2年連続JRAからロディを頂きました。

久々の競馬ネタです。どうしても冬場は寒くて競馬観戦しづらい季節なのでシーズンオフといった感じです。
暖冬かと思ったら関東は今年に入って急激に寒くなって雪も降ったりと…。観戦に行くのもクラシックが近い春以降かなあと。

そんな中、久々にJRAからお届け物がありました。
(前回は記事にせずTwitterのみですが昨年の7月にQUOカードを頂きました)

モノは昨年末の「スターが生まれる2歳GI&有馬記念 年末GI完全走破キャンペーン」という長いタイトルのキャンペーン賞品でした。昨年は一昨年末キャンペーンのロディのクリアファイルとマグネットを頂きましたので2年連続当選となります。

なんか大きい封筒で届きました…。余談ですが、宅配便ではなく猫さんのメール便だったので狭いポストにねじり込まれていて外側はボコボコに…。
なんか大きい封筒で届きました…。余談ですが、宅配便ではなく猫さんのメール便だったので狭いポストにねじり込まれていて外側はボコボコに…。

このキャンペーン、有馬記念を500円以上電話投票したら3万名にQUOカードが貰えるという大盤振る舞いでしたが、QUOカードにしては封筒が大きくて身が詰まっているなあ…と。

開封したら予想外のものがありました。

「オリジナルゴーゴーカレー&ロディスプーンセット」(D賞:3000名)でした。
「オリジナルゴーゴーカレー&ロディスプーンセット」(D賞:3000名)でした。

確かに第1希望をコレにしたから当たったのかなと思いました。なお、D賞の条件は「即PAT」会員で、有馬記念と、JRA開催ではないのに東京大賞典をそれぞれ500円以上投票することです。戯言ですが、両方とも良い感じで当たって2015年をきれいに締めくくれました。

スプーンはロディグッズとしては存在してもおかしくないですが、食品は珍しいなと思います。

去年頂いたロディマグネットとスプーンとのツーショット。スプーンの方がやや太め残り?
去年頂いたロディマグネットとスプーンとのツーショット。スプーンの方がやや太め残り?
カレーのパッケージの裏面。普通かと思ったら所々にロディのシルエットが。
カレーのパッケージの裏面。普通かと思ったら所々にロディのシルエットが。

レトルトのパッケージがJRA&ロディ仕様で珍しくそのままコレクションとして保存したいところですが、やはり食品として貰ったからには食べるべきだろうと開封しました。

中身もロディ仕様かと期待していましたが、ごく普通のパウチでした…。
中身もロディ仕様かと期待していましたが、ごく普通のパウチでした…。

パウチもロディの絵柄だろうと思ったら期待外れでした…。
調べてみると、市販されている通常のゴーゴーカレーのパウチと全く同じっぽいです。

パウチを湯で温めて試食ですが、ご飯とカレールーだけでは寂しいので、この機会に金沢カレーっぽいものを作りました。

金沢市民が怒りそうな金沢カレーっぽいもの。
金沢市民が怒りそうな金沢カレーっぽいもの。

キャベツの千切りがなくてあり合わせのレタスをちぎったもの、ムダにでかいカツでウスターではなく中濃ソースとパチモノになってしまいましたが雰囲気は出ています。
…というか金沢カレーはフォークで食べるそうなのですが、そもそも景品はスプーンですし……。
フォークとスプーンにすれば良かったんじゃ無いかなあと。

気になる味ですが、ゴーゴーカレーも金沢カレーは初めてでしたがかなり濃厚で美味しく頂きました。

JRAさんありがとうございました。今年も競馬ネタ充実に向けて頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

グリーンチャンネルのために「FireTV Stick」を買ったレポート。

前々から競馬中継とその関連番組を見たいなと思って「グリーンチャンネル」(以下:GC)を契約しようかずっと悩んでいましたが、つい先日Web版(PC・スマホで視聴可能)のWeb版を契約しました。先日のスカパーの無料期間に視聴してなかなか良かったのと、12月は香港カップから有馬記念、東京大賞典と、イベントづくしなので踏ん切りが付きました。(東京大賞典はTCKのサイトで無料で見られるかもしれませんが)

