ApplePayでQUICPayしました。

つい先日、日本でも「ApplePay」が正式に開始されました。
わたしは「ApplePay」のためにiPhone7にしたようなものなので、早速導入しました。

まずはOSのアップデート。Plusだとカメラの機能も増えるので必須かと。
まずはOSのアップデート。Plusだとカメラの機能も増えるので必須かと。

とりあえず手持ちのクレジットカードを登録しました。
Androidやガラケーの「おサイフケータイ」だと自分のカード会社の対応状況を確認してアプリを導入・登録するのですが、ApplePayの場合は、アプリの導入は不要(iOS標準)です。少々「ApplePay」の場合は特殊で、カード会社はもちろん、発行しているカードによっても利用できるものと出来ないものがあります。この辺についてはカード会社のWebサイト等で確認した方が良いと思います。

また、カード会社やカードによって「QUICPay」か「iD」となります。わたしはJCBのプロパーカードなので「QUICPay」となります。

カード情報の取り込みは、iTunesなどでAppleにあらかじめ登録している情報があればそれをそのまま利用することが出来ます。この場合だと一番楽なのですが、新規登録の場合もiPhoneのカメラでクレジットカードの番号を取り込んで登録する方法もあります(手動で情報を入力することも可能)。

カメラで取り込むことが出来るのはカード番号だけで、名義は手動入力が必要です。
カメラで取り込むことが出来るのはカード番号だけで、名義は手動入力が必要です。

あと、支払いの際に指紋認証である「TouchID」を利用しますので登録が必要です。セキュリティの意味でもあるのか、おサイフケータイのようにタッチするだけでは支払いが出来ません(Suicaを除く)。
あらかじめ登録している場合は問題無いですが、スムーズに支払いが出来るように右・左どちらの手の指でも認証できるように登録をした方が良いと思います。

登録完了しました。
登録完了しました。

登録を行って早速「ApplePay」を利用しました。

わたしはガラケー時代に「おサイフケータイ」が登場してからずっと利用しているヘビーユーザーなので、電子マネーには特に新鮮味は無いですが、「ApplePay」の場合は指紋認証がありますのでその辺が不安でした。
普段指紋認証で画面ロックを開いているとはいえ、「支払いにもたついたり認証がうまくいかなかったらどうしよう」とか。初めて高速道路のETCゲートを通った時のような気分です。

支払いの時ですが、登録しているカードの決済方法となりますので「QUICPay」(もしくは「iD」「Suica」)と伝えます。「ApplePayで。」と言っても店員さんが困られると思いますのでご注意を。
店によってはレジ端末のタッチパネルで決済方法を指定する場合もありますが、その時も同様です。

カードリーダーに端末を当てると、自動的に「ApplePay」のアプリが立ち上がりますので、そこでTouchID認証を行います。

iPhoneにカードリーダーを当てると、自動的にApplePayのアプリが立ち上がり、TouchID認証を求められます。
iPhoneにカードリーダーを当てると、自動的にApplePayのアプリが立ち上がり、TouchID認証を求められます。
支払い履歴は一件だけ残ります。複数残れば良いのに…。
支払い履歴は一件だけ残ります。複数残れば良いのに…。

認証自体はスムーズに終わり決済が完了しますが、指紋の当てる角度とか押圧でうまくいかない場合もあるので、慌てず普段画面ロックを解除するときのような心がけで。あと、前述の通り、右左の指紋を登録すると良いです。(右左同じ指紋で問題無い場合もありますが、TouchIDの設定で確認すると良いと思います)。

TouchIDの設定画面。ボタンに触れると指紋番号が反転します。いろんな角度で指を当ててみて試してみましょう。あと、指をケガした場合に備えて、複数の指を登録すると良いです。
TouchIDの設定画面。ボタンに触れると指紋番号が反転します。いろんな角度で指を当ててみて試してみましょう。あと、指をケガした場合に備えて、複数の指を登録すると良いです。

 

これでQUICPay支払いのために鞄の中に入れていたタッチパネルが壊れた「XPERIA Z3 Compact」ともお別れとなりました。初期化して修理に出そうかな…と。

 

