです。

これでJOYSOUNDでも普通にマイマイクが使えると満足です。ゲインの調整はどうするのだろうと思いましたが多分一般では触れないところかなと。たまに採点のバーが途切れたり等で弱い場合があるので調整したい時もありますがDAM同様に気にしないことに。

これだけでも個人的に満足なのですが、画面も変わりました。特に「分析採点マスター」が大きく変わっています。

フォントがゴシック(UDフォント)になっていますし、下に歌詞とバーがつきました。

続きを読む

ヒトカラデビューしました。……2年前に。

…ということで、2年寝かせてブログ初公開です。

説明するまでも無いと思いますが、ヒトカラとは一人でカラオケをする事で、2年前から週1回ぐらいの頻度で通っています。

ヒトカラ歴も長いのでマイマイクも持っています。マイクについては追々書こうかなあと。

ちなみにカラオケは大嫌いでした。

学生の時にカラオケに行ってた時も元々歌声に自信が無く、声域が狭すぎて何より音程が不安定で……と一言で書くと「音痴」ということで、それを揶揄されてからというもの、自信無くして15年以上カラオケから距離を置いていました。もちろん会社のカラオケの席でも聞くだけの人です。

そしてターニングポイントになった2年前ですが、連れの者と長野に旅行したときに宿で「暇だな」と思って館内をうろついていたらカラオケボックスがあるということで久々に歌うことにしました。
まあ、連れの者だけなら音痴でもいいかな…と。連れの者に出会ってから当然カラオケに行ったこともなかったので歌声にも興味ありましたし。

15年振りの通信カラオケなのでリモコンがタッチパネルになってるとか(15年以上前は「歌本」で曲を探して、書かれている番号を赤外線リモコンで選曲していた)、歌手本人が映像で出てるとか、採点もすごい細かく分析されるとか新鮮なことばかりでした。カラオケって楽しいなあと。

続きを読む