スカパーではなくWeb版を選んだ理由は、自宅がCATVなので有料放送を見ようとするとケーブル契約+STB設置の必要があって煩雑ですし、GCだけ見たいのにムダな費用が発生します。BSアンテナを用意してスカパーをダイレクトに受信すればSTBは要らないのですがそのアンテナを用意&セッティングするのが面倒ですし、やはり基本料金が必要なので結局手軽なWeb版にしました。

PCやスマホやタブレットからでも見られるのが利点ですが、欠点は画質が高画質版でもイマイチ(帯域が1Mbps)なので動きの速いレースだと画像がノイズが乗りゼッケンとかも確認しづらい感じですが、まあ仕方ないかなあと。さらなる高画質版に期待したいところですが…。

タブレット(YOGA TABLET2)でGCWebを閲覧した状態。Androidの場合別途プラグインの導入(APKのインストール)が必要ですので少々手間です。
タブレット(YOGA TABLET2)でGCWebを閲覧した状態。Androidの場合別途プラグインの導入(APKのインストール)が必要ですので少々手間です。

とはいえ、やはり大画面で見たいです。自分だけならパソコンからWebで視聴出来ますが、連れの者も視聴したいとのことなので(日中に放送している名馬の特集とかを見ている)、思案してみました。

最近テレビに繋げるスティック型の端末が流行っているので、WindowsにしろAndroidにしろブラウザとプラグイン(Androidの場合GC提供のAPKの導入が必要)を導入したら実現出来そうですが、もっと手軽な方法として、スマホの画面をテレビにミラーする「キャスト」が使えたら大丈夫かなと思ってGoogleの「Chromecast」を買おうと思いましたが、新型の「Chromecast2」が今年10月に発表・海外で販売されて、折角買うならと日本国内でも「Chromecast2」が販売されるのを待っていたのですが、結局2ヶ月待っても販売されず…。

すぐ旧型になりそうな現行Chromecastを買うのもイヤなので、代わりに同じくキャスト機能があるAmazonの「FireTV Stick」を買いました。単体で動画やアプリも動作するので画面をミラーするだけよりお得感がありそうですし。

基本モデルの「FireTV Stick」は4980円で、発売直後のキャンペーンだと実質1980円で買えたみたいですがキャンペーンが終わっていた上に納期が年末だったので、即納だった上位モデルの音声認識リモコンセットを買いました。価格は6480円です。

「Fire TV Stick」の音声認識リモコンモデルです。音声認識は利用するつもりは無かったのですが即納に惹かれ…。音声認識はAmazonの動画にしか対応していない上、Android端末を持っている場合、リモコンアプリに音声認識機能が有りますので、進んで選ぶ必要は無いと思います。
「FireTV Stick」の音声認識リモコンモデルです。音声認識は利用するつもりは無かったのですが即納に惹かれ…。
音声認識はAmazonの動画にしか対応していない上、Android端末を持っている場合、リモコンアプリに音声認識機能が有りますので、進んで選ぶ必要は無いと思います。

セッティングはシンプルで、テレビのHDMI端子に差してUSBから電源を取って完了です。

接続はHDMI端子に差すだけです。テレビにUSB端子が空いていたらそれを電源に利用出来そう(消費電力が5Wなので通常のUSB端子でも賄えそう)ですが、HDDを繋いでいて塞がっているので、普通に付属のアダプタを利用しました。
接続はHDMI端子に差すだけです。テレビにUSB端子が空いていたらそれを電源に利用出来そう(消費電力が5Wなので通常のUSB端子でも賄えそう)ですが、HDDを繋いでいて塞がっているので、普通に付属のアダプタを利用しました。
自宅のテレビは6年前に買った東芝レグザ37H8000を使っていますが、何故か「レグザリンク」が利用可能で、「Fire TV Stick」のメニュー操作もレグザのリモコンである程度操作出来ました。動作保証は当然ないですが参考として…。
自宅のテレビは6年前に買った東芝レグザ37H8000を使っていますが、何故か「レグザリンク」が利用可能で、「Fire TV Stick」のメニューもレグザのリモコンである程度操作出来ました。動作保証は当然ないですが参考として…。