次回は、おサイフケータイでも利用しなかった「Suica」を登録しようとおもいます。

真っ先に登録しようと思いましたが、会社の定期券の申請で「定期券の”写し”を申請」とあるのですが、「モバイルSuica」だとどうすれば良いのか聞いても「前例が無い」と言われて確認中のため保留です。
登録した後で「スクリーンショットの画面だと証明にならない」とか言われるとイヤなので…。

iPhone7ジェットブラック届きました。

先月Appleストアで予約した、iPhone7のジェットブラックが届きました。

Appleストアから「発送しました」というSMSが届いて、翌日か翌々日届くのかなと思ったのですが4日後に届きました。結構時間掛かったなと荷物追跡サービスで確認したら、中国の上海から発送していたみたいで、産地直送なのだなあと。

海外からという割にはシンプルな包装でした。英文や通関のシールもないので国内で再パックされたのかなと。
海外からという割にはシンプルな包装でした。英文や通関のシールもないので国内で再パックされたのかなと。
底面に納品書、側面にはシリアル番号やIMEIのラベルが貼られていました。少々気になります。
底面に納品書、側面にはシリアル番号やIMEIのラベルが貼られていました。少々気になります。

iPhone7は艶消しブラックの箱に入っていました。付属品は本体とUSBアダプタ、Lightning=USBケーブル、Lightningに接続するイヤホン端子、Lightningに接続するイヤホン、数枚の簡易マニュアル、SIMの差込口を外すための金具です。付属品が豊富だなあと。特にイヤホン端子がなくなった都合でのLightning接続のイヤホン端子とLightningに接続するイヤホン付属が本モデルの特徴です。

本体と一式セット。なお、USBアダプタやイヤホンは白です。これもブラックだったら良いのになと思うのは贅沢でしょうか…。
本体と一式セット。なお、USBアダプタやイヤホンは白です。これもブラックだったら良いのになと思うのは贅沢でしょうか…。

本体ですが、本モデルで圧倒的に人気色のジェットブラックで、指紋が簡単に付くほど艶のある黒できれいだなとは思うのですが、プラスチック全開なので高級感は感じません。これが金属だったら印象は変わるのですが…。正直ガッカリしました。

もう一つガッカリしたポイントが、iPhoneSEのサイズ感を想像していたので本体が大きく感じ、今まで使っていた「XPERIA Z3 Compact」より一回り大きいです。iPhoneユーザの方には申し訳ないですが今後日本で予定されるApplePayによるIC決済がなければAndroidのままでも良かったかなあ…と。

もっと高級感があるかなと思ったら、プラスチッキーで正直ガッカリしました。とはいえ、きれいではあるので指紋が気になります。
もっと高級感があるかなと思ったら、プラスチッキーで正直ガッカリしました。とはいえ、きれいではあるので指紋が気になります。

あと、iPhone7のデザインで話題に上がるのが「総務省指定」の文字ですが、これは全く問題に感じません。
…というのも、ゴマ粒ぐらいの大きさの文字なので気にならないです。

いや、実際にはゴマ粒以下でした…。

実際にゴマ粒を置いたところ。iPhone Plusだとゴマ以上なのかどうかは不明ですが、iPhoneでは少なくとも気になるレベルではないです。
実際にゴマ粒を置いたところ。iPhone Plusだとゴマ以上なのかどうかは不明ですが、iPhoneでは少なくとも気になるレベルではないです。

外観チェックもそこそこに、セットアップを行いました。
電源を入れて指示通りにセットアップを進めていきます。

アクティベーションにはSIMが必要ということで、XPERIA Z3からSIMを抜いて差し込みました。電源入れたままでも問題無かったです。
アクティベーションにはSIMが必要ということで、XPERIA Z3からSIMを抜いて差し込みました。電源入れたままでも問題無かったです。

わたしはAndroidからなので、データの移行はどうしようかなと思っていましたが、Appleが提供している移行用のアプリが「Google Play」にあるのであらかじめ導入します。しかしこんなソフトをよくGoogle認めたなあと。iPhoneに鞍替えされてもサービスで稼ぐから問題無いのかなと。

Googleアカウントやブックマーク、アドレス帳はAndroidからのデータ移行もできます。
Googleアカウントやブックマーク、アドレス帳はAndroidからのデータ移行もできます。

 

