【マビノギ】12周年オフラインイベントに参加しました。

前回、マビノギの「12周年オフラインイベント」に当選したことを書きましたが、今日、そのイベントに参加してきました。
オンラインゲーム系のイベントは色々参加しましたが、マビノギは初参加です。

懸念材料が、マビノギのゲーム内に連れの者を除くフレンドが居ないことがネックで、「一人でも楽しむことが出来るかな?」と結構不安でした。こういうオンラインゲーム系のイベントはギルドのメンバー単位で集まったりとか、オフイベも回が重なって顔見知りのグループが多くなりがちです。なので、少数派である”ソロ”視点でのレポートを書こうかなと思います。
(なお、イベント会場は撮影が一部除き禁止のため、文章メインです)

 

4月1日の13時からの受付で、場所は東京・品川の「THE GRAND HALL」。過去に複数回この会場で開催されたらしいです。
近くのビルは会社の仕事関係で良く入りますが、ここに入るのは初めてだなあと。

13時から受付・14時半から開演なので1時間半間があります。「それまで時間を潰すのは難しいかな」と思いましたが、13時前の時点で結構な行列でした。年代は自分と同じぐらいがメインで、男女比はおおよそ6:4です。マビは女性比が高めだなあと改めて感じます。

行列はなかなか動かず増えていくばかりで、「420人(招待客の総数)って少なそうに感じてかなり多いんだなあ」と思って、徐々に前に進んで20分ぐらい待ってエスカレーターで会場のエントランスに入れました。そこでは警察の方が手荷物検査と金属探知機で一人一人チェックされていました。物騒なご時世、こういうイベントに入るのも厳重になったモノだなあと。

チェックが終わるとエントランスは大混雑で、受付で当選メールを見せると、オリジナルの名刺を頂き、さらに12周年ロゴの入ったエコバッグの中に様々なお土産品が入っていました。

オリジナルの名刺(100枚)です。これは、応募時に投稿したキャラ絵とコメントが印刷されます。なので、今の状態と異なります…。
オリジナルの名刺(100枚)です。これは、応募時に投稿したキャラ絵とコメントが印刷されます。なので、今の状態と異なります…。
お土産品の中身。イベントデザインのWebMoney500円分、オリジナルのポーチ、そしてナオさんのマウスパッドです。
お土産品の中身。イベントデザインのWebMoney500円分、オリジナルのポーチ、そしてナオさんのマウスパッドです。
缶バッジもエコバッグに付いていました。「なんでタルラークだけ9個もあるのだろう…」と思ったら、これは交換をして交流を深めるという意図のようです。
缶バッジもエコバッグに付いていました。「なんでタルラークだけ9個もあるのだろう…」と思ったら、これは交換をして交流を深めるという意図のようです。

確認もそこそこに、「リアルガチャ」を引きに行きました。このリアルガチャ、その名の通りカプセルトイのマシンを操作して、カプセルの中にクーポン番号が記載された紙が入っているというリアルなガチャで、大盛況でした。1回300円のを10回引きました。

戦利品。右9つ(左2つは後述)がゲーム内のアイテムです。これを見て「微妙」なのか「良い」のかの判断はお任せします…。
戦利品。右9つ(左2つは後述)がゲーム内のアイテムです。これを見て「微妙」なのか「良い」のかの判断はお任せします…。

10回のうち1回は「リアルグッズ」で、ポスターを貰いました。他にもブックエンドやペンケースとかがあったみたいです。

貼ってみました。G20ですね。ピーネさんカワイイですし、カーズウィンは格好イイですし…。
貼ってみました。G20ですね。ピーネさんカワイイですし、カーズウィンは格好イイですし…。

ガチャは大行列でしたが、その間に名刺交換したりしている人もチラホラ。脇にはスポンサー商品の展示とかも行われていました。あとマビノギ英雄伝も…。ガチャが終わった頃にちょうどメインホールへ入場できました。意外に時間が掛かったなあと。

ホールは全席自由で、見やすいように上の方の真ん中の席に座っていました。
見やすさもありますが、端っこだと人が入るたびに立ち上がる必要があるぐらい狭い席でしたので…。

開演前に周りの座席の方に声を掛けたり賭けられたりで名刺交換をしました。
ただ、席の周りが女性の方が多かったので声を掛けづらく(警戒されると思うとイヤなので)、それほど量は集められませんでした。座席では無くエントランスで粘ろうにも、人が多すぎてじっくりお話も出来ませんし難しかったなあ…と。これは次回の課題だなあと。