初期設定はリモコンと本体とのペアリングと、Wi-Fiの設定の2つで利用出来ます。ちなみにアカウント情報は購入したアカウントに紐付した状態で出荷されるので設定は不要です。

わたしはAmazonプライム会員なので、動画も音楽も多くが無料で視聴できる状態です。
連れの者はプライム動画のドラマを視聴したり、「ニコニコ動画」のアプリを導入して生放送を見たりとか結構重宝しているようです(但しニコニコはプレミアム会員でなければ低画質表示となる)。

動画や音楽が視聴出来ますし、ゲームもアプリを導入することで実行可能です。ニコニコ動画やYouTube等の外部動画サイトはアプリを導入することで対応する仕組みです。
動画や音楽が視聴出来ますし、ゲームもアプリを導入することで実行可能です。ニコニコ動画やYouTube等の外部動画サイトはアプリを導入することで対応する仕組みです。

これだけでも買って良かったなと思ったのですが、一番の目的はGCの大画面視聴です。

スマホ画面のミラーリングは簡単で、Homeボタンを長押しすると「ミラーリング」というボタンがあるのでそれを選択してスマホ側で操作をするだけです。

Homeボタン長押しか、ディスプレイの設定画面からミラーリング機能を選択すると待機状態になります。<br /> 余談ですが、端末の名前はデフォルトで本名が混じった名前になっていますが、リモコンアプリなどで周辺の機器を無差別に検索・表示されるため、プライバシー的にアレなのでAmazonのサイトの「端末の管理」から変更することが可能です。
Homeボタン長押しか、ディスプレイの設定画面からミラーリング機能を選択すると待機状態になります。
余談ですが、端末の名前はデフォルトで本名が混じった名前になっていますが、リモコンアプリなどで周辺の機器を無差別に検索・表示されるため、プライバシー的にアレなのでAmazonのサイトの「端末の管理」から変更することが可能です。

なお、ミラーリングは「Miracast」に対応したスマホやタブレットが必要です。
「Miracast」対応の端末は、自宅には「XPERIA Z3」と「Zenfone2」しかありませんでした。
YOGA TABLET2」の「画面のキャスト」は認識しません(Miracast非対応でChromecast用の機能と思われる)。

「XPERIA Z3」の場合、接続設定から「スクリーンミラーリング」を選択します。(画面はAndroid5.0アップデート済のもの)「画面のキャスト」はChromecast用なのか、全く認識しません。
「XPERIA Z3」の場合、接続設定から「スクリーンミラーリング」を選択します。(画面はAndroid5.0アップデート済のもの)
「画面のキャスト」はChromecast用なのか、全く認識しません。

「XPERIA Z3」では認識して正常に接続が完了するとミラーリングされた画面が表示されますが、接続中に「FireTV Stick」側が強制終了したりシステム自体がハングアップ・再起動したりでかなり不安定で、5回中4回失敗する有様です…。

「Zenfone2」は「PlayTo」という項目で認識はしますが「XPERIA Z3」以上に不安定で、滅多に接続できない上に、成功しても1分以内に切断されます。
どちらも不安定ということは「FireTV Stick」側が原因のような気がします(実際に不安定というレポートが多い)。ソフトのバージョンアップで安定するような問題だったら良いのですが…。

ミラーリングされている状態です。ちなみにかなり不安定で、接続自体がなかなか上手くいかない上に、成功してもすぐに切断されます…。(Zenfoneの場合もヒドいので「Fire TV Stick」の仕様と思われます)
ミラーリングされている状態です。ちなみにかなり不安定で、接続自体がなかなか上手くいかない上に、成功してもすぐに切断されます…。(Zenfoneの場合もヒドいので「FireTV Stick」の仕様と思われます)