しかし、XPERIA側で問題が発生しました……というほどではないですが、タッチパネルの上と下部分が故障で効かない(最近では設計不良との噂)ので、上の方にある「次へ>」がタッチできないという…。

しかたなく、以前購入してレポートした「USB OTGケーブル」とPC用のマウスでXPERIAを操作しました。
当時「マウスを繋げても無意味」と書きましたが、まさかこんなところで役に立つことになるとは思わず…。

一方、Android側。暗証番号を入力してペアリング後、移行したい項目を選びます。余談ですが、タッチパネル問題で苦労しているXPERIAZ3ユーザのためにも「次へ>」のボタンはもう少し下が良いです…。
一方、Android側。暗証番号を入力してペアリング後、移行したい項目を選びます。余談ですが、タッチパネル問題で苦労しているXPERIAZ3ユーザのためにも「次へ>」のボタンはもう少し下が良いです…。

移行は、Googleアカウント・ブックマーク・メッセージ(SMS)・連絡先(アドレス帳)・カメラロール(カメラ画像)と選べますが、カメラロールは3GBぐらいあったので、それを避けて移行したのですぐに完了しました。ただ、うまくペアリングされないことが多く、何度かリトライしてうまくいきました。

セットアップが完了すると、Androidで利用していたアプリも、ある程度は自動的にインストールされます。なお、単にインストールされるだけで、LINEやTwitter等はアカウントのログインやインタフェースの再設定が必要です。

…ということで、セットアップ完了です。
…ということで、セットアップ完了です。

ただ、想像はしていたのですがAndroidと操作が異なるので最初はかなり苦労しましたが、1、2日で慣れました。iOSが初心者に使いやすいと言われている理由に納得です。

唯一キーボードだけはAndroidではATOKを使っていたので慣れることが出来ず、新たに導入しました。
PCやAndroidで利用している月契約の「ATOK Passport」の対象外なので1600円の出費ですが、かなり快適になりました。フラワータッチ最高です。レビューの評価がかなり低かったので不安でしたが、特に不具合も無く快適に利用できています(パスワード入力ボックスはiOSの仕様なのか標準キーボードに変わる)。

 

他にも前面スイッチだとか、Lightningコネクタのヘッドフォンの音質とか、カメラの画質とか色々ありますが、そちらについては次回に書こうと思います。

iPhone7予約しました。

メインのスマートフォンとして昨年の3月から「XPERIA Z3 Compact」(SO-02G)を愛用していましたが、最近になってタッチパネル上下部の反応がなくなり操作に支障が出るようになりました。

タッチできない部分のイメージ。赤く塗っているところが…ということで戻るボタンやホームボタンが使えず、大きな支障に。
タッチできない部分のイメージ。赤く塗っているところが…ということで戻るボタンやホームボタンが使えず、大きな支障に。

戻るやホームボタンを側面に設置できるアプリを使ったり、タッチパネルを高感度にする「手ぶくろモード」でだましだまし使っていますが、手ぶくろモードは誤作動が多いのでかなり不便です。

元々はドコモの白ロム(新品)なのでショップで修理すれば良いのですが、当初からMVNO運用しており、ドコモ契約ではないのがネックです。ドコモ契約でなくても修理は受けられるのですが(一応ドコモショップで確認)、代替機が借りられないので通信手段がなくなるのが痛いです。
自宅にはnanoSIM対応のスマホがないですが、SIMアダプタを使えば何とかなるかなとも考えたのですが、わたしの2つ前の愛用機だったSH-02Eは連れの者のゲーム機(3台持ち…)と化していますし、10インチの「YOGA Tablet2」で通話する勇気はありません。

 

そういうことなので、新しいスマートフォンを探していましたが、イマイチパッとするものが見つかりません。

わたしの条件は「小さい端末が好きなので4インチ台のディスプレイ」「おサイフケータイ対応」の2点です。

まず最初の「4インチ台の機種」というだけでも難関で、昨今の端末は大型化が進んで、5インチが主流で6インチも珍しく無くなっています。
わたしはSH-02E(4.9インチ)でも大きいと感じて、連れの者のZenfone2(5.5インチ)でビックリして、「XPERIA Z3 Compact」(4.6インチ)にして気に入ったので、メインのスマホはやはり小型がいいなということで。