「なんでそこまで名刺交換をするの?」というと、このイベントで他プレイヤーの名刺を交換した数に応じてイベント限定のアイテムが貰えるからです。「5~19枚」と「20枚以上」の2タイプありますが、最低でも5枚必要です。なお、わたしは7枚交換しました。
ソロには辛いですが、こうやって輪を広げていくという意味ではアリかなと思います。でももうちょっと会場がゆったりしていたらなあ…。お話もしたいですし。

隣に座っていたマリーサーバーの方とお話をして、「オフイベは初めてです」「こういうのは初めてなので緊張しています」とのこと。わたしも同じだったのでなんとなく安心しました。

 

そして14時半になり、イベントがスタートです。
イベントの詳細はプレス各社様がいましたし、速くも記事が上がっていますので(「Online Gamer」さんの記事など)そちらにお任せしますので概要と個人の感想のみで…。

まず、オープニングとして元TM NETWORKの木根尚登さんアレンジによるマビノギのテーマソングの演奏です。
木根さんが登場するとはかなり豪華だなあと。演奏だけで無くトークもありましたし、最後までいらしていましたし(笑)

そして、待望のアップデート情報です。ほぼ韓国で先行していた情報ですが、「メメント」が正式に発表されました。しかも今春リリース予定ということで思ったより早く、ローカライズが順調なのだなあと感じました。

そしてジャイアントのパワーアップ(スキル強化等)は夏、新才能は冬予定ということですし、ウルラ地域も飛行できるようになったり、昇段システムが復活(?)するとか、矢継ぎ早にバージョンアップが入ります。「昔に比べて閑古鳥だからそのうちサービス終わるかも」と揶揄されがちなマビノギですが、これを聞いて安心しました。

質問コーナーがあって、気になったのは「古い髪のリモデリングを行って欲しい」というもの。こちらは「新規作成に近いリソースが必要になってしまうから追加で補う」とのこと。結構苦労しているんだなあと。歴史あるプレイオネエンジンも追加・追加ばっかりで不安定にならないか心配なところです…。

ちなみにわたしは応募時のフォームに「ギルガシ以外の使徒ミッションは今後増えるのでしょうか。ソロだとキツいですし、複数の選択肢が欲しいのですが計画はあるのでしょうか」みたいなことを書きましたが、不採用になりました(汗) まあ、あれから室長替わったしなあ…と。

 

休憩を挟んで第2部ではコスプレコンテストとクイズ大会がありました。
コスプレコンテストはマビオフイベの目玉ですが、「マビノギ」って失礼ながらもそれほど有名なゲームではないのでこの題材で参加するコスプレイヤーって居るのかと思ったら、かなりハイレベルだなと感心しました。生で見ると尚更です。題材にもこだわりが見えますしすごいなあと。

その後のクイズ大会は、サーバ対抗ということで、プラカードを掲げて4択の生き残り形式です。
わたしですが、フェスティアの演奏の問題を落として脱落しました…。マビノベルで散々「ウェポンブレイカーズ」を題材にしたネタを書いているだけに、一番落としてはいけない問題でした…。脱落後も、ナオのフルネームも、フェスティアの猫も、肉の値段も当たっていただけに悔しかったです。

結果ですが、マリーサーバーとルエリサーバー1名ずつ生き残って優勝。ルエリサーバだけ賞品なしとなりました…。あの問題で落とさなければ全員優勝という展開もあったのかなと思っただけに、尚更悔やまれます…。

 

最後に、コスプレの結果発表と景品が当たる抽選会(ツクモのPC、純金WebMoney、木根さんサイン入りCD、イラスト色紙、マビサントラ等)がありましたが、外れました…。
イロモノ枠として、辞退者続出のロナパン等身大パネル(持ち帰られる方限定)がありましたが、わたしはレンタカー借りてでも持って帰る気満々でしたので残念だなあと。

 

こうしてマビノギパーティーは終了しました。
初のイベントなので疲れましたが、結構楽しかったなあと。周りも交流しようと積極的に動いてくれますし、話しかけても大抵は応じてくれますので、一人でも楽しめるイベントだと思います。マビ好きでしたら来年応募して(抽選に当たったら)参加されることをオススメします。
もちろんわたしも応募してまた品川に行けたらなと思います。
欲を言うなら、ゆったり交流したり展示品やイラコンの作品などもゆったり見たかったのでもっと広いキャパの方が良いですが…。来年に期待かなあ…と。

1年後、また機会があったらお会いしましょう!
1年後、また機会があったらお会いしましょう!