で、まだマシな「XPERIA Z3」でGCを表示させたところ、映像は表示出来ましたが音声が出ません(XPERIA側・テレビ側両方)。
そもそも不安定なので画像がガクガクですし、頻繁に切断されて落ち着いて観ることが出来ないので実用外となりました。

GCWebの動画をミラーリング中。ぱっと見で成功っぽく見えますが、「音が出ない」「映像はガクガク」「そのうち切断される」など問題だらけです…。
GCWebの動画をミラーリング中。ぱっと見で成功っぽく見えますが、「音が出ない」「映像はガクガク」「そのうち切断される」など問題だらけです…。

 

…ということで、「FireTV Stick」でGCを大画面で視聴する計画は失敗に終わりました。

最終手段として「FireTV Stick」にブラウザを無理矢理導入出来たら動きそうな気はするのですが、GCWebの推奨環境をみると「Kindle Fire」非対応としっかり書かれていますし、ダメモトで試すにはBluetoothマウスが必要(ブラウザの操作用)で手持ちにはありませんし…。試す機会が出来たらまた続報したいと思います。久々に人柱的なネタになったなあと。

「FireTV Stick」は幸いにもネット動画&BGM用として十分働いていますので本来の仕事に専念して貰おうと思います。

2015年秋の東京競馬場。

中央競馬の府中開催ということで、春以来足を運びに行きました。

今回は、かつて別の理由でよく府中で顔合わせをしていた、みやのさわさん(現在関西在住)が東京競馬場に行きたいということで案内しました。

で、今回のコンセプトは「食べ歩き」です。
氏曰く「ギャンブルよりも施設に興味があっていろいろ見てみたい」「京都には行ったことがあるけど東京がすごいらしいので」とのこと。競馬だけでは無いところが競馬場の魅力でもあるので、今回は視点を変えて足を運んでみました。

 

…が、当日(2015/11/8)はかなりの悪天候でした。

雨の府中。そんな中でも誘導馬&乗り手さんたちはこちらに向かって愛想良い仕草を見せてくれました。ブロッケンさんやユーワ係長が間近で見れて嬉しかったり。
雨の府中。そんな中でも誘導馬&乗り手さんたちはこちらに向かって愛想良い仕草を見せてくれました。ブロッケンさんやユーワ係長(府中の公式Facebookネタ)が間近で見れて嬉しかったり。

結構な雨の中、内馬場に行きました。当然ながら殆ど人が居ません。
内馬場の地下道は2,3人しかすれ違わなかったり、「フアフアターフィ」はいませんし、店も昼食時なのに待ちどころか誰も居ませんでした。悪天候とはいえGII開催なのに寂しいなあと。

雨でも賑わっているスタンドに対して、道を歩いても誰ともすれ違わない寂しい内馬場。今年の春からいつの間にかターフビジョン裏の絵が変わっていました(旧絵柄)。府中がおがわじゅり氏の絵だらけになりそうです。
雨でも賑わっているスタンドに対して、道を歩いても誰ともすれ違わない寂しい内馬場。いつの間にかターフビジョン裏の絵が変わっていました(今年春の旧絵柄)。府中がおがわじゅり氏の絵だらけになりそうです。

 

そんな中、内馬場名物「馬そば」をリクエストしていたので、注文しました。前述の通りガラガラの状態だったので快適に注文完了。

前回は鶏そばでしたが、今回は一番人気のゲソ天(500円)です。もちろんプラス100円の大盛りでオーダー。

ゲソ天大盛り(左)と普通盛り(右)。大盛りはプラス100円で麺が二倍で、比較すると一目瞭然。
ゲソ天大盛り(左)と普通盛り(右)。大盛りはプラス100円で麺が二倍で、比較すると一目瞭然。