海外製のSIMフリー機種でいわゆる「格安スマホ」には4インチ台は多いのですが、性能も品質もイマイチなので「XPERIA Z3 Compact」から乗り換えた場合ガッカリするかなと思ったのでパスです。

最初の条件だけでも厳しいのに、それに加えて「おサイフケータイ」になると、もう実質2機種ぐらいしか見つかりません。1機種は同じくXPERIAのCompactモデル(直近ではZ5 Compact(SO-02H))、もう1機種はシャープのSIMフリー端末「AQUOS mini SH-M03」です。ソニーとシャープに縁を感じます。

ただ、前者は中古機種でもかなり高価(5万円以上。なお、Z3は当時新品35000円で購入)ですし、目新しさが感じられず、タッチパネル事件もあるので今回はパスしたいです。
後者は少し前までは一部のMVNO(楽天モバイルなど)専売で、わたしの契約しているOCNでは扱っておらず検討外でした(なお、9月に入ってから量販店等でも単品でも手に入るようになりました)。

 

そういう状況なので、おサイフケータイは諦めようかなと思ったら、「iPhone 7」のAppleの発表数日前に「iPhoneでFeliCa対応予定」というニュースを聞いて、搭載されるとしたら来年のモデルかなと思ったら、iPhone7の正式発表でApple Pay対応されるということで、「これしかない」と思いました。

現時点で対応を謳っているサービスが「Suica」「QUICPay」「iD」の対応とのことですが、「QUICPay」を利用しているので十分です。未対応と思われる「Edy」も使っていますが、Edy非対応でQUICPay対応の店をよく利用しているので、この機会に一本化することに。「Suica」は定期券(通常のICカード)で毎日使っているので、これもiPhoneで使えるとなると便利そうです。

気になるのが、サービス開始は10月末で少し先ですし、本当に対応するのかとか、Suicaの細かい仕様が不明(定期券の更新や変更、Suicaグリーン券は対応してるのか等)気になる点がいっぱいあります。

 

あと、もう一つ気になるのが、わたしは生粋のAndroidユーザ(2.3時代から…)なので、iPhoneは持ったことがありません。店頭の試用機に触れて「アプリの終了はどうすれば良いのか」とか「(表に)ボタンが一個しかなくて使いづらい」とか戸惑ったぐらいで、今回でiPhoneデビューとなります。

今回のiPhone7では防水だとかFeliCaが大きなトピックですが、Androidではすでに対応していることばかりです。それでもiPhoneを選んだのは、この機会にiPhoneを触ってみたいとか、おサイフケータイとどう違うのだろうという好奇心と、前述の通り小さい端末がAndroidではほぼ淘汰されてしまったからです。

 

…ということで、iPhoneに乗り換え決定ということで、予約開始の9/9 16:01にAppleのWebサイトで予約しました。

予約完了。手元に届くのは10月の頭だそうで。
予約完了。手元に届くのは10月の頭だそうで。

注文しようにも重くてアクセスがうまくいきませんでしたが、確保しました。SIMフリーなので入手が難しいかなと思いましたが、あっさりです。今回は日本に特化したモデルだからでしょうか。

モデルは「iPhone 7」128GBの新色「ジェットブラック」を選びました。納期が発売日(9/16)から2~3週間後とのことで、10月の頭に手元に届く予定です。
なお、「ジェットブラック」がかなりの人気で、他の色だと発売日に手に入れることは可能でしたが、別にそんなに急いでいないので待ちです。一足遅い自分への誕生日プレゼント(生誕35周年)ということで。
楽しみですが、届くまでZ3のタッチパネルが完全に死なないか不安です…。

余談ですが、通常の「iPhone 7」よりも一回り大きい端末の「iPhone 7 Plus」がかなり人気みたいで、ジェットブラックだと11月、他の色でも2~3週間待ちでした。わたしは小さい端末が目当てなのでPlusは元々対象外ですが(あの大きさだったらAndroidを選んでいる)、デュアルカメラはちょっと気になりました。

 

…ということで、10月に手に入ったらレポートしようと思います。
レポートというかiPhoneユーザに失笑されそうなiPhone初体験記になりそうですが…。