【マビノギ】復帰半年記念。

マビノギ7年ぶりの復帰から半年経ちました。
前回の記事から年が変わって大分経ちましたが、あれから相変わらず毎日のようにプレイしています。

プレイ日記が途絶えた理由としては、Twitterにマビネタを書くようになってそっちがメインになったからです。
ミレシアン(マビノギプレイヤーと同じ意)のフォロワーも増えましたし、書き込んだら「いいね」や返事も届きますし、鮮度の高いネタが書けますし、楽で発信しやすいのもポイントです。

片やブログは返事はもちろん、読まれているのも怪しい状態ですが、長い文章を書くにはこっちの方が都合が良いですし、2007年から続くアーカイブとして残したいので、たまにはこっちの方で”つぶやき”を…。

半年前まではキャラもノウハウも長期ブランクでおぼつかない状態でしたが、慣れてきてからは戦闘も楽になり、生活スキルを鍛える余裕が出来たり、メインストリームもほぼクリア状態となりました(ただしメインストリームは何故かサブキャラの方が全クリア状態で、メインは殆ど進んでおらず…)。

サブキャラのアスティーの方は、着道楽状態です。スクリーンショット撮るのも楽しいなあと。
サブキャラのアスティーの方は、着道楽状態です。スクリーンショット撮るのも楽しいなあと。
一方、メインのUzlaは地味です。とはいえ、髪色をイメチェンしましたし、キツネ耳が今気に入っています。
一方、メインのUzlaは地味です。とはいえ、髪色をイメチェンしましたし、キツネ耳が今気に入っています。

どちらも前回と違ってガラリと変わりました…。ただ、アスティーの方は常に上のような派手派手しい姿ではなく、ほぼ日替わりです。着せ替え人形状態だなあと。

そんな感じでマビライフを堪能していますが、同じく10年プレイしている連れの者(マビの中で結婚・6年後リアル婚)を除いてフレンドゼロなのは相変わらずです。作ろうとは思っているのですが、仕事が忙しくてプレイ時間が不安定なのでなかなか難しいですし、3人以上のパーティー・プレイ経験も無いので作法も分からず尻込みしたり…。ゲームの中のスキルよりヒューマンスキルが課題だなあと。あ、でもギルガシとか夢幻ラビとか深淵ペッカとかは累積レベルもスキルも(以下略)

そんな空気を変えるべく、マビノギの「12周年オフラインイベント」にダメモトで応募してみました。過去に似たイベントに参加したことはありますがマビノギは初めてです。

イベントは抽選制で、140名(サーバ毎。3サーバ計420名)の狭い枠です。フレンドの少ない未経験者は不利かなと思いましたが、当選しました…。



しかし当たったら当たったで、かなり緊張して、当日大丈夫かなあ…と。見せ物系の催し物やらゲームショウのような展示会を想像していたのですが実際は違うみたいで、複数人に名刺交換(会場でキャラ画像と名前が入った自分の名刺100枚貰える)をしないと参加賞が貰えないようなことも聞きましたし大丈夫かなあ…と。まあ、楽しんでいこうかなと思います。グッズがあったら欲しいですし、面白いことがあったらブログで取り上げようかなと思います。

あ、そういえば、名刺に「マビノベル頑張っています」みたいなことを入れた気がするので、マジメに書かないとなあ…。
本当はコメディじゃ無くて正統派のを書きたいのですがあのシステムじゃ難しいなあと。MusicQで作曲も進化しましたし、マビノベルエディタも進化して欲しいなあ…と。

【マビノギ】浪漫剣士になりました。

あいかわらずマビノギを毎日プレイしています。やれることが多いのでなかなか飽きないです。

そういえば、マビノベルのデビュー作は最終的に48冊販売されました。かなり多いです。
閲覧数も多く感謝・感激ですが、結局その理由は謎のまま終わりました。

デビュー作の印税24万Goldです。
デビュー作の印税24万Goldです。

先日4作目を公開しましたのでよろしくお願いします。

キャラの育成状況ですが、Uzlaは今は音楽スキルに落ち着いています。
特に演奏もするつもりは無いのですがこれには紆余曲折があり…。

 

デュアルガンを始めたのですが、ダメージが物足りないのでUzlaにはかなり乏しいINT(賢さ)を上げようと思いました。そういえば昔はINTが1ケタだったなあと。

手っ取り早く上げるには作曲スキルの修練がオススメということで始めました。基本的に本を読むことでランクが上がるので、本を求めてひたすら奔走していました。

最初の関門は、「リュートの純情」で、これはカルー森のダンジョンで手に入るのですが、30周しても獲得できず、かなり疲れました…。毎日カルー森3周ノルマにしていましたが違う本(休憩やメディテ用)ばかり出てなかなかお目当てが出ず。