やはり、大盛りはボリューミーです。ただ、麺が柔らかいですし癖の無い汁なのでスッと腹の中に収まります。
ゲソ天は大きいのが2本入ってお得です。フニャフニャなのは元からそういう仕様なのか、人が少なくて揚げてから時間が経ってしまったからなのかは不明なので、また食べて確かめないとなあと。個人的には鶏そばの方が好みでしたが…。

 

内馬場からスタンドに戻って、メモリアルスタンド地下の「ハロンボウ」のカレーをみやのさわさんはオーダーしました。
わたしはそば大盛りで腹一杯なのでパスしましたが、なかなか美味しそうです。頼むとしたらカツカレー大盛りにしたかったなあと(←大盛りばかり)。

横から失礼して撮影。カレーは色々な店があって、以前わたしは「ヒットカフェ」(ホテルオークラ運営)のカレーを食べました。カレーにハズレは無さそうですが、一番のアタリを見つけたいところ。
横から失礼して撮影。カレーは色々な店があって、以前わたしは「ヒットカフェ」(ホテルオークラ運営)のカレーを食べました。カレーにハズレは無さそうですが、一番のアタリを見つけたいところ。

これだけ食べたのにみやのさわさんは、デザートとして「トーキョーカフェ&ベーカリー」の大穴ドーナツを2つ買いました。うーん…すごい食欲。
大穴ドーナツって「穴が大きい=実質少ない?」と思ったら、埋め合わせるかの如く大きなドーナツでしたし、揚げたての状態でしたし、これはわたしも買えば良かったなあ…と思いました。次回府中行ったら験担ぎも兼ねて買いたいなあと。

 

大穴ドーナツも買ったし、やはり競馬場ですし…ということでここからはレースを楽しみました。
やはりパドックで馬を検討して、PAT会員ですがマークシートを塗って馬券を買って、スタンドでレースを見てその繰り返しが好きです。

雨なのでパドックは閑散気味でしたがそれでも熱心に馬を見ているファンが多いです。
雨なのでパドックは閑散気味でしたがそれでも熱心に馬を見ているファンが多いです。
今回も毎レース「勝手に応援馬券」してみました。今回も黒字で終わることができました。しかし肝心の三連単と三連複は……(汗)
今回も毎レース「勝手に応援馬券」してみました。今回も黒字で終わることができました。しかし肝心の三連単と三連複は……(汗)
帰り際に「鳥千」の「骨なしフライドチキン」を買いました……が、ムネ肉でパサパサでイマイチでした…。食べやすそうと思ってこっちを選びましたが、やはり普通のフライドチキンが良かったと後悔。
帰り際に「鳥千」の「骨なしフライドチキン」を買いました……が、ムネ肉でパサパサでイマイチでした…。食べやすそうと思ってこっちを選びましたが、やはり普通のフライドチキンが良かったと後悔。

雨の競馬場はフアフアターフィが居ない、観覧席の芝生は重馬場、そもそも歩き回りづらい等レジャー目的としては不向きですが、レースは雨でも楽しめます(パドックは不便ですが…)。むしろ馬券は穴派としては荒れた展開の方が好きですし。

 

いつも「折角競馬場に足を運んだのだからレースを…」と思ってレース観戦に集中していましたが、店周りも面白いなと思いました。
次は中山競馬場にも行ってみたいなあと。あと夏に行くつもりだった大井にも…。

2015年春の東京競馬場行き納め。

今週で府中開催が10月まで無いので春競馬の締めくくりとして足を運びました。

前日が雨で当日も曇りのイマイチの天候で午前中は人が少なかったのですが、午後になってどこから沸いたのだろうと思ったほど急に人が多くなりました。

重賞開催とはいえJ・GIII(東京ジャンプS)でしたので意外だなあと思いましたが、特別競走のメインレースや最終レースでもかなりの人だったのでやはり自分と同じく「行き納め」みたいな感じだったのかなあと。
パドックはかなり人が多かったですし、スタンドの席もまあまあ埋まっていたり、”稍重”の芝生の上でシートを敷いたり敷かなかったりで観戦している人も多かったです。

 

なお、今回は連れの者不在でソロでの観戦です。
競馬は仲間を作って観戦すれば「(馬券の)喜び二倍・悲しみ半分、酒は十倍美味くなる」といった感じで大昔のJRAの広告に書いていたような気がしますが、そんな感じで話し相手が居ないのは寂しいものの、反面、マイペースで行動出来るので今回は気になっていた内馬場へ足を運びました。

内馬場へはスタンド前の地下道を利用します。(悪天候で写真映りが…)
内馬場へはスタンド前の地下道を利用します。(悪天候で写真映りが…)
地下道の頭上はコース。おがわじゅり氏の壁絵が所々にあるものの、暗めで殺風景です。
地下道の頭上はコース。おがわじゅり氏の壁絵が所々にあるものの、暗めで殺風景です。
こじんまりとした内馬場からスタンドを見ると改めて大きいなあと感じます。ターフビジョンも巨大な壁のようです…。
こじんまりとした内馬場からスタンドを見ると改めて大きいなあと感じます。ターフビジョンも巨大な壁のようです…。

昼前の人が少ない時間に足を運んだせいもありますが、普通の公園のようなスタンド近くとは異なる雰囲気で落ち着きます。投票所でさえ熱気は皆無でのどかな感じでしたし。

内馬場を一通り回った後、人気の「馬そば」で、とりそばを食べました。

「馬そば」のとりそば(470円)の大盛り(+100円)。昼時になるとかなり混むので、昼前を狙いました。
「馬そば」のとりそば(470円)の大盛り(+100円)。昼時になるとかなり混むので、昼前を狙いました。

「とりそば」は470円でかなりリーズナブルです。麺は柔らかくつゆの味はごく普通の駅そば風ですが、具の鶏肉は大ぶりの脂がのっていてジューシーなモモ肉が多く入っていました。こういうのは大抵ムネ肉でパッサパサなのが使われがちなのですが、値段を考えるとかなり頑張っているなあと。

しかも100円増の大盛りにすると麺の量が通常の倍になるらしく、朝食を食べてない状態の昼食でしたが、キャパシティの大きいわたしの胃でも、空腹の状態から一気に満腹になる程のボリュームです。コストパフォーマンスは絶大だなあと。
他のそばメニューも豊富で、ゲソ天が人気だそうです。

屋根付きとはいえ屋外で食べるそばは新鮮に感じます。肌寒く暖かいモノが欲しくなる秋にまた「馬そば」に足を運んで食べに行きたいなあと(なお、開催期間外のパークウィンズでも開いているそうです)。

 

満腹になったところで、昼からレース観戦しました。

5R新馬戦のパドック。一番人気の「ヒプノティスト」は尾花栗毛で近くで見るとキレイです。この後人気に応えて快勝しましたし、今後に期待です。
5R新馬戦のパドック。一番人気の「ヒプノティスト」は尾花栗毛で近くで見るとキレイです。この後人気に応えて快勝しましたし、今後に期待です。

 

で、今回は趣向を変えて、パドックを見て気になった馬の応援馬券(単+複馬券)を毎レース買うという「勝手に応援」ルールを設けました。単純に「気になった」という部分とオッズとの兼ね合いでチョイスしました。
しかしコレがなかなか当たらず…。

先に晒しておきますが、変な期待を持ってプレッシャーをお馬さんに掛けてしまったかもしれない外れ馬券。
先に晒しておきますが、変な期待を持ってプレッシャーをお馬さんに掛けてしまったかもしれない外れ馬券。