結局、その副産物の本を何冊か売って「リュートの純情」を購入しました。一応黒字ですがダンジョンで実際にゲットしたかったです…。

その後は比較的順調だったものの3ランクの50万ドゥカートの本で詰まってしまいました。
手持ちは30万D…。まあ、頑張ればあと20万は稼げますが、それでも時間は掛かるので保留です。作曲しませんし…。

いちおう、先回りで2→1ランクの本獲得のために、料理知識を上げました。幸いUzlaはある程度料理スキルはあった(Bランク)ので、「炒める」のスキルが獲得できる9ランクまで上げました。
(チャーハンで温泉ザルから本を貰えることがある)

ついでに料理大会に出て1等獲得。(食い過ぎのため太ってます…)
ついでに料理大会に出て1等獲得。(食い過ぎのため太ってます…)

その後、INT獲得の続きで、音楽知識を上げ始めましたが、5ランクの「楽器の心臓、共鳴胴」の本獲得で再び詰まりました。これはバリ上級3人用の報酬か、釣りで本が釣れるということで、とりあえず釣りで粘ったものの、これもまた何日粘っても気配なし。
ダンジョン報酬は基本ソロかペアで活動しているので物理的要因で不可ですし、そもそもバリ3人の通行証は入手困難です…。仮に両条件がクリアしても、「カルー森の悪夢・再び」の予感がしますし、敵がカルー森と比較にならないほど強いので攻略に時間が掛かりますし(現状バリ上級・無制限でクリアしたものの苦戦)。

カブ港にて。いつの間にやら「鮫ローブ」を着ているのは、よくある光景。
カブ港にて。いつの間にやら「鮫ローブ」を着ているのは、よくある光景。

ここでまた露店で買おうかと思いましたが、販売価格が400万だったのでかなり躊躇しました。
露店で稼いで1000万はあるのですが、せっかく稼いで貯金したのに使うのが勿体ないなあ…と。

ただ、わたしのマビノベルで毎回登場させている程、好きなキャラである交易インプさんが後押しして決断しました。

400万出すべきか約1ヶ月(エリン時間)悩んでいましたが、この一言がたぶん決め手に。
400万出すべきか約1ヶ月(エリン時間)悩んでいましたが、この一言がたぶん決め手に。
タイミング良く350万に下がっていたので購入しました。
タイミング良く350万に下がっていたので購入しました。

そして何とか音楽知識は1ランクとなりました。
ただ、音楽知識や作曲をINT目的だともったいないので、演奏を上げようと思いましたが、音楽知識が高すぎるせいか演奏がボロボロです…。

農場の野菜にも嫌われる始末。(一応「神がかった演奏」判定)
農場の野菜にも嫌われる始末。(一応「神がかった演奏」判定)

地道に、農場の野菜に聴かせたり、演奏バフをしたり、楽器で殴ったり(!)して経験を積んでいます。
楽器は定番のリュートではなく、銀行に長年眠らせていたレアカラー(青)のフルートにしました。安い・丈夫・省スペースと三拍子揃っています。

そういえば、元が近接で、音楽を進めたので「浪漫剣士」という才能タイトルを獲得しました。
なんとなく気に入ったのでこっちに切り替えていますが、もう少し音楽スキルをアップさせて上のタイトルを目指そうかなと思っています。

しかし演奏も農場の野菜やバフだけではもったいないので、普通の音楽の演奏(上げまくった作曲スキルを生かしてMML作成)や合奏もやってみたいなあと。マビ歴10年(ブランク7年)になりつつあるものの、合奏はナマで聴いたことが無いので、どんな出音になるのか分からなかったりします。やっぱりすごいのかな。

今は農場の仲間がギャラリーです。 ピンクビーンはめいぽをプレイしていた当時は居なかったキャラクタですが、へたくそな演奏にも喜んでくれて愛着が沸きました。
今は農場の仲間がギャラリーです。 ピンクビーンはめいぽをプレイしていた当時は居なかったキャラクタですが、へたくそな演奏にも喜んでくれて愛着が沸きました。

あと、音楽知識の他に、自前で銃の弾が作れたらなとマジッククラフトを上げたり…こっちはかなりきついです。スキルやパラメータは色々手を出すと時間がいくらあっても足りないのがマビノギだなあと。パーフェクトヒューマンの道まではかなり遠いです。あ、エルフのアスティーの影が薄くなっているのでそっちも育てないと…。