「パドックを見れば当たる確率は高くなる」と常々思っていますが、(穴狙いがメインとはいえ)Uzlaの相馬眼は節穴に近い結果となりました。

一応重賞の東京ジャンプSとメインの11レース目はなんとか当てることができました。

6番人気で3着に食い込んだ「ウォンテッド」号。990円×2=1980円。
6番人気で3着に食い込んだ「ウォンテッド」号。990円×2=1980円。
こちらは1着だったので単複ともに獲得して2460円でした。なんで外れ馬券がメインに映ってるんだというと、アンズチャンがハナ差で負けたのが悔しくて後ろの馬券の事を忘れていました(汗)
こちらは1着だったので単複ともに獲得して2460円でした。なんで外れ馬券がメインに映ってるんだというと、「アンズチャン(5番)」がハナ差で負けたのが悔しくて後ろの馬券の事を忘れていました(汗)

「勝手に応援」企画は打率がイマイチとはいえ若干の黒字ということで成功と言えば成功ですが、別で買った馬券が全部外れた為、トータルは赤字です…。ボックス買いで2つの馬で悩んで、切った方が入って万馬券を2回逃して悔しい思いをした……というのは言い訳なので今後書きません(汗)

この「勝手に応援馬券」は初心に戻った気がして結構楽しかったので、今後も相馬眼を養うことを兼ねて生観戦の際にはやりたいと思います。

 

府中開催復活の秋までは、函館とか札幌、もしくは近場の新潟や福島で夏競馬観戦したいなと思っていますが、連れの者が何故か地方競馬を見たいと言ったので、次回は大井か川崎デビューとなりそうです。
トゥインクル(ナイター)は興味がありますし、ダイアモンドターンも気になりますが、まずは普通に…。
わたしでさえ地方競馬は未経験で躊躇していたのに、連れの者は「濃い」競馬ファンになったもんだなあと。

2015年春の東京競馬場と指定席体験。

昨年11月以来の東京競馬場に足を運びました。暖かくなってきた上に当日は晴天で競馬日和でした。

春の府中。府中本町駅からのゲートを抜けた直後の開放感と芝の緑が良いです。
春の府中。府中本町駅からのゲートを抜けた直後の開放感と芝の緑が良いです。

で、今回は指定席で観戦しました。前からどんな感じなのかなと気になっていたのでトライです。

指定席は当日でも購入出来ますが重賞開催の日は午前中に満席になることも多いみたいなのでネット予約をしました。
ネット予約はJRAカード会員でなくても一般のクレジットカードでも可能です(ただしJRAカード会員専用の枠や先行予約があるので、GIなど人気のあるレースの場合だと不利)。

今回はB指定席を確保しました。当日は引き替えカウンタに足を運んでネット予約をした旨を伝えて決済に使ったクレジットカードを渡し、チケットを受け取ったうえでハンドスタンプを押下されます(複数人予約の場合必ず全員が揃わないと発券できないのはこのハンドスタンプのため)。ハンドスタンプは普通の状態だと無色で、紫外線(ブラックライト)を当てると分かるタイプです。指定席のエリアで受付の方にそのハンドスタンプを見せてゲートインです。

渡された指定席チケット。基本的にハンドスタンプ認証ですがチケットを提示するように言われるかもしれませんので常に持っておきます。…というか座席が多すぎて座席番号が書いているこの紙が無ければ分からなくなると思います…。
渡された指定席チケット。基本的にハンドスタンプ認証ですがチケットを提示するように言われるかもしれませんので常に持っておきます。…というか座席が多すぎて座席番号が書いているこの紙が無ければ分からなくなると思います…。

指定席専用の馬券の発売・払戻窓口があって一般よりも空いていますし(但し払戻は窓口が少ないのでレース後かなり混む)、ゴミはあまり落ちていませんし、そこはやはり指定席エリアなんだなあと。

そして、肝心の座席ですが、開放的でした。

B指定席の中あたり(ゴールから約170m前)でしたが、ターフビジョンも見やすい位置でなかなか良かったです。
B指定席の中あたり(ゴールから約170m前)でしたが、ターフビジョンも見やすい位置でなかなか良かったです。
座席にはモニタがあり、ボタンでチャンネル(8ch)を変えることによって他の競馬場のパドックやレース、オッズも確認出来ます。
座席にはモニタがあり、ボタンでチャンネル(8ch)を変えることによって他の競馬場のパドックやレース、オッズも確認出来ます。
このために2000円で買った安物双眼鏡(でもよく見える)やら新聞やらオッズ確認用のタブレットやら開いて競馬観戦モードです。
このために2000円で買った安物双眼鏡(でもよく見えた)やら新聞やらオッズ確認用のタブレットやら開いて競馬観戦モードです。

で、結論からいうと馬券はあまり当たりませんでした(汗) 昼食に「ヒットカフェ」(ホテルオークラ運営)の「勝つカレー」を食べて縁起を担ごうとしてもダメでした。あるレースで総流ししようと思ったものの素人臭いかなと思って8頭流しに絞ったのに、絞ったせいで万馬券を逃してしまい、これを書いている今でも悔やんでいるレースがありましたし(汗)

とはいえ、やはり観戦はテレビよりも生が良いです。
本馬場入場の時に真っ先にスタート位置に疾走したりなかなか走ろうとしなかったり、歓声やどよめきもありますし、レースの合間に芝コースをスタッフが整えたりハロー車がダートコースを整えたりなどレースを支えている”生きた”シーンも見ることができますし、府中のアイドル・サクセスブロッケンの誘導を見ることが出来て嬉しかったですし、普段はPATですがパドックを生で見て、マークシートに書いて、馬券を手に持って、当たったら換金して…というそれぞれの過程が好きです。

快晴なのでパドックもかなりの人でした。ただ、メインではなく5R(未勝利戦)でこんなに混んでいるとは…。
快晴なのでパドックもかなりの人でした。ただ、メインではなく5R(未勝利戦)でこんなに混んでいるとは…。

しかし、こんなに晴れているのに指定席は寒かったです…。と言うのも常に日陰ですし、風がかなり強かったので連れの者は膝掛けが欲しいぐらいとのこと。膝掛け売店に打っているのかなと思って見回っても無く、ゴールドシップのグッズのタオルを買おうかと悩んでいたとか何とか(連れの者はゴルシのファンでは多分ないです)。女性も多いですし膝掛けを販売したら売れると思います<関係者の方

…ということで指定席の感想。
指定席はじっくり腰を据えて馬券を検討したりレースを見る分には適しているものの、東京競馬場は指定席とはいえ屋外(S席を除く)なので快適性はイマイチですし、指定席のあるフロアは高層階なうえにスタンドが広い分パドックや売店などあちこち足を運びづらく(指定席エリアのスタンプ確認も毎回発生)機動力に欠けるのが難点でしたし。個人的に東京競馬場に行くのならば普通席かなと思いました。
ただ、あくまでファシリティの問題なので他の競馬場なら話は変わると思いますが…それは別の競馬場に足を運んでみるなど今後の研究課題にしたいです。

 

ゴルシのタオルの話を聞いて面白かったので帰りに売店を覗きに行こうとしましたが、かなりの激混みに参ったので、かわりに店頭にあるガチャ(カプセルトイの自販機)を回しました。
ガチャの内容は昨年の下半期の重賞の勝ち馬フィギュア(300円)です。ネットゲームではなくリアルなガチャを回すのは何十年ぶりだろう…。

出てきた馬は昨年のシリウスS(GIII)の勝ち馬・クリノスターオーでした。先週のアンタレスSで勝利したのが記憶に新しいです。…しかし青毛なのではもっと黒いのでは?
出てきた馬は昨年のシリウスS(GIII)の勝ち馬・クリノスターオーでした。先週のアンタレスSで勝利したのが記憶に新しいです。…しかし青毛なのでもっと黒いのでは?

そんな感じで東京競馬場を後にしました。リベンジとして次回は6月に行こうと思います。
連れの者は重賞より平場が好きみたいですし、地味な土曜日にでも…。